Dendrodium 米国のベテラン諜報専門家たちから アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国のベテラン諜報専門家たちから アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡  

地球座 グローガー理恵さんの記事
「米国のベテラン諜報専門家達が、メルケル独首相に公開書簡を提出: 「ロシアの侵入に関する情報」について警告」2014年 9月 12日 に、
アメリカの元諜報専門家達がメルケル・ドイツ首相に当てた公開書簡を翻訳して載せておられる。

アメリカの元諜報専門家の中にも、
アメリカ政府が嘘の情報を操って、世界的危機を醸成しようとしている現状を憂慮し、
何とか危機を打開しようと苦心しておられる方が大勢おられる様である。

その公開書簡を和訳をここに転載させていただく。


Consortiumnews.comから: ロシアの侵略に関する情報についてメルケル首相に警告

(日本語訳:グローガー理恵)

反ロシア・ヒステリーがワシントン当局で荒れ狂っていること、ーそして新しい冷戦の幻影ーに危機感を覚えた米国のベテラン諜報専門家たちが、8月30日、メルケル独首相に公開書簡を送るという、異例の手段を講じた。書簡は、ロシアの「侵入」を主張する、ウクライナおよびアメリカのメディアの信憑性に対して疑問を投げかけている。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -

2014年8月30日

アンゲラ・メルケル首相に宛てた公開書簡

書簡作成者:ベテラン・インテリジェンス・プロフェッシオナルズ・フォー・サニティー 【Veteran Intelligence Professionals for Sanity (VIPS)】

ウクライナとNATO について



我々、下記署名しました者は、米国諜報機関に任務した長年のベテランです。我々は、9月4日から5日までに開かれるNATOサミットに先立ち、閣下に、我々の見解について知っていただく機会を持つことを確実にするために、この公開文書を提出するという、異例の手段を講じました。



例えば、閣下が知る必要のあることは、ロシアの大規模なウクライナ「侵略」に対する告発は、確実な情報によって支えられていないようであるということであります。むしろ、この「情報」は、12年前に米国が先導したイラク攻撃を正当化するために用いられた情報と、同じ類の、疑わしい、政治的に「工作された」情報のように思われるのです。



あの時、我々は、イラクに大量殺戮兵器が存在するという確かな証拠を見出すことはありませんでした。; 今、我々は、ロシアの侵入を示す確実な証拠を見出していません。12年前、ゲアハルト・シュレーダー前首相は、イラクの大量殺戮兵器(WMD)の証拠の浅薄さに注意を払い、ドイツがイラク攻撃に参加することを拒否しました。我々は、閣下が、ロシアのウクライナ侵略を主張している米国務省およびNATO関係者らの告発に対して、然るべく疑いを持つべきであると考えます。



8月 29日、オバマ大統領は、「ウクライナにおける最近の動きは、ここ何ヶ月間もの間、ウクライナで起こってきたことの継続であり……これは、真の状況変化とは言えない」と公に評して、上位外交官やコーポレート・メディアの誇張を静めようとしました。



しかし、オバマが持つ、彼の政権内での政策立案者達に対する統制力は弱々しいものであり、ー彼は、残念なことに、歴史的認識に欠けており、戦争に関する知識も乏しく、反ロシア攻撃を政策の代わりに用いています。



1年前には、タカ派の国務省官庁職員達と彼らのメディアの仲間たちが、(いくらよく見ても)疑わしい「情報」を根拠にして、危うくも、オバマ氏に大規模なシリア攻撃を開始させるところでした。



我々が「上辺だけの尤もらしい偽情報」と見なすものが益々目立ってきていること、そして、一見、そのような偽情報に依存しているようなことが主な誘因となって、過去数日間にわたり、交戦がウクライナの国境を越えエスカレートしていく可能性が著しく高まったものと、我々は考えています。もっと重要なのは、閣下や他のヨーロッパのリーダー達が、来週のNATOサミットに、どれだけの度合いで思慮分別のある懐疑的態度を持ち込んでいくかによって、このようなエスカレーションの可能性を避けることができるというのが、我々の見解です。



不真実との体験



我々は、閣下のアドバイザー達が、NATOのアナス・フォー・ラスムセン事務総長の信憑性に関する彼の前歴には一貫性が欠けていることについて、貴女に忠告してくれたであろうということを願っています。我々は、ラスムセンのスピーチ原稿は、ワシントンによって書き続けられているのであろうと考えています。このことは、米国が先導したイラク侵入の前日に、当時デンマーク首相だったラスムセンがデンマーク議会に向かって、「イラクは大量殺戮兵器を保有している。これは、我々が単に信じているだけのことではない。我々が知っていることなのだ。」と告げたときに、非常に明らかになりました。



