Dendrodium ウクライナ情勢沈静化?それとも第一幕が終了しただけ?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ情勢沈静化?それとも第一幕が終了しただけ? 

今度こそウクライナ騒動は収まるのかな?と思わせられる記事が二つあった。
田中宇さんの「安定に向かいそうなウクライナ」と、
芳ちゃんのブログの「ウクライナ停戦プロトコールを分析する」である。

田中さんのブログによると、
 9月16日、ウクライナ議会が、EUとの経済関係を強化する連合協定を批准したが、
昨年秋ウクライナのヤヌコビッチ政権がEUと、この経済協定を結ぼうとした時に入っていたFTAが外されているという。

これはアメリカの企む東西冷戦構造を阻止したいEUと、
ウクライナとEUにFTAを結ばせないで済めば良しとするロシアとが、
アメリカが口出しする前にと互いに譲歩して、
EUとウクライナの経済関係を大急ぎで纏めたものであった。
  
しかし、ウクライナの反露的(米国傀儡的)な極右政権のヤツェニュク首相は、この和解に反対し、
欧露間の謀略(解決策)を壊してしまいたがっているそうである。
それ処か、
親露派を皆殺しにしようと東部におもむいて内戦を戦ってきた極右の民兵とその上司たち(政界の極右政治家)は、このポロシェンコの和解策に激怒している。ロシアに譲歩した上でのEUとの協定締結に対する不満と合わせて、ポロシェンコを非難する抗議集会が首都キエフで発生している。そうである。

ウクライナは10月に議会選挙を行うことを決定している。
極右のヤツェニュク首相は、極右の再起を狙って新政党を立ち上げて選挙に臨む構えだが、支持拡大は難しい。
選挙で勝ちそうなのはポロシェンコ自身の政党だ。
ウクライナはポロシェンコのもとで、政権から極右を排除して内戦を終わらせる安定化に向かっている。

という事で、ウクライナ騒動は何とか収束するだろうとの見通しのようである。

芳ちゃんのブログ「ウクライナ停戦合意プロトコールを分析する」に、
ウクライナ情勢を詳しく書いているハヤブサ・ブログ(The Vineyard of The Saker)の記事を翻訳しておられる。

ハヤブサ・ブログによると9月5日ウクラナはNAF (ノヴォロシア軍=義勇軍とも言う)と停戦協定を結んだ。
ウクライナは初めロシアと停戦協定を結ぼうとしていたが、
ロシアは頑としてこれを拒否したので、
仕方なくNAF (ノヴォロシア軍=義勇軍とも言う)と停戦協定(プロトコール)を結んだという経緯がある。

ロシアが協定の相手になるのを頑として拒否したのは何故かというと、
それはNAF (ノヴォロシア軍=義勇軍とも言う)が協定の相手になるという事で、
NAF (ノヴォロシア軍=義勇軍とも言う)が正式の立場を得ることが出来るようにと、ロシアが謀ったのであろう。
(停戦という非常に重要な案件についてNAFと交渉をし、彼らと合意を取り交わすことによって、NAFが単なる「テロリスト」という存在ではなく、紛争の当事者であり、暫定政権は彼らと交渉をしなければならないという事実を、ウクライナ暫定政権は強制的に認識させられたのである。 )

ロシアは本プロトコールの署名国であり、、米国やEUは本プロトコールの署名国ではないから、
米国とEUはこれらの交渉からは完全に切り離されたままにされている。
反対にロシアは、ウクライナとNAF (ノヴォロシア軍=義勇軍とも言う)の停戦協定の保証人なった事によって、
停戦協定が守られているかどうかについて口出しする権利を得た事になる。

ウクライナ暫定政権の現状は惨憺たるものの様である。
   (一部引用)
暫定政権は軍事的大勝利を手にする代わりに決定的な敗北を喫した。NATOは暫定政権を助けることを拒んだ。公に認められるような武器の提供を通じて、少なくとも、形だけでもNATOによる支援を得ようとするキエフ暫定政権による必死の試みがあったにもかかわらず、この要求は拒否された。米国やEUは追加的な経済支援を与えることにも失敗した。最近のEUやNATOサミットでは勇ましい話があったものの、NATOとEUは暫定政権を切り捨てた。その一方で、ロシアの天然ガスやドンバスの石炭を入手することができず、ウクライナの経済は自由落下の様相を呈しており、生産は急速に衰え、通貨価値が下落し、外貨保有高は垂れ流しのままだ。
    (中略)
過去数週間から学んだ重要な教訓としては、もはやNAFを撃退することはできないということであり、今やロシアが関与しており、米国やEUは意味のある形では何の関与もしてはいない。敗戦を喫し、経済危機に直面する暫定政権は単独でNAFとロシアに向き合っている。ウクライナでは何かを頼りにすることは賢明ではないが、この紛争のバランスは今や決定的に変わってしまった。この状況をさらに変える目途は見えては来ない。あくまでも私見ではあるが、これは英国における評価でもある。当地における雰囲気はある種の屈辱感と失敗したという認識だ。


しかしウクライナ暫定政権の中はまだまだ収まってはいないし、
アメリカもこの儘現状を認めるかどうかも分からないので、
ウクライナ情勢はこれからどう動くかは予測不能のようであるが、
今のところは小康状態を得ている様である。

アメリカが今ISISとの戦いに力を入れているのも、
ウクライナについてはもう嫌気がさしているからかもしれない。
EUもアメリカの言いなりになっていたら、ヨーロッパも只では済まされなくなる現状に、
ウクライナ危機回避に本気で取り組み初めたのかもしれない。

