Dendrodium 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく契約を中断したがっている電力会社

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく契約を中断したがっている電力会社 

再生エネ買い取り制度 普及促進が見直しの大前提だ
2014年10月04日(土)
 四国や九州など5電力会社が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく契約を中断した。国が定める買い取り価格が引き下げられる前に駆け込み契約が相次いだため、供給量が需要を上回って供給不安定になる恐れが高まったとしている。
 経済産業省は急きょ制度改革を打ち出した。が、そもそも4月に閣議決定したエネルギー基本計画は太陽光や風力発電の推進に伴い、広域的運用による調整力の確保や送電網整備、蓄電池活用など安定供給に向けた対策の必要性を挙げていた。早くから指摘された課題に真剣に向き合わなかった国は猛省すべきだ。
 改革は買い取り量の上限設定などが焦点になる。再生可能エネルギーは不安定と強調し、普及促進の理念まで見直すとすれば、原発再稼働に国民の理解を得やすくするためでは、との疑念も生じる。決して理念を見失うことのないようくぎを刺しておきたい。
 電気は需要と供給を常に一致させるのが鉄則。需要の変化を見極めながら出力の微調整を行う。各電力会社は、気象条件に左右される太陽光や風力は出力が安定せず調整が困難とし、需給バランスが崩れれば周波数の変動や停電のリスクが高まると説明する。
 四国電力管内の太陽光と風力を合わせた8月時点の設備量は247万キロワットに達し、電力消費が最も少ない5月の休日の250万キロワットに迫る。供給過剰が目前というわけだ。
 10キロワット未満の家庭用太陽光の買い取りは当面継続するというが、影響が懸念される。膨らみ始めた普及の機運をしぼませてはならない。本当に受け入れられないのか、どうすれば受け入れられるのか、各電力は徹底的に検証し、情報開示に努めてほしい。
 他国の成功例は注目に値しよう。風力発電先進国のスペインでは、発電量の予測システムが高精度で機能し、全電力に占める再生可能エネルギーの比率を飛躍的に高めている。日本でも地域ごとの精緻な気象予測などで発電量を事前に把握できれば、各社のエリアを越えた広域的な調整が見えてくる。そのための送電網増強も欠かせない。
 安定供給に資する蓄電システムも検討しなければなるまい。実績がある揚水発電の効率的運用のほか、性能やコストに優れた大規模蓄電池の研究開発に官民一体で取り組んでもらいたい。
 東京電力福島第1原発事故後、多くの国民が原発に依存しない社会を望む。一方、国は原発維持にこだわり電源構成の比率目標を先送りした。脱原発の道筋とともに、再生可能エネルギー普及のペースが定まってこそ、送電網増強の度合いなど必要な対策が具現化する。時期を明示した数値目標を急がねばならない。


最近再生可能エネルギー買取を渋る電力会社が続出しているそうである。
電力不足だから原発を再稼動したいと、一方では言いながら、
発電された電力を買い取るのは嫌だとは、言っていることが矛盾するではないか。
エコ発電で出来た電力を受け入れる設備が満杯になりそうだからという言いわけもあったようであるが、
原発を再稼動する為だったら防潮堤から、免震塔まで様々な追加工事が必要でも、
そしてそれらの工事をしたからと言って、100%安全になるわけでもないのに、
次々に工事をているらしい。

そして原発の発電は高くつくから、エネルギー自由化の後には、原発だけ価格優遇策をとるよう、経産相に働きかけており、経産相もその積りになっているそうである。
一旦過酷事故が起きたら、国民を地獄の責め苦に合わせるものであるという事が分かったのに、
如何して電力会社も経産省もそんなに原発を続けたがるのだろう?
一日も早く危険な原発を続ける努力を止めて、原発の後始末に移って欲しい。
そして再生可能エネルギー開発に、勢力を集中してほしいものである。

続きを読むに、
先日朝日放送モーニングバード「そもそも総研タマペディア」で取り上げていた内容を、
文字化したものが見つかりましたので、複写しておきます。

原発電気やっぱり高い!電力自由化で売れなくなったら「消費者が差額負担」
2014/9/11 15:20
玉川徹(テレビ朝日ディレクター)の「そもそも総研たまペディア」コーナーが面白かった。知ってないといけないお話だ。政府や原子力ムラは原子力発電は安いから使うと言い続け、だから九州電力の川内原発も再稼働させるとしている。ところが、経済産業省の総合資源エネルギー調査会・原子力小委員会は、「原発は高くつく」という前提で議論が行われていた。

論点は「原発の価格保証」だ。電力自由化の方向は決まったが、そのなかで原子力だけに価格保証を考えるという議論だ。玉川が原子力小委員会の委員で原子力資料情報室共同代表の伴英幸氏に聞いた。

政府・経産省が心配する「このままでは自然淘汰で原発ゼロ」

伴委員は「原子力は電力自由化と合わないですよ。コストが高い。原子力を生き残らせるためには支援が必要だということで支援策の議論をしています」と話す。

でも、原発やるの?


