Dendrodium ウクライナ事件に付いて受けた質問に答えて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ事件に付いて受けた質問に答えて 

ウクライナ情勢沈静化?それとも第一幕が終了しただけ?
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2120.html
に頂いたコメントへのお返事を書いて投稿し様としましたら、
URLが多過ぎという表示が出て、そのままではコメント欄への投稿ができませんでしので、
記事に仕立てる事にしたのですが、
宜しかったらご一読下さい。
他の方が読んで下さっても、ウクライナ問題について色々と思い出して頂けるかも知れません。

ほんの数週間前まで、ウクライナ問題で世界中が大騒ぎだったのが嘘のような、
ISIL ISILの昨今ですが・・・・・
*************
貴方は私のコメントと、空又さんのコメントと混同してはおられませんか?
あの人はむやみに話を広げておられるので、
同意の部分もあれば異議のある部分もありますが、いちいち論じる気になれません。(全部を解明しようとしたら、何日勉強しても私には埒が明きそうにありません。)
という訳で、あの方の言われた事に付いて、私は責任を持ちかねますので、ご了承下さい。

では私への反論と思えるところに付いて私の意見を書きます。
>あくまでも個人の論評でしょう?

ウクライナ問題・米外交問題評議会の論評
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2102.html
米国のベテラン諜報専門家たちから アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2112.html

これらが個人の論評でしょうか?
現在の米政府の一員である人たちです。

>ウクライナ中央議会が許可しない限り、ウクライナには領土は不可分と言う法があるから独立は違法です。

そんな法律があったとは初耳ですね。
又、ハワイや沖縄はクリミアの場合とは条件が違ったとしても、
クリミアの件とコソボの独立とは同じだと思います。
国際司法裁判所は、コソボの件でクリミアから訴えられた時、
20世紀の独立宣言は民族自決の名において国際法と両立するものであって、国際法によって支持もされていると言って、セルビアからの訴えを退けて、コソボの独立を認める判決をしたそうです。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-1938.html

>政府軍・ロシア軍にはレーダー管制で飛行物を識別する能力があります。

ウクライナの管制官がマレーシア航空機を、わざわざ、あの地帯に誘導したそうですよ。
それで乗客として亡くなった人(ドイツ人)の遺族が、ウクライナ政府と大統領を訴えたそうです。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2122.html
その他、あの航空機を撃墜したのはウクライナ軍らしいという情報が、
西洋のネットでは微に入り細を穿って囁かれているので、
アメリカもやったのは、ロシアでも親ロシア派でもないと思ったらしく、
最近マスコミが全然この問題には、触れなくなっているでしょう?
一時はロシアがやったと言って、新聞ラジオが姦しかったものですが・・・・・

尚、ご指摘の件、被疑者がやっていないといえばやっていない事になるのかとのお尋ねに付いてですが、
証拠もないのに、アメリカがロシアがやったと、勝手に言っているだけだと言っているのです。
意見が分かれた時には、どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか?

>義勇軍という民間団体が戦車や対空ミサイルをどうして持っているの?

ウクライナ軍が置いて逃げた武器を押収しているそうです。
自国民を殺戮させられる羽目になったウクライナ軍の兵士には、
この自国民虐殺に忸怩たる思いを持つ者が多く、
身を守るために戦っているドネツクなどの義勇軍に、あっさりと負けて逃げる者が多かったらしいです。

しかし乍貴方は、自国民を大掛かりに爆撃し殺戮するウクライナ政府を、如何してそこまで庇っておられるのですか?
貴方が普通の国民ではないからですか?
こんな暴虐な政府があたり前の政府であるという世界になったら、
日本も恐ろしい事になるかと思いますけど・・・・・

それからISILはアメリカ人を殺したから、アメリカがシリアを空爆しても良いとの論法は、おかしいのではありませんか?