写真は一千語に匹敵し得ます。; また、欺くことも可能です。我々には、各種の衛星画像やその他の写真はもちろん、他の類の情報も含めて、それらを収集し、分析し、報告をした、かなりの経験があります。8月28日に、NATOによって公開された衛星画像は、ロシアのウクライナ侵入を告発する根拠としては、非常に弱々しく浅薄である、と申し上げれば充分でしょう。悲しいことに、これらの衛星画像は、2003年2月5日に、コリン・パウエルによって国連で提示された、同じように、何も証明することがなかった画像と非常によく似ているのです。



その同じ日に(2003年2月5日に)、我々はブッシュ大統領に、「以前の我々の同僚であるアナリスト達が、情報が政治化されていることに、ますます苦しんでいます」と、警告しました。そして、きっぱりと彼に、「パウエルのプレゼンテーションは、戦争を正当化することに厳しく詰め寄ってはいません」と、告げました。そして、ブッシュ氏に、「議論の規模を広げることです……..我々には納得できる理由が見つからず、我々の見解では、意図せざる破滅的な結果をもたらすことになるであろうという戦争を遂行することを、明らかに決心している、アドバイザーのサークルを超えて、議論を拡大して下さい」と、強く勧告しました。



今日のイラクの状況をよく考えてみて下さい。破滅的というよりも、もっと酷い状況にあります。

これまでのところ、ウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナでの戦闘について、かなり差し控えた態度をとってきましたが、我々は、ロシアも、「打撃/衝撃を与え威圧する」ことができるのだということを、念頭に置いておく必要があります。もし、ウクライナのために、結果として、ヨーロッパにおいて、このような事態(ロシアが衝撃を与え威圧する事態)が生じる可能性が、ほんの僅かでもあるのなら、分別あるリーダ達は、このことについて慎重に考え抜くことが必要であると思います。



NATOと米国が公開した写真が、彼らの手中にある、ロシアの侵入を証する上での最善の「証拠」だというのであれば、ロシア側が確実に挑発的であると見なすような行動を、NATOサミットで承認させるために、論拠を固める主要努力が進行中なのではないかという、我々の疑惑が深まってまいります。「買主の危険負担 (cáveat émptor)」という表現を、おそらく閣下もご存知のことでしょう。ラスムセン氏、またはジョーン・ケリー国務長官でさえもが売り歩き宣伝していることには、大いに用心深くすべきである、と付け加えておけば充分でしょう。



我々は、閣下のアドバイザー達が貴女に、2014年の始めから、ウクライナの危機に関してや、如何にクレムリンが、ウクライナのNATO加盟の可能性に対して畏怖嫌悪感を懐いているのかということについての情報を提供してくれているものと、信じています。2008年2月1日、モスクワのアメリカ大使館からコンドリーザ・ライス国務長官に送られた公電によりますと(WikiLeaksが発表した情報)、ロシア駐在のウイリアム・バーンズ米国大使がセルゲイ・ラブロフ外務大臣に呼ばれ、ラブロフ外務大臣に、ロシアはウクライナのNATO加盟に猛烈と反対するスタンスであることを明らかにされました。



ラブロフは、「この問題は、おそらく、ウクライナを二分裂させ、暴力や、または、ある者たちが主張するところによれば、内乱をもたらす可能性があり、そうなると、ロシアが介入すべきか否かの決断を強いられるような窮地に追いやられる恐れがある」と、鋭く警告しました。バーンズ大使は、彼のワシントンに宛てた公電に『「ニェット**」は「ニェット」を意味する: ロシアのNATO拡大に対するレッドライン』と、変わった題をつけ、即時優先として、それを送りました。その2ヶ月後、ブカレストでのNATOサミットにおいて、NATOリーダーたちは、「グルジアとウクライナがNATOに加盟することになる」との正式宣言を出したのです。



8月29日、アルセニー・ヤツェニュク首相は、自分のFacebookページを使って、彼が要請した議会の承認で、NATO加盟への道が開かれた、と主張しました。ヤツェニュクは、もちろん、2月22日のキエフのクーデターの後に、首相になるべきであると、ワシントンに大いに気に入られ選り抜かれた人物でした。



