Dendrodium 広島市 ゲリラ豪雨の惨害

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島市 ゲリラ豪雨の惨害 

昨日の午後も雨が降っていたが、今日も午後から雨になった。
今日の雨もちょっと強めの雨だけれど、
2~3日前の夜中に降った雨ほどにはない。
今降っている雨は「しゃわしゃわ」という感じの降り方だけれど、
先夜の雨は「どー」と物凄い音を立てて降っていた。
その雨は10分間程で止んだから、水害になるようなことはなかったけれど、
ちょっと気味悪いほどの猛烈な雨だった。
あの雨が何時間も続いたら、凄い事になっていたかもしれないな~と思った。

今月20日未明に広島市北部を襲った大規模土砂災害で、
多くの住宅が土砂に押し流されて倒壊したが、
今日迄に50人の方が亡くなったことが確認され、
38人の方が未だに行方不明であるという。
この雨で被災者救助に当たっていた消防の方がお一人、2次災害に会われて殉職されたそうで、
被災者救出も大変な作業のようである。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140824/k10014040511000.html
広島市安佐北区では午前4時半までの3時間の降雨量が、
観測史上最大の217・5ミリを記録し、極めてまれな「記録的短時間大雨情報」が出されたそうだが、
短時間降水量が異常に多かった事だけが、一気に土砂崩れを起こした原因だったのだろうか?

広島の災害のちょっと前に四国を襲った台風11号での48時間雨量は、
徳島県の上勝町や那賀町で800~700ミリ台、三重県は大台町や津市で600~500ミリ前後と降ったそうである。
高知県では8月始めに来た台風12号の雨と合わせると、
2000ミリと年間降水量を超える雨が、たった10日間で降った所もあったと言う。(こちら

猛烈な豪雨で、愛媛県では学校の1階部分が浸水してしまっていたけれど、
台風11号の雨で亡くなった人数は全国で7人で済んでいた。(済んでいたというのも不謹慎な言い方ではあるが・・・・・)
台風12号では徳島県美馬市では吉野川に流された男性が死亡だけだったようで、
広島市の洪水被害の凄まじさは別格のようである。

これは広島市の土砂崩れを起こした地帯の、地質によるのかもしれないけれど、
安易な宅地造成の結果という面も、大きいのではないだろうか?
勿論造成されて数十年間土砂崩れに見舞われる事はなかったのだから、
今回の雨が異常すぎた所為である事も確かだろうけれど・・・・・

ここのところ毎年ゲリラ豪雨で、日本中の彼方此方の土地が、水の被害に襲われているけれど、
土地ブームの頃全国に造成されて行った宅地は、大丈夫なのだろうか?
広島市のような悲惨な災害が、再び起きないことを願うばかりであるが・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2092-f1351c8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。