アメリカは9・11で自国民を大勢殺しているけれど、WTCビル爆破犯を逮捕しようとさえしてはいないではありませんか。
(9・11が自作自演であると言うのは、今のヨーロッパ各国の常識になっているらしいですよ。)
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-1b80.html
自国民が殺されたら、その国の上空から爆撃しても良いという論法が通るなら、
WTCビルで死んだ外国人も大勢あったそうですから、
その外国人の祖国の軍はアメリカを空爆しても良いという事になるのでしょうか?

アメリカは世界中で何をしても良いが、他の国はアメリカの許しがないことをしてはいけないと、アメリカは思っているようですが、
変だとは思われませんか?

自国が常時やっているような事柄に付いてでも、
アメリカはロシアを経済制裁せよと、EUや日本政府に強制しています。
安倍政権はプーチン大統領の訪日も、アメリカの許可がないから取りやめにする事にしたそうです。(やっぱり日本は独立国ではなかったようですね。)
安倍総理の計画しておられたロシアの安いエネルギー・天然ガス輸入も、駄目になるのかも知れませんね。

>先に私の見解として、「アメリカは利益の少ないウクライナ問題には関わりたくないのでは?」と書いています。

貴方がそう思われたとしても、事実は違います。
EUがロシアの天然ガスが途絶えたらやっていけないとか、
ウクライナの所為で欧州が戦乱の巷にされるのは敵わないと、
アメリカに反抗する様になったので、
アメリカは仕方なしにウクライナから手を引いたので、
ウクライナ問題を起こした張本人はアメリカだったのですよ。

アメリカのビクトリア・ヌーランド国務次官補によれば、この(オレンジ革命)失敗以来、アメリカ政府は、ウクライナのEU加盟に向けた運動を醸成する為に、ウクライナに50億ドル“投資した”。と言って、
EUがウクライナの抗議行動を外交的な方法で終結させようとした時、怒り心頭に発して、「EUなんか糞食らえ」という悪態を吐いたという有名な話があります。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-1922.html

それから原発の話が出ていましたので、現在のウクライナで原発を動かす危険性を書いた記事をご紹介します。
[太字]ウクライナクーデターで 次々と新たな脅威にさらされている EU [/太字]
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2068.html

尚、ウラニューム燃料も日本は輸入せざるを得ない燃料なので、
原発が国の独立を保つ為に選ぶべき燃料とは思えませんが・・・・・

まだ答え残した事があるかも知れませんが、
長くなりましたので一応このくらいにさせて頂きます。

Comments

和久希世様へ

>貴方は私のコメントと、空又さんのコメントと混同してはおられませんか?

大変失礼しました、その通りです。
心から謝罪いたします。

>これらが個人の論評でしょうか?
現在の米政府の一員である人たちです。

そうですよ公文書じゃありませんね。
特に貴方は米外交問題評議会を公的機関と勘違いしていませんか?
あれは単なる(とはいっても規模は大きいが)シンクタンクですよ。
米国のベテラン諜報専門家たちからの手紙っていうことはすなわち国務省と言う正式チャンネルに乗らなかったという事。
以前にも書きましたが、アメリカはウクライナに関わりたくないのでEUに自制を求めていると考えます。
それを公式に発言するとEU側からも公式にアメリカへの返答が必要となる。
そうなればどちらかのメンツが潰れることになりかねないので非公式に妥協を求めていると考えます。

>>ウクライナ中央議会が許可しない限り、ウクライナには領土は不可分と言う法があるから独立は違法です。
>そんな法律があったとは初耳ですね。

ウクライナの憲法では領土は不可分です。
ですが、憲法自体は中央議会で改憲が出来ます。
ゆえに中央議会が分離可能と言う憲法に改憲すれば独立は可能だという意味です。
ただ投票によって領土の変更自体は出来ない事もありません。
ただし、国民全体の投票が必要なので、一部地域の分離独立など可能性はありません。

>20世紀の独立宣言は民族自決の名において国際法と両立するものであって、国際法によって支持もされていると言って、セルビアからの訴えを退けて、コソボの独立を認める判決をしたそうです。

