Dendrodium 【エボラ出血熱】貧民街を封鎖するリベリアの軍隊と、怒りの住民たち

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エボラ出血熱】貧民街を封鎖するリベリアの軍隊と、怒りの住民たち 

【エボラ出血熱】貧民街を封鎖するリベリアの軍隊と、怒りの住民たち

世界保健機関(WHO)の発表によれば、西アフリカではエボラ出血熱の流行によって1300名以上の命が奪われているが、リベリアでは死者の数が最も多く、しかも最も速いペースで増えている。

長年にわたる戦争と政府の腐敗によって、リベリアの人々の多くは政府当局を信用しておらず、感染した人々を隔離する措置に抵抗を続けている。

8月20日(現地時間)には、リベリアの治安部隊が、ウイルスの拡大を防ごうとして、首都モンロビアのウェストポイント貧民街を封鎖した。そして、これに怒った数百名の住民が、強制的に隔離を行おうとする機動隊や軍隊と衝突した。

住民らがロイターに語ったところによれば、隔離について事前の警告がなかったため、食料を買っておくことができなかったという。また、「ナショナル・ジオグラフィック」の報道では、リベリア、ギニア、シエラレオネの隔離区域には100万を超える人々が住んでいるが、これらの人々は今後、食料や生活必需品を手に入れられなくなる恐れがあるという。

リベリアのウェストポイント貧民街では、石を投げて抵抗する群衆に対して治安部隊が実弾や催涙ガスで応酬し、4名が負傷したとロイターは報じている。以下の写真には、封鎖に抵抗する住民を軍隊が撃退する様子が写っている。


長年にわたる戦争と政府の腐敗によって、リベリアの人々の多くは政府当局を信用しておらず、感染した人々を隔離する措置に抵抗を続けているという。

住民の話では、隔離について事前の警告がなかったため、食料を買っておくことができなかったという。
また、「ナショナル・ジオグラフィック」の報道では、リベリア、ギニア、シエラレオネの隔離区域には100万を超える人々が住んでいるが、これらの人々は今後、食料や生活必需品を手に入れられなくなる恐れがあるという。

エボラ出血熱が広がらない為とは言っても、余りに悲惨な話である。
こんな不人情な事をしていたら、恨みで病原菌を広げる動きが出る恐れがあるのではないだろうか?

せめて隔離区域の生活に付いては、手厚く面倒を見る姿勢が必要だと思われる。

先進国が協力すればミサイルにかけるお金の何分の1かで、
強制避難地域の生活必需品くらい、用意してあげる事も出来ると思うのだけれど・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2094-a58b9275

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。