ハヤブサ・ブログが書いた記事「アレクサンダー・メルクーリスによる停戦プロトコールの分析」に、
本プロトコールが実際には何を言っているのかについてはもはや問題ではない。ということで、本プロトコールは早晩忘れられてしまうだろうと私は思う。紛争をめぐる出来事がさらに展開するにつれて、本プロトコールはどこかの誰も訪れることもないような書庫で埃を被っていることになるだろう。
と書いたところがあるので、このプロトコールの内容自体はそれ程意味がないのかも知れないが、
ウクライナ暫定政権がNAFを当事者と認めたこと及び、
ロシアをウクライナ暫定政権とNAFの停戦合意プロトコールの当事者にした事は、
今後も大きな意味を持つだろうと思われる。

これからはアメリカもEUもウクライナ情勢にロシアが意見を言っても、
ロシアが混乱に乗じて国土を拡張しようとしているとの悪口は言えなくなってしまうだろうから、
この件に関しては欧米社会でも、幾らかまともな外交が期待出来るのではないだろうか?

Comments

和解に向かう

パレスチナ以上の犠牲者を出した挙句、やっと停戦にこぎつけたが、色々あったが今回『停戦できた』意味は大きいでしょう。
今までは軍事解決一本やりで突っ走っていたキエフ政権の方針転換と言うか、ウクライナ軍の敗北の結果ですが、軍事解決が無理だと悟ったのです。
そもそも、相手を皆殺しにしないと、この問題では『軍事解決』は、紛争をいっそう悪化させることはあっても、問題が解決された例が一つも無いのです。
一時的に勝っても、紛争は100年単位であり決して解決しない。
不満でも双方による妥協とか譲歩、交渉による解決しか無いのです。

宗純様

コメント有難うございます。
最近ニュースにウクライナの事が殆ど出なくなっているのは、アメリカがウクライナの事を今度こそ本当に諦めたからかも知れませんね。(まだまだ油断できないかも知れませんが・・・・・)

然しながら反発する地方を黙らせる為にだったら、国民を住居ごと爆撃してでも、鎮圧すると言うのですから、ウクライナ暫定政権は恐るべき政権ですね。
そんなウクライナの政権を擁護するのですから、アメリカの民主主義も地に落ちている事が世界に知れ渡ってしまいましたね。

ロシアがウクライナに対し、暴虐的行動に出られるのも、欧州諸国が決定的制裁に出られないのも、それらの国々がロシアの天然ガスに大きく依存しているからです。
2005年のウクライナ向けガスの値段は1,000立方メートルあたり46.5ドルでした。
ところが2014年6月1日から485.50ドルへ値上げするものとしている。
貴方は電気代が10倍になってもよいでしょうか?
このショックを和らげるためにはどうすればいいのでしょう?
自国の主権を放棄し、他国(ロシア)に自国の政策を委ねるべきでしょうか?
それが嫌なら、エネルギー源の多様化でリスクを分散しなけらばなりません。

そのウクライナの政策が「原子力発電の推進」です。

旧ソ連で大規模な原発事故がありました、チェルノブイリです。
そのチェルノブイリは現在のウクライナの国土にあります。
にも拘らず、ウクライナが原発推進政策を進めるところは日本も見習うべきでしょう。

ニロケラス様

コメント有難うございます。
>ロシアがウクライナに対し、暴虐的行動に出られるのも

ロシアがウクライナに暴虐行動をとったとおっしゃるのですか?

アメリカのプロパガンダだけ見ていたらその様に見えるのですね。

アメリカ人でも真相を書いている人も大勢有るようですが、
悪事を実行する側のプロパガンダだけを見ていたら、騙されても仕方ないのでしょうね。

和久希世様へ

では問います。
今回の衝突はどこで起こっていますか?
ウクライナ国内ですよね。
ウクライナの主権はウクライナ国民にあります。
そのウクライナの正当な政府の意向に反することを外国であるロシアが行い、武器等を供与することは暴虐ではないのですか?

また遡ってウクライナの領土であったクリミアは現在どうなっていますか?
ロシアに編入されましたよね。
ウクライナには一地方の投票によって国(ウクライナ)から分離できるという法律はありませんよ。
通常の国なら内乱罪や国家反逆罪で処罰される案件です。
だがロシア軍のクリミア進駐によって妨げられましたよね。
一国の領土をその国の法を無視してまで自国に編入することは暴虐ではないのですか?

反米プロパガンダに浸された貴方には暴虐には見えないのですね。

Dewa dewa toi masu.ネット工作員様

十の質問:
1 正当な選挙で選ばれたウクライナの大統領をヤヌコビッチ追い出した政権は,正統な政権なのですか。
2 議員にナイフや鎖を突き付けて登院を阻んだネオナチスが支配する議会は,正当な政権・議会なのですか。
3.MH370機はどこに失踪したのですか。もしインド洋だとすると,インド洋の主権は中国人にあるのですか。
4.MH17機はウクライナ東で撃墜されました。すると,主権はオランダ人にあるのですか。
5.NATOは北大西洋条約機構と訳されていますが,黒海や地中海は大西洋なのですか。カスピ海はどうですか。
6.クリミア人の発案でクリミアの住人の90%以上が独立に賛成したのに,国際社会が認めないのはなぜですか。
7.ウクライナには一地方の投票によって国(ウクライナ)から分離「できない」という法律はありませんよ。 あるのですか。
8.日本国憲法に沖縄の独立ができないという条項はありませんよ。結社の自由はありますから,独立は沖縄に限らず,どの地方でも独立できるのでは。
 ところで武家諸法度には,徳川幕府を攻撃してもイイという法度があったのですか。
9.通常の国って,どこですか。またその定義は何ですか。米国はテロ集団国家であり,世界中の会話を盗聴するNSAを抱える国家であり,政権転覆を屁とも思わない悪逆非道の国家ですが,ロシアも普通の国でないとすると,中国当たりが普通の国ですか。それとも米国のイヌ,ヌイ(R.P.ドーア論大学名誉教授)である日本ですか。
10.パリ不戦条約あるいはジュネ-ヴ条約を無視して米軍は沖縄の一部を不法占拠していますよ。これは「暴虐」ではありませんか。