コソボの件は私の知っていることと少し違いますね。
国際裁判所ではコソボの独立は認められていないと思いますよ。
あれは独立宣言をすることが違法ではないとの判決だったのでは?
コソボは武力で独立したのであって法的に正しいから独立できたわけではありません。
コソボの場合はクリミアとは逆にNATO軍の暴虐だと私は考えます。
ただしEUは自国の領土にコソボを加えなかった分、ロシアよりはるかにマシであると思います。

>ウクライナの管制官がマレーシア航空機を、わざわざ、あの地帯に誘導したそうですよ。
それで乗客として亡くなった人(ドイツ人)の遺族が、ウクライナ政府と大統領を訴えたそうです。

別の航路であったのをわざわざあの地帯に誘導したのでしょうか?
他の航空会社は敬遠しているのにマレーシア航空が従来の航路を変更しなかったとあの時ニュースで言っていたと記憶にありますが?

旅客機の飛ぶような高高度を狙い撃墜できるような武器をテロリストが持っていると誰が思うでしょうか?
だからウクライナ政府は通常に管制しただけでしょう。
ロシアから武器供与を受けたからこそできる芸当です。
そこまでウクライナ政府の責にすることは酷だと思います。

>アメリカもやったのは、ロシアでも親ロシア派でもないと思ったらしく、
最近マスコミが全然この問題には、触れなくなっているでしょう?
一時はロシアがやったと言って、新聞ラジオが姦しかったものですが・・・・・

現場を押さえているのはテロリストです。
もし自分たちがやっていないなら報道陣に大々的に広報するとは思いませんか?
政府軍がやったとしたら目の前に証拠はいくらでもあるんだから・・・
自分たちがやったからこそ証拠を隠しているのでは?
話に進展がなければ報道のしようがありません。
マスコミも触れるものがなければ触れなくなります。

>尚、ご指摘の件、被疑者がやっていないといえばやっていない事になるのかとのお尋ねに付いてですが、
証拠もないのに、アメリカがロシアがやったと、勝手に言っているだけだと言っているのです。
意見が分かれた時には、どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか?

元々の発言はこれです。

「ウクライナの正当な政府の意向に反することを外国であるロシアが行い、武器等を供与することは暴虐ではないのですか? 」

ロシアの車両が「救援物資」との名目で赤十字も使わずウクライナ政府の許可を得ず領土に侵入したことは事実ですね。

これは明確に「ウクライナの正当な政府の意向に反することを外国であるロシアが行い、」に該当します。

>ウクライナ軍が置いて逃げた武器を押収しているそうです。
自国民を殺戮させられる羽目になったウクライナ軍の兵士には、
この自国民虐殺に忸怩たる思いを持つ者が多く、
身を守るために戦っているドネツクなどの義勇軍に、あっさりと負けて逃げる者が多かったらしいです。

現在まで親ロシアテロリスト側に航空戦力は確認されていません。
にも拘らずなぜその鎮圧部隊に高高度を撃墜できるミサイルが必要でしょうか?
そんなもの鎮圧に持ってくるはずはありません。
対空ミサイルが必要なのはテロリスト側のみ、しかも武器商人などから買い入れることは非常に難しい高度(高額)商品です。
この状況でロシア以外から入る状況は極めて少ないと思いますが?
さらに戦車などは買ったからって誰でもすぐ使えるものじゃありませんよ。
現れた戦車の中にはロシア人操縦士がいなければ訓練された敵兵(ウクライナ正規軍)と戦うことなどできないと思いますが?

>しかし乍貴方は、自国民を大掛かりに爆撃し殺戮するウクライナ政府を、如何してそこまで庇っておられるのですか?

