Dendrodium イスラム国の爆撃を決めたアメリカ、シリア反政府勢力への武器と資金援助も続行

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国の爆撃を決めたアメリカ、シリア反政府勢力への武器と資金援助も続行 

シリア、米国の対テロ問題に対する二重の基準を非難
2014-09-30 10:30:21
 シリアのムアレム外相は29日、アメリカ政府が対テロ問題において二重の基準をとっていることを非難するとともに、関係国にテロ組織への資金援助と支援を停止するよう呼びかけました。

 ムアレム外相は同日、国連の一般討論演説で、「アメリカが二重の基準をとっている。いわゆる『穏健派』のシリア反政府組織に資金や武器、訓練などの支援を提供することは、テロリズムを助長することになる。これはシリア危機を長引かせ、政治的解決の基礎を破壊するものだ」と述べました。

 今年6月に入ってから、「イスラム国」を始めとする反政府武装勢力はイラク北部と西部を占領しました。アメリカ軍の戦闘機は8月8日からイラク国境内の「イスラム国」の目標を空爆し始め、また9月22日夜、空爆範囲をシリア国境内にまで拡大しました。アメリカ議会は先日、陸上における米軍の作戦に協力させるため、シリアの「穏健派」反政府組織への訓練と武器の支援提供を可決しました。(hj 小山)


アメリカは今でもシリアの反政府組織に、資金や武器、訓練まで支援しているのだ!!!
シリア反政府勢力の一部だった者が、現在のイスラム国(ISIL)を作ったという話を聞いているが、
それでも未だ、シリア反政府勢力に援助し続けるなんて、アメリカは何を考えているのだろうと疑いさえ湧いてくる。

シリア反政府勢力に与えた武器や資金は、旧知の間柄であるイスラム国に渡らないと、誰が保障できるだろう。
片方でイスラム国殲滅作戦を取りながら、片方でイスラム国の昔の仲間に、資金と武器の援助をしていたのでは、
シリア政府にしたら、シリア領内を爆撃するのが目的で、
悪(イスラム国)を育てているのではないかという疑いが湧いてくるだろう。

Comments

解りやすい「悪い奴」の出現

普通の米国人は込み入った事態を理解することは不可能です。「絵に描いたような悪い奴(ISIS)」を正義の味方の米国がやっつける事には拍手喝采です。

ロシア、ウクライナの親ロシア派、イラン、シリア政府、皆「絵に描いたような悪い奴」にしたかったのですが、失敗。やっと米国戦争屋に都合が良い悪い奴が出て来たのですからそれは陰で支援もするでしょう。

おまけに地元(各先進国)に帰ってテロをします宣言までしてくれるサービスぶりですから、これから支配層としては大手を振ってテロ対策を口実に99%の不満を持った一般民衆の監視体制を築けるというものです。

rakitarou様

コメント有難うございます。
>おまけに地元(各先進国)に帰ってテロをします宣言までしてくれるサービスぶりですから、これから支配層としては大手を振ってテロ対策を口実に99%の不満を持った一般民衆の監視体制を築けるというものです。

全くですね。
ISIL出血大サービスと言った所ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2129-e3e9bc43

アメリカに迫りくる、イラクとシリアの泥沼

Wayne MADSEN 2014年9月19日|00:01 バラク・オバマ政権が、グローバルな“ナンバー・ワンの公共の敵”としての“アルカイダ”も失墜させた最新の過激派イスラム原理主義の子供だまし用怪物に対するアメリカ国防省の、正式名称「シリアとレバントのイスラム国(ISIL)」と対決する為の信頼できる同盟者を探そうと
  • [2014/10/01 22:49]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。