 以上,宜しく御教示くだされば,幸いです。

 

RIGHT ANSWER

1 正当な選挙で選ばれたウクライナの大統領をヤヌコビッチ追い出した政権は,正統な政権なのですか。

そうですよ。ウクライナの事はウクライナの国民が決めること。
ウクライナの国民が不正選挙を行ったヤヌコビッチを追い出したのです。
他国があれこれ言う必要はありません。

2 議員にナイフや鎖を突き付けて登院を阻んだネオナチスが支配する議会は,正当な政権・議会なのですか。

1と同じ理由で問題はありません。
それよりもネオナチスとレッテル貼りする貴方の品性を疑います。

3.MH370機はどこに失踪したのですか。もしインド洋だとすると,インド洋の主権は中国人にあるのですか。

ロシアが暴虐であることと何の関係もありません。

4.MH17機はウクライナ東で撃墜されました。すると,主権はオランダ人にあるのですか。

この話にオランダの主権は何も関係はありません。
むしろ同機はウクライナの国境を政府に無断で越境したロシア軍から武器供与されたウクライナテロリストの犯行であるとの疑いが濃いですね。
もしそうでないとしても、事故後の現場に入るのを妨げているのロシア軍をバックにしたテロリストですね。
これはロシアがウクライナの主権を侵害しているという事です。


5.NATOは北大西洋条約機構と訳されていますが,黒海や地中海は大西洋なのですか。カスピ海はどうですか。

ロシアが暴虐であることと何の関係もありません。

6.クリミア人の発案でクリミアの住人の90%以上が独立に賛成したのに,国際社会が認めないのはなぜですか。

それでは、新大久保で韓国人が「ここ(新大久保)は韓国の土地に編入する。」と言ったら国際社会が納得するでしょうか?
クリミアを含むウクライナ全体で国民投票をすることに議会が決定して、その結果分離派が勝利すればともかく、そうでないなら住民の戯言ですよ。本来ならね。
そこへ外国勢力であるロシアが武力介入することが問題なのです。
しかも結局分離ー独立ではなくロシア領土にしたことは暴虐以外の何物でもありません。

7.ウクライナには一地方の投票によって国(ウクライナ)から分離「できない」という法律はありませんよ。 あるのですか。

ありますよ。知らないんですか?

ウクライナ憲法第1章第2条
「ウクライナの主権はウクライナの領土全てに及ぶ。ウクライナは中央集権国家である。現在の国境を含むウクライナの領土は不可分にして不可侵である。」

たとえ投票によっても領土は「不可分」なんですよ。

8.日本国憲法に沖縄の独立ができないという条項はありませんよ。結社の自由はありますから,独立は沖縄に限らず,どの地方でも独立できるのでは。

ロシアが暴虐であることと何の関係もありませんが答えましょう。

平和裏にやれるものならやればいいでしょう。
ただし外国の力を背景にせず、「自力」でやってくださいね。
また、ウクライナのように暴力的手段で訴えるのなら刑法77条「内乱罪」が適用されますので。

それと平和裏な手段と言うのは、単なる一地方の投票を意味しませんよ。
もし沖縄が独立したいというのなら、まず「国会」で分離するかどうかを決める方法を決定しなければなりません。
そこで沖縄県民だけの投票でよいと決められ、さらにその投票で勝利した時のみ独立できるのですよ。
がんばってくださいね。笑

9.通常の国って,どこですか。またその定義は何ですか。米国はテロ集団国家であり,世界中の会話を盗聴するNSAを抱える国家であり,政権転覆を屁とも思わない悪逆非道の国家ですが,ロシアも普通の国でないとすると,中国当たりが普通の国ですか。それとも米国のイヌ,ヌイ(R.P.ドーア論大学名誉教授)である日本ですか。

はいレッテル貼りがまた始まりました。
しかしそれよりも深刻なのは貴方の文章読解力の貧しさです。
私が書いたのは普通の国なら内乱罪や国家反逆罪等の法律があり処罰できるが、ロシア軍がバックにいる為に法の行使が出来ないと書いているのです。
イギリスでは政府がスコットランド独立を投票で決めてよいと許可したから投票までできました・
ロシアだろうと中国だろうと武力で分離独立しようとすれば逮捕されます。
されない国があればそれこそが異常な国なのです。

一応答えましたが、これもロシアが暴虐であることと何の関係もありません。

10.パリ不戦条約あるいはジュネ-ヴ条約を無視して米軍は沖縄の一部を不法占拠していますよ。これは「暴虐」ではありませんか。

はてその2つの条約のどこに違反しているのでしょう?
具体的に明記願います。

ちなみに不戦条約は国際連合憲章第2条により失効しています。
ジュネ-ヴ条約は「戦時法」であり、戦時ではない現在には適用されないはずですが?

また沖縄と言う日本領土には日本の主権が適用されます。
米軍は沖縄に主権を持つ日本政府との合意(日米安保)により駐留しており、不法占拠しているわけではありません。

一応答えましたが、これもロシアが暴虐であることと何の関係もありません。

で私の問いに関しては何の答えもありませんが、同意していただいたということでよろしいでしょうか?