貴方は何をもって「大掛かり」と表現するのですか?
さらにウクライナでは「国籍不明機」が反ロシア側地区(ロシア国境から20キロ)を爆撃していますがどうでしょう?
EUが反ロシア地区を爆撃する理由はありませんね。
親ロシアテロリストは航空戦力を持っていない・・・となればお判りですよね。
貴方は、アメリカのシリア爆撃を非難するのに、外国を大掛かりに爆撃し殺戮する国を、如何してそこまで庇っておられるのですか?

>それからISILはアメリカ人を殺したから、アメリカがシリアを空爆しても良いとの論法は、おかしいのではありませんか?

なぜに? 
貴方は自分の家族を殺すと叫びながらナイフを振り上げ男が走ってきても、家族が刺されるまで何もしませんか?
その男が自分の家に逃げ込んだらあきらめて帰りますか?
先に言っておきますが国際社会に警察はいませんよ。

>アメリカは9・11で自国民を大勢殺しているけれど、WTCビル爆破犯を逮捕しようとさえしてはいないではありませんか。
(9・11が自作自演であると言うのは、今のヨーロッパ各国の常識になっているらしいですよ。)

なっていませんよ。(笑)

貴方は
「証拠もないのに、アメリカがロシアがやったと、勝手に言っているだけだと言っているのです。
意見が分かれた時には、どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか?」
と書いています。ご自分も実行してください。

>自国が常時やっているような事柄に付いてでも、
アメリカはロシアを経済制裁せよと、EUや日本政府に強制しています。
安倍政権はプーチン大統領の訪日も、アメリカの許可がないから取りやめにする事にしたそうです。

>貴方がそう思われたとしても、事実は違います。
EUがロシアの天然ガスが途絶えたらやっていけないとか、
ウクライナの所為で欧州が戦乱の巷にされるのは敵わないと、
アメリカに反抗する様になったので、
アメリカは仕方なしにウクライナから手を引いたので、
ウクライナ問題を起こした張本人はアメリカだったのですよ。

再度書きます。貴方は
「証拠もないのに、アメリカがロシアがやったと、勝手に言っているだけだと言っているのです。
意見が分かれた時には、どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか?」
と書いています。ご自分も実行してください。

>それから原発の話が出ていましたので、現在のウクライナで原発を動かす危険性を書いた記事をご紹介します。
[太字]ウクライナクーデターで 次々と新たな脅威にさらされている 

それが事実かどうか疑わしいところですが、事実であるならなお、その危険を冒してまでも原発は必要であるという重要性をお示しくださり大変感謝いたします。

>尚、ウラニューム燃料も日本は輸入せざるを得ない燃料なので、
原発が国の独立を保つ為に選ぶべき燃料とは思えませんが・・・・・

さてウラニウムを1回輸入すればどれくらいの期間持つでしょうか?
ガスをタンカー一杯に満たして輸入すればどれくらいの期間持つでしょうか?
輸入と言うひとことで同列扱いするのは乱暴すぎます。

また私は原子力発電「だけ」でよいとは一言も言っていませんよ。
「バランスの良い」エネルギー政策をとるべきだと主張しています。
原子力がダメな時は火力へ、火力がダメな時は原子力へと柔軟に対応できる体制を構築することが重要で、選択肢が無いことが危険なのです。

ニロケラス様

コメント有難うございます。
ここまで来ると堂々巡りになりますので、この辺にしておきましょう。

当事者でない以上伝聞を信じるしかないのですから、これ以上の議論をしても無駄なように思えます。
お互い自分の聞いた情報が正しいと信じているのですから・・・・・

どちらに信憑性があるかは、読んで下さる方の判断にお任せしましょう。

和久希世様へ

私の主張は基本的には大手報道機関の報道とそこからの状況組み立てによって行っています。
一般人には耳慣れない人物の証言やブログは、できるだけ使わないようにしていますし、報道された事実と自分の(あるいは引用先ライターの)意見・判断は明確に分けて書くように努力しています。
まぁ朝日新聞の例もあり大手報道機関でさえ信用できないと言われればそうですがね。

私は「どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか」に賛成いたします。
貴方への反論もそうしたつもりだったのですが・・・

