Dendrodium 英スコットランドの独立を問う住民投票に盛り上がる沖縄独立運動

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英スコットランドの独立を問う住民投票に盛り上がる沖縄独立運動 

スコットランド独立に色めき立つ沖縄の独立活動家 学者や有識者らと意見交換も
2014.09.16
英スコットランドで18日に行われる独立を問う住民投票は、世界中の独立運動を活気づける可能性がある。それは日本とも無縁ではない。沖縄を日本から独立させる「琉球独立論」を唱えるグループは、スコットランドの独立派に学び、琉球独立に向けた世論を盛り上げようとしている。

英ガーディアン紙によると、沖縄で独立を訴える「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーらが15日から訪英。スコットランドで独立派や学者、有権者らと意見交換する。沖縄の地元紙「琉球新報」の記者も同行する模様だ。

『琉球独立論』の著者で同学会の設立メンバーである、龍谷大学の松島泰勝教授は日本を発つ際、自身のフェイスブックへの投稿で、「琉球の独立を展望し、スコットランドと琉球を結ぶ様々なネットワークを短い間ですが作りたいです」と意気込みを見せている。

沖縄の独立派がスコットランドに注目する背景には、スコットランドと沖縄の安全保障上の共通点もある。

スコットランドの独立をめぐっては、独立後もイギリスの通貨ポンドを継続して使用できるか否かに注目が集まっている。だがもっとも重要なものは、イギリスの核戦力の配備をめぐる問題だ。イギリスの核戦力は核兵器を搭載した潜水艦のみだが、それらはすべて、スコットランドのグラスゴー郊外にある基地を母港としている。

もし、スコットランドの独立国家として、「核兵器撤廃」を掲げる新しい政府が誕生した場合、イギリスの核戦略は大きなダメージを受けることになる。それは、沖縄独立派の目指す“ゴール"とも重なる。沖縄の独立運動家は、日本からの独立を達成し、米軍を含めたすべての軍事基地を沖縄から撤去することを目指しているからだ。

スコットランド独立運動が沖縄に与える影響について、外交評論家の佐藤優氏は、12日付中日新聞のコラムで次のように述べている。「沖縄ではスコットランドの住民投票に対する関心が強い。(中略)スコットランド情勢が今後、沖縄に無視できない影響を与えることで、日本からの遠心力は一層強まると思う」

スコットランド独立運動に感化されて、今後、沖縄独立論が強まるようになれば、日本の国防はさらに危うくなる。チベットやウイグル自治区を抱える中国だけでなく、日本にとっても動向を注視すべき大きな問題と言える。(呉)


今日18日英国スコットランドの独立を問う住民投票が行われる。
イギリスは日本より遅くれて18日になるとは言え、今から24時間以内には結果が判明するのだろう。
この投票結果を待ち望んでいる人々が世界中にあるらしい。
日本でも沖縄県から、「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーらが15日から訪英し、
スコットランドで独立派や学者、有権者らと意見交換する予定とのことである。

沖縄独立を唱える人がある事は、以前から噂には聞いていたが、
それをアメリカも日本政府も許す筈がないから、
実現する事は難しいだろうと私は何となく思っていたが、
スコットランドがイギリスからの独立を果たすようなことになったら、
日本からの独立を達成し、米軍を含めたすべての軍事基地を沖縄から撤去することを、目指している沖縄の独立運動家達は勢いづく事だろう。

将来沖縄の独立運動が活性化して来たとき、
中国を誹謗中傷している日本政府及びアメリカはどう対応するのだろう?
安倍政権が夥しい沖縄の米軍基地を放棄する事を受け入れ、沖縄の独立を素直に認めるだろうか?
アメリカが安倍政権の決定に怒ることなく従ってくれるだろうか?
現在の安倍シンパは、中国からの独立を求めて運動しているチベットやウイグル自治区を弾圧する中国を、悪者にして粋がっているけれど・・・・・

Comments

沖縄を経済特区に(もう遅いかも)

スコットランドの独立はなくなったようで、10月にグラスゴーを訪れる予定だった私としては安心したような少し残念なような気持ちです。

沖縄は実質米国の植民地状態であり、「核抜き本土並み」などと言いながらやはり本土に比べてハンディが多すぎると思います。沖縄も何度が訪れましたが、やはり特殊な地域だと思います。今までアジアのハブとして反映するように税制などで経済特区化しようという案が出ては官僚達に潰され、現状維持を強いられてしまいます。

日本の意思で基地を縮小できないならば(基地の現状維持を望んでいるのは日本という説もありますが)せめて経済的に本土よりも栄えるような特別処置をするべきだし、それは日本全体の繁栄にも資するのではないかと感じてきました。でなければ江戸時代のように半分薩摩、半分清の方が沖縄の住民にとっては幸福だったという話にもなってしまいます。

これは夢想ですが、米軍が本当は原発が嫌いならば、沖縄にも北部の米軍基地が密集している地域に原発を作ったら米軍が嫌がって出て行くかもしれないなどと思いますがどうでしょう。沖縄電力だけが日本で原発を持っていないのが現状(かといって電気代それほど高くない)ですが。

rakitarou様

コメント有難うございます。
>(基地の現状維持を望んでいるのは日本という説もありますが)

最近この噂がしきりに出ていますね。
ハーバード大学のナイ教授が、沖縄は日本に返すべきだと言っておられるのだとか・・・・・

しかし、日本の官僚は戦後70年近く、
天皇の代わりにアメリカを主君として仕えてきた関係上、アメリカに帰られてしまったら、右往左往するしかなくなってしまうのだとか。

政治というのは複雑怪奇ですね。

沖縄の人にしたら、お金より自然が欲しいのではないでしょうか?
今やドルも円も、余り信用できなくなって来ていますから、
永遠に魚が取れる海を残してもらう方が、絶対に有利と思うのは当然の事かと思えます。

沖縄は原発建設から免れているから、
放射能汚染のない自然の恵みが、ふんだんにあるでしょうし・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2117-a359135b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。