お答え有り難うございました。順不同ですが,

お答え有り難うございました。
 昨日は,疲れがたまっておりまして失礼しました。
 なおまた,あなたのようにパソコンとにらめっこの毎日ではありませんので,1日や2日の空白をお許しください。
 さて,順不同となりますが,お答えに対してまた質問させて頂きます。
 
>米軍は沖縄に主権を持つ日本政府との合意(日米安保)により駐留しており、不法占拠しているわけではありません_

 「不法占拠しているわけではありません」とありますが,間借り(借地)しているのですか。
 普通の国なら借地料を払うのが当然でしょう。政権転覆専門の米国は「普通の国」なのでしょうか。
 個人でも団体でも他人の土地を借りていれば借地料を払うのが当たり前ですが,ただで貸してくれるという奇特な御仁もいらっしゃるので例外を認めない訳ではありませんが,貸してやった上で,さらに「思いやり予算」として3000億円ぐらいほど借地人に差し上げているというのは,普通の個人,普通の団体,普通の国のすることでしょうか。ゆえに「普通の国」の定義をお尋ねしたのです。品性のない私の質問にはお答えになっていないようですが。

 序でにお尋ねしますが,敗戦国の仲間であるドイツは米軍に払っているのでしょうか。
 ところでちなみに,日本の米軍基地内の電気料金と日本人一般家庭の電気料金は同じ料金なのでしょうか。

10>戦時

 米国はISISと戦闘状態にあると思いますが,現在は戦時ですね。すると解釈改憲によって日本は米軍を支援できますね。しかるに日本も戦時状態にあるといえませんか。

ニロケラス様

>ウクライナの正当な政府の意向に反することを外国であるロシアが行い、武器等を供与することは暴虐ではないのですか?

もし本当にそんな事をしていたら、暴虐と言えるでしょうね。
でもロシアはそんな事をしていないと言っているし、
そう言ってロシアを非難しているアメリカも、証拠を示しているわけではありません。

処で今朝の新聞(京都新聞)一面のど真ん中に
「米、シリアで初空爆」とありました。

ISILが暴虐だからと言って、遠くはなれた国であるアメリカが、如何してシリア政府の許可も得ないで、シリアを空爆する事が許されるのでしょうね。

アメリカが暴虐なISILを制裁する為だと言って、これを正当化するのだったら、
ロシアが残虐なウクライナ政府軍によって、家を爆撃されているウクライナ住民を、助けた事を非難するのはおかしいのではありませんか?
しかもロシア政府は義勇軍がウクライナ抵抗勢力を助けに行くのを許しただけで、
武器等の供給、ましてや空爆等行ってはいませんのに・・・・・

クリミアは住民投票によってロシア帰属を選んだのです。
それを暴虐だというのなら、ハワイを合衆国に帰属させたことも、暴虐だという事になりはしませんか?
そうそう、沖縄を日本に帰属させたことも・・・・・

どちらの国にも、外国に吸収合併されても良いという法律はなかったと思いますが・・・・

尚先のコメントで
アメリカ人でも真相を書いている人も大勢有ると書きましたが、
それを引用した記事のURLを載せておきます。

ウクライナ問題・米外交問題評議会の論評
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2102.html

米国のベテラン諜報専門家たちから アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2112.html


普天間基地は戦時中に造られた?

10> 旧日本帝国と連合軍との交戦中(戦時)に普天間基地が造られたました。基地使用において断絶がないとすれば,ジュネーブ協定違反が,枯れ葉剤や劣化ウラン弾の放射性破片が残っているとすれば,不戦条約違反が続いていると考えていいと思いませんか。
 (何条かは思い出せませんが)

 ところで北朝鮮と日本はまだ戦時状態ではありませんか。ロシアや米国あるいはイスラエルが「暴虐」であるという話とは関係ありませんが。

訂正:品性が疑わしい私 → 品性が疑われている私
 

日本は「普通の国?」

9>私が書いたのは普通の国なら内乱罪や国家反逆罪等の法律があり処罰できるが、ロシア軍がバックにいる為に法の行使が出来ないと書いているのです_

 昔,機動隊や警察,公安に護られながら(バックに)試験を受けたことがありました。幸か不幸か,不合格でしたが,少女が強姦されても犯人を処罰できないという国は,「普通の国」ですか。
 日米地位協定というバック(そのバックには日米安保(そのバックには旧日本軍の判断の誤り,敗戦というバック(そのバックには連合軍の日本占領))))のために,多くの犯罪米兵は起訴されないか,軽微な刑で済んでいます。
 駐留米兵犯罪のこのような積み重ねの上にある日本は「普通の国」なのでしょうか。

訂正:
ヌイ(R.P.ドーア論大学名誉教授) → ヌイ(R.P.ドーア倫敦大学名誉教授)

英領米国はまだ存在?

 自由と民主主義に溢れた米国はすでに見る影もありませんが,英領米国が茶会事件以後,主権がある英国に対して独立戦争を起こしました。
 独立戦争をおこした英領米国民はテロリストであり,反逆罪に当たる国民なのですか。また英領米国の独立を認めたのは,英国民の大半の意志(選挙)なのですか。
 
 ところでポロシェンコ大統領はウクライナ東の義勇軍を「テロリスト」と呼びましたが,ミンスク辺りで,停戦合意がなされたとのこと。「テロリストとは交渉しない」とする欧米列強からみれば,ポロシェンコは西側の一員でありませんが,彼のキエフにはNATOの情報担当の米国の少将がいると言われています。
 米国がバックにいると言うことの証拠の1つですが,ウクライナ国民の総意によりCIAや少将の暗躍を認めたのですか。
 (ヌ-ランドの米国が暴虐であるという話と関係しますが)

テロ集団国家米国は,彼女からテロ国家と指定されているイランと撚りを戻した?