まぁ議論の打ち切りには賛成いたします。
私も他人と混同してしまい、貴方に失礼でしたし、訳のわからない人物の乱入で気がそがれました。
また今更私の脳内の意見の振り分けができません。
それでは、またいつか。

ニロケラス様

>私の主張は基本的には大手報道機関の報道とそこからの状況組み立てによって行っています。

そうでしょうね。
大手新聞社は信用できないというのが、ネットでは通り相場なのですから、
貴方と意見が合わないのは当然でしょうね。

まあ政府広報を読んで、政府に協力していれば、昔どおりの平和な世の中が維持され、
原発事故も徴兵制度も起きなくて済むのなら、それでも良いかも知れませんが、
今は総てに於いて、危なくなっていますから・・・・・

原発は石油が入らなくなった時、電力維持に役にたったとしても、
そして地震や人為ミスが無かったとしても、
原発にミサイルを打ち込まれたら、電力維持どころか、生活が破壊されてしまいます。

でも、政府は軍備拡張と原発推進と言う、
国土を守る上では、相反する事を平気で推進しています。
その他言い出したら切りがない位、壊国的な政策を、現政府は推進しています。
こんな支離滅裂な政府に危機感を募らせて
蟷螂の斧とばかりにネット情報を頼りに、
ブログを書いている老人が増えているようですよ。
自分達世代はもう良いけれど、若い人たちがどうなるかというのが、老人にとって一番気がかりな事なのです。

こんな老人の議論の相手になってくださって、有難うございました。
それでは御機嫌よう。

あなたは日本人かと問われたことのある「訳の分からない」人物より

>私の主張は基本的には大手報道機関の報道とそこからの状況組み立てによって行っています_

 現在恥知らずのマスゴミ等から,恥知らずの朝日新聞が攻撃を受けていますが,TVを含めて欧州の,あるいは日本のほとんどのマスゴミがだめなので,あなたの報道は一面的であり,特に「報道されていない」ことを無視していますので,説得力に欠けるということを指摘しておきます。
 (英語ができるお仲間や上司がいらっしゃると思いますので,wsws.orgなどをお読みになることをお勧め致します)

 例えば,
>さらに戦車などは買ったからって誰でもすぐ使えるものじゃありませんよ。
現れた戦車の中にはロシア人操縦士がいなければ訓練された敵兵(ウクライナ正規軍)と戦うことなどできないと思いますが?_
 
 「ロシア人操縦士」とは新聞に書いてあったのかどうか読んでいませんので知りませんが,
ロシア,アメリカ,フランスなどの国からの義勇兵士が来ています。これは「ロシアの声」や『マスコミに載らない海外記事』等に書いてあります。

 また,ロシア軍兵士とロシア人操縦士とは区別されるべきでしょう。

 ウクライナ国には,徴兵制があり東でも西でも戦車を操縦したことのある一般国民がいるのでは?
 それでもあなたは学校で習ったこと以外は,できないと仰るのですか。「応用」という言葉はないのですか。
 ゆとり教育で育った方は「ゆとり」がありますね。私など,学校で習ったことで「さえ」できないこともたくさんあるのに。


>>上司の命令でおそらく「ボカ(暈か)して書け」と指示されているのでお気の毒ですが,ボカして書くと,内容が曖昧になり,説得力がなくなるどころか,却ってその真意を疑われます。

付記; 最近テロリストにもいいテロリストとそうでない,悪いテロリストがいるそうですよ。政権転覆国家米国の言うことを聞くテロ国家やテロリストは「いいテロリスト国家であり,いいテロリスト」であるそうな。言語学者の言語学者N.チョムスキ-氏が言っていますよ。
 ヨミウリ・サンケイ以外に『デモクラシ-・ナウ』を見た方がいいですね。見たことあります??
 しかしところでウクライナ分離派はテロリスなのですか。もしそうだとすれば「いい」テロリストなのですか,それとも「悪い」テロリストなのですか???(失禁)(最近テロリス呼ばわりしない新聞記事を目にし始めましたが)。