電力の小売りを全面自由化する「改正電気事業法」が6月(2014年)に成立した。これが電力自由化だ。従来はコストに利益を上乗せする総括原価方式で電気料金を決めてきたが、自由化によって市場が決めることになる。ただ、原発だけは特別扱いしようというのだ。

玉川「やっぱり高いということでしょうか」

伴「基本的には高いことが明らかになっています。放っておくと淘汰されるので守ろうということです。『差額決裁契約』といいます。市場の価格との差額を補填しましょうということですね」

玉川「だれが補填するんですか」

伴「第3者機関を作って、消費者から、電気料金から資金を集めるわけです」

玉川「結局、消費者が負担するということですね」

伴「消費者が負担する」

このシステムはイギリスで検討されている価格保証制度の引き写しらしい。原発電力の市場価格が基準価格を下回ると差額を利用者が負担する。原発コストが高くなった時を想定したものだ。

玉川「既存の原発を運転するのは安い。それを補填する必要はないのではないですか」

伴「新しく建てるために必要だということです。新しく建てるのが前提です」

宮田佳代子(ニュースキャスター)「とんでもない。なんでそこまでして守るの?」

松尾貴史(タレント)「電力自由化の意味がなくなってしまいますよ」

アメリカも電力自由化のあとは新規原発を造れなくなった。採算が合わないからだ。イギリスも北海油田が出て20年間造らなかった。それを「造る」ことにした。しかし、高くつくから「価格保証」制度で電力会社をバックアップしようというわけだ。

元経産省官僚の古賀茂明氏はこう解説した。「原発は安いと宣伝していたが、実は高いことを電力会社も経産省も知っています。だから、コストには触れずに『原発は大事だ』という結論から話を始めているんです」「エネルギー安全保障の話でも、高いとなると武器にはならない。『安い』と言い続けるしかないんです」

絵に描いた餅になりかねない「自由化で電気料金下がる」

玉川は経産省に聞いた。畠山陽二郎・原子力政策課長だ。「(イギリスは)ガス・電力の価格が非常に安いこともあって、中長期的に原子力が競争力を持つだろうかというのが主眼で、高いから補助しようというよりも、市場の中での安定を考えている」「少なくとも新設の原発は高いという認識はあるようです」と話だ。

ここでイギリスの価格調整のシステム導入について、玉川が「本音を明らかにしないのは、正直な行政とはいえない」と迫ったが、「具体的な制度を提案しているわけではない」

玉川「でも、(小委で)検討してくださいということは、意図があるわけでしょう」

畠山「議論の参考にはなると思います。テーブルには乗せましたけど、とくに意図はありません」

玉川「では、委員の方が原発コストが高いからというのは曲解ですか」

畠山「理解が正しくないと思いますので、正確に説明をしたい」

玉川「原発の新設が前提という点についてはどうですか」

畠山「必ずしもそうではない。いまは再稼働に集中していて、新増設は想定していないというのが基本ポジションで、新増設を見越した制度ということではない」

玉川「経産省は今後、新設という選択肢はないのですか」

畠山「わかりません。統一的スタンスは現段階では新増設は想定していない。以上でも以下でもない」

玉川「あくまで現段階?」

畠山「はい」

松尾は「現段階と言っておけば、、何が起きてもウソをついたことにならないですからね」

玉川「作るとも作らないともいわない。原発は高いともいわないんです」

赤江珠緒キャスター「でも、原発はやりますという強い意志を感じますよ」

玉川「原発を新設したいのなら、ちゃんと説明しろと...」

司会の羽鳥慎一「はっきりしないことは、はっきりした」

玉川「はっきりしてくれというのがまとめです」

Comments

原発と固定価格買取制度

お久しぶりです。
原発と固定価格買取制度で、面白い資料をみかけましたので、URLを貼っておきます。
エネルギー政策のご参考にどうぞ

英国のFIT-CfDとは何か 長期的な視点からの電力市場改革の一部
http://www.yasuienv.net/UKCfD.htm

EU、英国の原発電力の「固定価格買取制度」を違法でないと認定
http://blog.knak.jp/2014/10/eu-32.html

豊富な化石燃料資源:石油、ガスは枯渇の方向
http://www.jepic.or.jp/data/ele/ele_05.html

諸外国の再生可能エネルギー固定価格買取制度の調査結果
https://www.env.go.jp/earth/report/h24-08/ref02.pdf

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の改善策について
www.keidanren.or.jp/.../081_besshi1.pdf

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の改善策について.
http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/081_besshi1.pdf

あまり最新の資料ではありませんが、固定買取制度を考えるのに、ぜひお読みください。
批判や感情論・思い付きでなく、"政策"として思考できるかもしれませんよ。



ライ麦狼様

コメント有難うございます。
まだお見忘れでなかったとは嬉しい限りです。
もう5年も前の事になるのだな~と思い出されますのが、
私がもうすぐ66歳になると書いたとき、
ライ麦狼さんが「66歳なんて女の花盛りですよ。」と慰めて下さったことです。
あの時は幾ら慰めるにしても慰めすぎと感じたものでしたが、
もうすぐ71歳になろうとしている今思うと、
66歳はまだまだ女の花盛りだったのかもしれない、と懐かしく思い出されているところです。

ところで私の書いたこの記事の、何所を感情論と言っておられるのでしょうか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2132-19e0a27b

原発優先 縮む再生エネ 電力会社、買い取り中断次々

電力会社は原発の再稼動にだけやっきになって、 これらをおろそかにしたこと許されると思っているのでしょうか。 それにしても、原発を邪魔するものは絶対に許さないという原子力村の姿勢、 昔から本当に変わりません。 原発優先 縮む再生エネ 電力会社、買い取り中断次々 2014年10月1日 東京新聞  太陽光を中心とする再生可能エネルギーの新規受け入れを中断する動きが拡大し、太陽光...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。