 アフガニスタンでも米軍や,NATO軍はまだ戦時状態にあるようですので,解釈改憲で海外派兵できるようになった日本軍と日本国は戦闘状態に入った訳ですが,これは英国やイスラエルやロシアそして米国が暴虐だという話とは別としても,ペリ-来日以来,どこでもドラえもんのポケットではありませんが,どこでも,いつでも戦争をしてきた政権転覆国家米国と日本が同盟国であるとすれば,イランとも撚りを戻す必要がありますね。経済制裁をどんどん止めるべきですね。

 しかし暴虐米国があのイランと手を結んでISIS(ISIL)退治にでかけるとは,不思議でなりません。テロリストやテロ国家とは交渉しないはずだったのでは。
 どう思われます?もちろんノース中佐のイランコントラ事件もありますから,例外はあるかも知れません。

 

和久希世 様

> 「不法占拠しているわけではありません」とありますが,間借り(借地)しているのですか。
 普通の国なら借地料を払うのが当然でしょう。政権転覆専門の米国は「普通の国」なのでしょうか。

9月10日に大阪市の橋下市長が労組との裁判で敗訴したのを覚えていますか?
労組は市庁舎内の事務室を無料で使用していましたがそれが裁判所から認められましたよ。
貴方はこの裁判結果に不服がありますか?
当事者間の合意があれば無料でも構いません。

>貸してやった上で,さらに「思いやり予算」として3000億円ぐらいほど借地人に差し上げているというのは,普通の個人,普通の団体,普通の国のすることでしょうか。

警備業って仕事知っていますか?
依頼人を守ることで金銭を得る仕事です。
銀行や研究所等、夜間も常駐して保安にあたる契約をしているところなら、休憩所や仮眠室等は雇った側が報酬とは別に用意するのが常識ですが?
貴方は社会に出たことがない人ですか?

>ゆえに「普通の国」の定義をお尋ねしたのです。品性のない私の質問にはお答えになっていないようですが。

あれだけ書いてもわからないなら、こう書きましょう。

「ほとんどすべての国が、国を分裂しようとすれば罪に問われる。」

昨日(23日)も中国ウイグルで、現状改善などについて発言ただけで、ある経済学者が国家分裂罪に問われ無期懲役になりました。

>序でにお尋ねしますが,敗戦国の仲間であるドイツは米軍に払っているのでしょうか。

払っていないでしょうね、その代わりにドイツ(NATO軍)は法的には米軍と一緒に戦いますよ。
日本も集団自衛権の枠を超えて中東やアフガンで戦わせたいのですか?
とんだ好戦主義者ですね。

>ところでちなみに,日本の米軍基地内の電気料金と日本人一般家庭の電気料金は同じ料金なのでしょうか。

知りません。
しかし米軍基地の電気料金は日本政府の思いやり予算から出ているのでこれのみ取り出して議論する必要性が見当たりません。

>もし本当にそんな事をしていたら、暴虐と言えるでしょうね。
でもロシアはそんな事をしていないと言っているし、

なるほど被疑者がしていないと言えば、やっていないことになるわけですか?
貴方も甘いですねぇ。
テロリストは高高度の飛行物体を打ち落とせるミサイルを誇示していたじゃないですか?
あんなものそこいらの武器商人が簡単に売ってくれるものじゃないですよ。
実際に政府軍戦闘機も落としていたじゃないですか?
あの地域で高高度飛行物体を撃墜できる能力を持つのは、政府軍、テロリスト、ロシア軍の3者しかいません。
そして、政府軍・ロシア軍にはレーダー管制で飛行物を識別する能力があります。
じゃ民間機を落としたのは、識別する能力のないテロリストってことになる訳でしょ。

>米国はISISと戦闘状態にあると思いますが,現在は戦時ですね。

戦闘と戦争っているのは違うんですよ。
比喩的に「テロとの戦争」って言われることもありますし、アメリカが他国の主権を無視するためにテロリストとと戦争っていうこともありますが、基本的には「国同士が当事者」とならなければ戦争じゃありません。

>すると解釈改憲によって日本は米軍を支援できますね。しかるに日本も戦時状態にあるといえませんか。

支援出来ませんよ、集団的自衛権の範囲をあれだけ政府から説明受けていても理解していないんですか?

さらに戦時状態であるとしても米国は同盟する側です。
交戦国(?)ISISが沖縄に基地を作ったならともかく、同盟国が作っても何の問題もありません。

>そう言ってロシアを非難しているアメリカも、証拠を示しているわけではありません。

アメリカにとってウクライナはさほど重要な場所ではありません。
本来なら関わりたくないが、同盟であるECの要求が強いので不承不承付き合っていると私は考えています。
だから決定的証拠を突きつけてロシアを孤立や暴発させるのを望んでいない可能性があります。

また大韓航空機撃墜事件の時、自衛隊は無線傍受で決定的な証拠を握っていましたが、当初は出しませんでした。
出せば、傍受スキルレベルが相手に知られてしまいますし、相手側が通信体系を変えてしまうとまた何年・何十年もかけて再構築しなければならないからです。

物事は貴方の考えるように単純にはいかないものです。

ああ今まで私は黙認していましたが、貴方が私の発言にいちいち証拠や定義を求めるのなら私もそうします。
まず、
「ウクライナの反露的(米国傀儡的)な極右政権のヤツェニュク首相」
「親露派を皆殺しにしようと東部におもむいて内戦を戦ってきた極右の民兵」
「議員にナイフや鎖を突き付けて登院を阻んだネオナチスが支配する議会」
「米国はテロ集団国家」
について証拠の提示を求めます。