>>頭を混乱させてご免なさい。小生もあなたの定義不明な言葉で混乱しそうですが,元々混乱しているので,元に戻りそうです。 
 でもあなたには,工作員のお仲間や上司や電親会社が付いているので大丈夫でしょう。
 ところでテロ集団国家米国の副大統領売電氏の長男がウクライナの某会社(天然ガス関係の会社?)の顧問になったそうですよ。
 売電副大統領もJ.マケイン上院議員もCIA長官も,ヌーランドもキエフを訪問していますが何のためなのですか(別に訪問しても他国や他人が口出すことではありませんが)????つまり大新聞にそういうことは書いてありますか。


>>あなたに期待。今度は(日本の)大手情報機関に頼らない文章を書いてください。○痴メディアとさよならしてください。もちろん別れた異性と撚りを戻すこともあり余すが。 
 

訳のわからない人物より

ネット工作員様及びそのお仲間様

>>田中宇の国際ニュース解説や櫻井ジャーナル等のブログも参考になります。

 余計な親切,大きなお世話かも知れませんが,お知らせ申し上げます。

とりあえず
訳のわからない人物より

喩え話について

>なぜに? 
貴方は自分の家族を殺すと叫びながらナイフを振り上げ男が走ってきても、家族が刺されるまで何もしませんか?
その男が自分の家に逃げ込んだらあきらめて帰りますか?
先に言っておきますが国際社会に警察はいませんよ_

これも警備会社同様,よく分からない喩え話です。沖縄の少女が米兵にレイプされたのに,日本はなぜ米国を攻撃しないのですか。むかしは真珠湾などを攻撃したのに。

 この件はイスラエルやロシアやNATO軍が暴虐だと言うこととは間接的に関係ありませんが,あなた両親あるいは御親戚によほど喩え話が好きな方がいてあなたに聞かせたのでしょう。
 しかし喩え話がピント外れだと,問題を複雑にしてしまう恐れが高いのですが,あなたの場合は「複雑にしてしまう」のです。

 「複雑怪奇」という言葉ありますが,原爆を落とされた国が原爆を落とした国と価値観を同じにするという意味がよく分からない「複雑怪奇」もあります。しかし戦前の「平沼内閣」や戦後の経済同友会名誉幹事品川正治氏も使っていることは御存知だと思いますが,ISILにテロ集団国の米国人が殺されたからと言って空爆をするのはいかがなものでしょうか(この件はイスラエル人少年3人が殺されたからパレスチナの赤ん坊を殺してもイイという理屈と同じです)。

 しかも通告はしたが,シリアの了解は得られていないとラブロフ外務大臣が言っています。おそらく,他国を攻撃しても善いという先制攻撃,第一攻撃の正当化を考えているのでしょう。複雑怪奇ではありませんか。

見苦しく追加で申し上げます。

貴方がたは大手報道機関を根拠にするという事に否定的なようですが、貴方がたが根拠にするソースは、大手報道機関より「当てにならない」ので使わないだけなんですよ。

上で名前が出てきた田中宇なんか、2010年の韓国軍艦「天安」沈没事件を、原潜コロンビアとの同士討ちだと騒ぎ立てましたが、その原潜は沖縄にいたことが判明し大恥かいて黙っちゃた人じゃないですか?

アメリカや日本政府の陰謀論を唱える評論家って総じて、
①大げさな形容詞が大好き
②陰謀と「断定的に」言い放つ。
③「日(米)政府が隠している」といい証拠を示さない。
④自説に反する証拠が出てきても無視
⑤証拠によって説が否定されれば、謝罪もなく沈黙
  って態度でしょう。自分の言に責任を持たない評論家を私は信じません。