「ヤツ(ヤツェニュク)こそ、ふさわしい男よ」と、ビクトリア・ヌーランド米国務次官補は、クーデターの数週間前、ウクライナ駐在ジェオフリー・ピアット米大使との- 盗聴されていた- 通話の中で、言いました。閣下は、この同じ通話の中で、ヌーランドが、「EUなんてクソ喰らえよ (Fuck the EU.)」と、言ったことを覚えていらっしゃるかもしれません。



ロシアの侵入のタイミング



ちょうど数週間前にキエフによって売り込まれた輿論というのが、主に掃討作戦として描写されたもので、ウクライナ軍が、南東ウクライナにおける反クーデター連邦主義派との戦いで、優勢になったというものでした。しかし、そういった攻撃態勢状況の報告というのは、ほとんど単独的に、キエフの公的な政府筋から出されたものでした。南東ウクライナの現地からの報告は、ほとんどありませんでした。しかし、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領の言葉を引用して、政府が描写する状況の信憑性について疑問をさしはさんでいた、ひとつの報告がありました。



8月18日の「ウクライナ大統領のプレス・サービス」によりますと:『ポロシェンコは、「国の東部で軍事力施行に関わっている軍事部隊の再編制」を求め、「….今日、我々は、我々の領土と軍事攻勢の継続を守るために、軍隊を立て直す必要がある」と述べました。さらにポロシェンコは、「…我々は、新しい状況における、新しい軍事作戦を検討する必要がある」と、付け加えました。』



もし「新しい状況」というのが、ウクライナ政府軍による進攻の成功を意味するのでしたら、なぜ軍隊の「再編制」や「立て直し」が必要なのでしょうか?これと、ほぼ同じころに、現地の情報源から、反クーデター派による政府軍攻撃における一連の成功が、伝え始められました。これらの情報源によりますと、主に政府軍のリーダーシップが不適正でお粗末であったことが祟って、多数の死傷者を出し退却し始めたのは、政府軍の方だったということです。



10日後、政府軍が包囲され、そして/もしくは退却することになった時、そのための、おあつらえ向きの口実が、「ロシアの侵入」となったのでした。このタイミングは、まさに、NATOによって、例のぼやけた写真が公開され、ニューヨーク・タイムズのマイケル・ゴードンのような記者たちが解き放されて、「ロシア人がやって来る」と宣伝し廻った時と、一致しているのです。 (マイケル・ゴードンは、イラク戦争を推進した、最も顕著な宣伝屋の一人 です。)



侵入はなしー しかし 他の類のロシアの援助が、 たくさんある



南東ウクライナの反クーデター連邦主義派は、地元の支持を相当受けています。これは、政府軍が主な人口集中地域を砲撃したことが、ひとつの起因となっているためです。我々は、ロシアからの援助が、おそらく、国境を越えて続々と入り込んでいっており、援助には、有意な優れた戦場情報も含まれているものと、信じます。しかし、この時点で、この援助が戦車や大砲を含んでいるのかということは、決して明らかではありません。ーその大きな理由は、連邦主義派軍隊の指揮の方がもっと優れており、驚くべきことに、政府軍を抑えつけることに成功していることです。同時に、我々は、もし連邦主義派が必要とするのなら、ロシアの戦車がやってきることは、間違いないものと考えます。



そうであるからこそ、まさに、この事態は、停戦のための一致団結した協力を必要としているのです。貴女もご存知のように、キエフはこれまでずっと停戦を遅延させてきました。この時点で、何が為されるべきでしょうか?

ポロシェンコとヤツェニュクには、ウクライナがNATOに加盟することはありそうにないことーそして、NATOがロシアとの代理戦争を遂行する意図はないことーとりわけ、NATOがウクライナの烏合の衆のような軍隊を擁立するようなことはないことーを、きっぱりと伝える必要があります。NATOの他の加盟国にも、同じことを伝えなければなりません。



スティアリング・グループ(ヴェテラン・インテリジェンス・プロフェッショナルズ・フォー・サニティーを代表して)

—ウィリアム・ビニー 、元テクニカル・ディレクター、世界地政学&軍事アナリスト、NSA(アメリカ国家安全保障局); 共同創設者、シジント(SIGINT) オートメーション・リサーチセンター   ー退職