>ISILが暴虐だからと言って、遠くはなれた国であるアメリカが、如何してシリア政府の許可も得ないで、シリアを空爆する事が許されるのでしょうね。

イスラム国は無実のアメリカ市民を殺害しました。
アメリカのみならず世界の国々は自国民の安全の為に尽くす義務があります。
現代ではパスポートに所持者の安全を訪問国に依頼するという意を書いてありますが、昔は外国にいる自国民の安全を守る為に軍隊を駐留させることはあたりまえでした。
イスラム国によって自国民の安全が脅かされ、シリア等が自国の領土内の外国人の安全を保障できないのならアメリカに勝手に空爆されても仕方がありません。
無実のアメリカ人の殺害と言うシリアの法を破ったイスラム国が罰せられないのなら、アメリカはシリアの法に従う義理はありません。

それと空爆したのはアメリカだけではありませんよ。
同じイスラムであるヨルダン、バーレーン、サウジアラビア、カタール、UAEも参加していることをお忘れなく。

>アメリカが暴虐なISILを制裁する為だと言って、これを正当化するのだったら、
ロシアが残虐なウクライナ政府軍によって、家を爆撃されているウクライナ住民を、助けた事を非難するのはおかしいのではありませんか?

仮に政府軍によって家を爆撃されたとしてもそれはウクライナ人同士の戦いでしょう?
ロシア国籍の人間が殺害されましたか?

>しかもロシア政府は義勇軍がウクライナ抵抗勢力を助けに行くのを許しただけで、
武器等の供給、ましてや空爆等行ってはいませんのに・・・・・

なに言っているの?
義勇軍という民間団体が戦車や対空ミサイルをどうして持っているの?

フライングタイガースってご存知ですか?
大東亜戦争時にアメリカの中国への義勇軍です。
彼らは元軍の飛行隊の現役バリバリのパイロットであり、名目的に除隊はしていますが、戦後には原隊へ同地位か昇官して「戻ることが保証」されています。
さらに航空機や弾薬燃料などはアメリカ政府の援助で中国は無料でサービスを受けています。
つまりアメリカ政府の金で、アメリカの飛行機を使い、アメリカの軍人が日本人と交戦しているわけですが、正規軍とどう違いますか?

>クリミアは住民投票によってロシア帰属を選んだのです。

領土不可分と憲法に書いてあることは既に書いてあるでしょう?
ロシア人になりたいのなら、領土を捨ててロシアに移民するのならだれも文句は言いませんよ。
領土の分割と言う「憲法違反」が問題なのです。

>それを暴虐だというのなら、ハワイを合衆国に帰属させたことも、暴虐だという事になりはしませんか?

ハワイ併合も暴虐ですねぇ、
別に私はアメリカ絶対主義者ではありませんので、「そんな時代でしたよねぇ、それがどうかしましたか。」って感じですね。
徳川家康は選挙で政権を担ったわけではありませんが、貴方は江戸幕府を違法政権と思いますか?
そんな時代だったってだけです。

ただしハワイは帰化した白人系ハワイ人の投票によって全島的に決まりました。
ウクライナ全土でロシア民族がウクライナ民族よりも多くなって投票で決まったならともかく、ロシア民族の多い所だけ切り取ることはウクライナ憲法が許していませんよ。
「ウクライナは中央集権国家である。」と憲法にも明記してあったでしょう?
地方に独立する権限はありません。

>そうそう、沖縄を日本に帰属させたことも・・・・・
どちらの国にも、外国に吸収合併されても良いという法律はなかったと思いますが・・・・

日本にはあくびをしてもよいと言う法律はありませんが、あくびはしてはいけませんか?
ウクライナ中央議会が許可しない限り、ウクライナには領土は不可分と言う法があるから独立は違法です。
(憲法は絶対ではない、中央議会には改憲する権限がある。)
ハワイは中央議会で合併賛成派が多数を占めたので合併された。
琉球国は王政であり主権は王にあります。
王個人が合併を認めればそれでOKです。理解できましたか?

>アメリカ人でも真相を書いている人も大勢有ると書きましたが、
それを引用した記事のURLを載せておきます。
ウクライナ問題・米外交問題評議会の論評

あくまでも個人の論評でしょう?
ロシアの陰謀を唱える論評を唱える人はそれよりも多いはずですよ。
自分の都合のいい意見だからって「真相」と思いたがるのは迂闊ですねぇ。

>米国のベテラン諜報専門家たちから アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡

先に私の見解として、「アメリカは利益の少ないウクライナ問題には関わりたくないのでは?」と書いています。
だからEU諸国にも自制を求めた手紙としては納得できますが?

10> 旧日本帝国と連合軍との交戦中(戦時)に普天間基地が造られたました。基地使用において断絶がないとすれば,ジュネーブ協定違反が,枯れ葉剤や劣化ウラン弾の放射性破片が残っているとすれば,不戦条約違反が続いていると考えていいと思いませんか。
 (何条かは思い出せませんが)

使用の断絶がないことと協定とは何の関係もありません。
使用目的が対日戦から、日米安保に変っただけです。
戦争が終わるたびに全ての基地を別の場所に変えなければ戦争が継続してるってお考えですか?

また枯れ葉剤や劣化ウラン弾の放射性破片は対日戦では使用されていません。
仮に残っていたとしても対日戦時とは全く関係ありませんし、残っているというのならその「証拠」を出してください。

>ところで北朝鮮と日本はまだ戦時状態ではありませんか。

日本と北朝鮮は戦争をしていません。歴史の勉強をしてください。

最後に、
貴方は私のロシアが暴虐であるとの主張に対して多くの場合、「他(アメリカ)もしている。」と言う理屈で対抗しようとしているようにみえますが、よく戦前の日本の海外進出を批判する輩が「他がやっているからって自分がやっても構わないという事はない」と主張するのをどう思いますか?