またそんな評論家や無名の報道機関・団体のコメントを使う人って、
①そこから事実(とされるもの)を引用するのではなく、発信者の「意見」を「事実」として認識する。
②その人の言を引用することにより、自分は心ゆくまで政府等に罵声を浴びせながらも、責任を発信者に帰して自己の安全を図る。
③虚実の確かでない異端の意見を「誰も知らない真実」と錯覚して、「巨大な権力を批判する俺様カッコイイー」ってマスターベーションに浸っている。
  ってところですかね。

私は
「証拠もないのに、アメリカがロシアがやったと、勝手に言っているだけだと言っているのです。
意見が分かれた時には、どちらが本当であるかは、証拠(状況証拠も含む)を調べるしかないのではありませんか?」
と批判されましたので、状況証拠を組み立てて自説の正当性を示しましたよね?
そして反論もありませんでしたよね。

で、同じことを求めても回答はありませんでしたよね。
つまりそれは元の発信者の「意見」を受け売りしているだけでは?
だから私は自分の手法として
「報道された事実と自分の(あるいは引用先ライターの)意見・判断は明確に分けて書くように努力しています。」と書いているのです。そうしないものへの批判も込めてね。

もし貴方がたが徹底的にやりたいのならやってあげますよ。
ただし、それは私だけが徹底的に答えるということを意味しません。
貴方がたにも徹底的に答えてもらいます。
政府やアメリカを批判するのを好んで行う人間は自分が批判される事になれず、されると批判を
①無視する
②別の話題にすり替える
③批判者の個人批判にすり替える
という手法を使います。
①②なんかは空又氏なんかはそのいい例ですよね。

どうします。やりますか?

ニロケラス様

新聞が信用ならないのは、時々嘘を書くこともあるかも知れませんが、それよりスポンサーの方針にしたがって、情報を隠蔽したり、誤誘導したりすることです。

田中宇さんのブログも良く参考にさせていただいていますが、
ご提示の記事に付いて私が引用記事を書いていましたか?

朝日新聞のように大勢のスタッフが居ても、ガセネタを掴まされることがあるくらいですから、たった一人で書いておられる田中さんの記事に、時に間違いがあったとしても、仕方ないのではありませんか?
田中さんのその記事が間違いだったのかどうか、私には判定出来ませんが・・・・・

そして読売・産経etcの記事に一切間違いがないかどうかの検証をしたわけではありませんが・・・・・

それに私は田中さんの記事だけを参考にしているわけではありません。
色んな人の主張を参考にさせて頂いて、現在の考え方になって来たのです。
誰か一人の言い分を、全面的に信用して・・・・などというのではありませんので、お含み置き下さい。

さて次のお申し越しの件
>同じことを求めても回答はありませんでしたよね。

申し訳ありませんが、この件に関して詳しい内容を忘れてしまっていますので、次のコメントで改めて詰問内容なり、質問内容なりを詳しくご提示いただけたらと存じます。

貴方とは以前に、様々なことを論じましたが、
ニュースソースが違うから、意見が違っても仕方ないでしょうという事で意見が合ったと思い、この件を私の心から放逐してしまっていますし、過去のコメント欄を探し回るよりも、
ここは一番、初めからの討論とした方が、すっきりすると思いますので、次に項を改めますので、そちらの方に一からコメントを記入していただけたらと存じます。

尚、空又さんと私は意気投合しているわけではありませんので、念のため申し添えます。

と言うより私は私で、他の人と完全に意見が一致する事はないだろうと思います。
人にはそれぞれ信念のようなものがあり、それが個性でもあるのですから・・・・

君は君、我は我なり、されど仲良く(武者小路実篤)
ではありませんが、
意見が違っても同じ人間同士、愛し合っていきたいと思って、このブログを書いています。

馬鹿ウヨなどという言葉を使うのも、日本人としてそんな馬鹿なことをするのは、お止めなさいと言いたいからで、彼等を憎んでいるからではありません。
私にとっては彼らも同じ日本人であるし、将来の日本を支えて行って欲しいと願っているからです。

という事で続きは次の記事にしてくださいますようお願いします。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2124-0dd6f826

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。