ー ラリー・ジョンソン、CIA (中央情報局) & 国務省 ー退職

ー ディヴィッド・マックマイケル、国家情報会議  ー退職

ー レイ・マックガヴァン、元米陸軍歩兵隊/インテリジェンス・オフィサー & CIA ( 中央情報局 )アナリストー退職

ー エリザベス・ムライ、中近東関係・国家インテリジェンス・オフィサー ー退職

ー トッド・E・ピアース、少佐、米陸軍法務官 ー退職

ー コリーン・ラウリー、顧問&特別捜査官部門、FBI ( 連邦捜査局 ) ー退職

ー ピーター・ヴァン・ビュレン、米国務省、海外勤務職員 ー退職アン・ライト、米陸軍大佐、海外勤務職員 ー辞職



以上

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

訳注:

*ヴェテラン・インテリジェンス・プロフェッショナルズ・フォー・サニティー(Veteran Intelligence Professionals for Sanity -VIPS ー仮訳: 健全を目指すベテラン諜報専門家たち):米国インテリジェンス・コミュニティーに属する元インテリジェンス・オフィサーから成る小さなグループ。グループは、2003年1月、「米国/英国のイラク侵入」に基づき、誤った情報の使用に抗議するために、「太平洋岸から大西洋岸までのエンタープライズ」として形成された。



**コーポレート・メディア(Corporate media): 大企業に支配されているマスメディアのシステムのこと。メインストリーム・メディアを批判的に呼んだ名称。



***ニェット(NYET): 露語で「ノー(いいえ)」という意味

〈記事出典コード〉サイトちきゅう座 http://www.chikyuza.ne/
〔eye27463:140912〕









Comments

世界の人々の尊敬を集めた,建国以来の自由主義の米国を取り戻そうとする人々

グロ-ガ-理恵様

 日本語翻訳,有り難うございました。
 原文で読むのは大変です。

 G.ケナンやガルブレイスら70人が「世界に人々に尊敬される米国」からよき「伝統」が失われたとNYタイムズに意見広告を出したのは,一九八八年だったような気がします。
 ベルリンの壁が崩れて以来,米国は一極覇権主義に走り,ネオコンの跋扈する国となりました。つまり,自由主義と民主主義に溢れた「善き伝統」が失われた国家と成り果てた今日,米政権中枢の情報部に,古き善き米国を取り戻そうとする人達がいることを改めて確認しました。

dearputin.comについて

>>『ロシアの声』で次のような文章を見つけました。本当なのでしょうかね。
 
 自国の対ロ政策・対ウラジーミル・プーチン大統領政策に不満をもつEUおよび米国の市民が特設サイト(dearputin.com)を開き、ロシア大統領への謝罪メッセージを投稿できるフォーマットを設けた。


「お願いです、我々のメディアや政府の行動についての、我々の謝罪を受け入れてください」とのこと。サイトは西側諸国の政治家たちが口にした愚にもつかぬプーチン批判の言葉を列挙している。「ノヴォロシヤ市民に敵対するネオナチ一派は西側諸国の支持を利用している。ロシアはマレーシア航空のボーイング機のことで非難されている。あらゆる証拠が、それがウクライナ軍によって撃墜されたものだと語っているにも関わらず。
あなた様はウクライナ南部・東部で苦しんでいる人々に人道支援を派遣されている。そのあなた様が武器の供給について非難されている」。
サイト運営陣によれば、西側諸国はロシアおよびプーチンを悪魔に仕立て上げることで利益を得るのだ。世界の指導者たちは外敵を必要としているからだ。このようにして西側諸国の住民は国内の経済的・社会的問題から目をそらされているのだ。
プーチンへの謝罪に署名した人数は現在、世界各国から1万1500人。
サイトは欧州の主要言語・日本語・ベトナム語で稼働している。
__

 日本の○痴メディアや政府の情報機関はこのことを日本で国民に知らせていますか。
 すべての新聞や情報を得ることは不可能であることをお認めになりますか。

 この紹介は,ジェノサイドをやったイスラエルやウクライナ政府や,クリミアの投票を警備したロシア,そしてテロ集団国家=政権転覆国家=盗み聞き専門国家=アメリカ合衆国USAが「暴虐」だという件とは無関係です。

空又 覚造様

ロシア大統領への謝罪メッセージは何所のサイトで紹介されていたかは忘れたのですが、見た記憶があります。
第3次世界大戦が起きるかもしれないという緊迫した状況下で、
世界中の人々がプーチン大統領の冷静な判断力に期待したのでしょう。

>すべての新聞や情報を得ることは不可能であることをお認めになりますか。

これは誰に言っておられるのですか?
私に言っておられるのだとしたら、
何故私が、そんな事を言われねばならないのか、理解できないのですが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2112-c78b73f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。