また私のこのエントリでの主張は
エネルギーを火力発電(天然ガス)に頼りすぎると国の主権を脅かせれることがある。
チェルノブイリを経験した当事者でさえも原子力発電を推進している。
日本も火力発電のみに頼ることなく「原子力発電」を含めたバランスの良いエネルギー政策をとるべきだとの主張でしたが、貴方からは何の反論もないので同意していただけたことと思います。
ご賛同ありがとうございました。

当事者のすべてはそう思っていませんよ。

  同意なしに自分の土地を巻き上げられれば,戦時中であれ,戦前,戦後であれ,自国民をも自殺させた沖縄戦いが続いていると考えても他国や他人が抗議できないはずです。あなたは抗議する方ですか。

 休戦協定は終戦意味しません。また,北朝鮮のなかにはまだ日本と交戦状態と考えている人もいます。

 チェルノブイリの当事者って,誰ですか。当事者全員が「原発ゲンパツ」を推進しているのですか。
 力の真空に外敵が入るという考えのようですが,戦後フィンランドに外敵は入りましたか。
 
 バロファ宣言でイスラエルがパレスチナの土地に国家を建設することが認められたようですが,当該パレスチナ人は賛成したのですか。ヤヌコビッチを追い出したように。

 ウクライナ人が法律にないことを大統領を追い出せるなら,沖縄だって三沢だって法律に名事が出来るのでは。

 こちらにも仕事があるので一度に応えられないのですが,「普通の国」の定義を教えてください。
 
 >「ほとんどすべての国が、国を分裂しようとすれば罪に問われる」_

 憲法99条であったかよく覚えていませんが,「公務員や大臣は日本国憲法を擁護する義務を負う」と書いてありますが,なぜシンチャンは靖国参拝を止めたのですか。逆に,

  解釈改憲は罪に問われないのですか。

 「ほとんどすべての国が,他国を統合しようとすれば,罪に問われない」のですか。これが「異常な国」の定義ですか。それとも「普通の国」の定義ですか。

>支援出来ませんよ、集団的自衛権の範囲をあれだけ政府から説明受けていても理解していないんですか?

さらに戦時状態であるとしても米国は同盟する側です。
交戦国(?)ISISが沖縄に基地を作ったならともかく、同盟国が作っても何の問題もありません_

 集団的自衛権というのは,憲法に書いてありませんので,一般庶民として,義務教育を受けた者の一人として理解できません。
 それよりも日本国憲法を尊重される方なら,憲法に書いてある言葉で語ってください。
 最近名古屋の方でNHKを訴えた方がいました。「カタカナ」の乱用が過ぎると。
 カタカナは外来語が多いですから,敵性語学習を禁止された高齢の方には理解するのは容易ではありません。一部の○痴メディアの方や,学者やネット工作員が理解するだけでよいのでしょうか。
 つまり日本語が大切なら,なるべく多くの方に分かる言葉を使いましょう。

 ところで日韓平和条約は朴政権の狂犬軍事力(バック)によって一般市民の反対は弾圧されたのでは。それでも合法だとあなたは主張されるでしょうが,ウクライナの人々がヤヌコビッチを追い出したことは合法だったのですか。

 ところで辺野古の海は大変なことになっていますが,海保こそが暴力を振るっているのではないですか。これは沖縄独立以前の話で,国家暴力が平和を愛する諸国民の一部である日本人を暴力で排除していいのですか。むしろ沖縄人が国から独立しようとしているのではなく,国家が沖縄人を暴力で縛っているのでは。
 また海保暴力は合法なのですか。

>使用目的が対日戦から、日米安保に変っただけです_

 何かお答えがずれているような気がするのは私だけでしょうか。
 対日戦中にフテンマの基地を造ったのはジュネーブ条約違反だと申し上げ,質問しているのですが。


>警備業って仕事知っていますか?_

 米軍は警備業と同じだというのですか。
 警備員が危険なとき,警備されている方は警備している方を護るのですか。片務的なのですか,双務的なのですか。
 粗雑な比較だろうと思います。

 沖縄少女レイプ米兵の話はどうなったのでしょうか。
 ドイツの警備にはドイツ政府は金を払っているのですか。
 
>>お答えなしと考えて善いのでしょうか。

ニロケラス様

返コメを書いたところ、
URLが多すぎて送信できませんとなって終いましたので、記事に仕立てました。
どうぞご了承下さい。
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-2124.html

空又 覚造 様へ

>同意なしに自分の土地を巻き上げられれば,戦時中であれ,戦前,戦後であれ,自国民をも自殺させた沖縄戦いが続いていると考えても他国や他人が抗議できないはずです。あなたは抗議する方ですか。

恐れ入りますが私には意味不明です。
私のどの発言をどう理解して、君がどういう主張をしているのかもう一度整理して書き直してください。

>休戦協定は終戦意味しません。また,北朝鮮のなかにはまだ日本と交戦状態と考えている人もいます。

休戦どころか宣戦布告もされていませんが?

>集団的自衛権というのは,憲法に書いてありませんので,一般庶民として,義務教育を受けた者の一人として理解できません。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/01/right-of-collective-self-defense_n_5546885.html

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/anzenhoshouhousei.html(特に自衛の措置としての武力の行使の新三要件の欄)

をお読みください。万が一それで理解できないというのなら君は他人と議論できるレベルの人間ではありません。

>それよりも日本国憲法を尊重される方なら,憲法に書いてある言葉で語ってください。

駄々をこねないでください。

>チェルノブイリの当事者って,誰ですか。当事者全員が「原発ゲンパツ」を推進しているのですか。
  
全員一致でなければダメなんですか?
貴方は議会制民主主義を否定するのですね。
そしてそれを日本の意思決定の最高機関と定めた日本国憲法を否定するのですね。

>力の真空に外敵が入るという考えのようですが,戦後フィンランドに外敵は入りましたか。

戦後のフィンランドは力の真空じゃありませんよ。
ソ連によって蹂躙された東欧諸国とは違ってナチスの手を借りてでも主権を守り通したため、比較的自由でしたがソ連の影響下であったことは間違いありません。

>ところで日韓平和条約は朴政権の狂犬軍事力(バック)によって一般市民の反対は弾圧されたのでは。それでも合法だとあなたは主張されるでしょうが,

日韓条約の際に大規模な弾圧があったとは初耳です。
ぜひその詳細を記してください。

>ウクライナの人々がヤヌコビッチを追い出したことは合法だったのですか。

合法かどうかがなんて私は問題にしていないが?
君は私の文章をよく読んでいないのかな?
ウクライナ人同士だけでなら、何も問題はない。
外国勢力が介入し同国の主権侵害するから問題視しているのだ。
ロシアはシリアを空爆したアメリカのように無法にロシア市民を殺害されたのか?
違うだろう?
イスラム国は今後も欧米人を殺害すると宣言しているが、ウクライナはロシア人の殺害予告をしているか?
していないだろう?

>また海保暴力は合法なのですか。

これ以上ないほどに合法だろう?
立ち入り禁止区内に意図的に侵入するものを排除するのは海の警察官たる海上保安庁の正当な任務でしょう?
しかも最初はブイ等で自戒を求めていたのに平然と破り作業船に乗り込もうとするなどの危険な行為をする輩に対して実力行使するのは当然だ。
それを暴力というのなら規則を守りなさい。
力ずくで妨害するのをやめなさい。


>何かお答えがずれているような気がするのは私だけでしょうか。
 対日戦中にフテンマの基地を造ったのはジュネーブ条約違反だと申し上げ,質問しているのですが。

対日戦中にフテンマの基地を造ったのことがジュネーブ条約違反のどの条文に違反しているのでしょうか?
私は最初から「具体的に明記願います。 」と書いているのを無視されていますが?

>粗雑な比較だろうと思います。

そうですか、では米軍の沖縄基地を「間借り(借地)」と表現するのも粗雑ですね。
以降、米軍間借り論はやめてくださいね。

>沖縄少女レイプ米兵の話はどうなったのでしょうか。

それが私の主張に対してどう関係するのですか?

>ドイツの警備にはドイツ政府は金を払っているのですか。
 
その問いには既に答えていますよ。よくお読みなさい。

最後に警告しておきます。
私は私の主張したことについては責任して答えるが、沖縄の米軍基地など全く関係のないことに対して律儀に答える義務はない。
私は「こどもそうだんしつ」の室長ではないことを覚えておきなさい。
君が何かを主張したいのなら他人への質問という形ではなくその話題のエントリで正々堂々と行いなさい。

駄々をこねないでください。 Same to you.

工作員の皆さんの動員で新たに知識と文法を組み立てたようですね。Soshite kondo wa kyuryo no sukoshi takai kosaku in sama no ode mashi desu ka.

>駄々をこねないでください。
 国民投票法で18歳以上の日本国民が投票できるようですが,18歳とは高校3年生ぐらいです。
 あなたは何歳ですか。高校卒業までに日本国憲法に関する教育は十分だったと思いますか。日本の世界に冠たる普通教育を何と心得ていらっしゃるのかしら。
 「ゆとり教育」で育った皆さん。ネットに張り付いて頑張るのはイイですが,中3で憲法を習いますが,どれだけの学習量があるかのかご存知ですか。
 モンサント社がヴイェ・ナムで使った枯れ葉剤の供給会社であることはご存知しょうが,枯れ葉剤が沖縄の米軍基地から空輸されたことをご存知ですか。つまり,沖縄にはプルトニウムも劣化ウラン弾も枯れ葉剤も存在しなかったと言うことを,中高生が証明する能力がおありとお考えですか。
 「ない」というのであれば,ネット工作員皆さんの力を結集して,沖縄には枯れ葉剤も劣化ウラン弾もなかったと言うことを証明してください。 

 シ-ムレスなどという言葉を中高生が理解できないとは思いませんが,テストに出ないと卒業できないほど「身近に」感じているとお思いなのでしょうか。
 もし「シ-ムレス」や「解釈改憲」という言葉が理解できるくらいなら,「前項の目的を達成するため」という文言をも理解できるはずです。工作員の皆さんは理解しているのですか。

 しかしそれにつけてもおやつはモンデ-ル氏(カ-ル)ではありませんが,海兵隊の日本残留を望んだのは,米国ではなく,日本政府側だと言うではありませんか。そんないきさつの歴史まで中高生の全員に教育することなど不可能だと思いませんか。それとも可能だとお考えですか。
 もしそういう教育があり,卒業証書をもらえる程度にその歴史を理解して上で「国民投票」するのであれば,工作員皆さんの言う「駄々」を受け入れましょう。
 但(ただ)し,原発(ゲンパツ)からの放射能「ダダ漏れ」は頂けません。これは英国やロシアや,テロ集団=政権転覆国家米国やパレスティナ人大虐殺のイスラエルそしてウクライナ人大虐殺(オデッサ,ウクライナ東)のウクライナ米国傀儡国そして旅順大虐殺の日本帝国の『暴虐』行為とは何の関係もありません。
 
 最後にくり返しますが,「普通の国」の定義を一度教えてください。国民に大事なことを少ししか教えず,「国民投票」を実施する国のことですか。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2120-4bc577b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。