Dendrodium 川内原発再稼動についてのパブリックコメントの提出期限迫る

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川内原発再稼動についてのパブリックコメントの提出期限迫る 

真実を探すブログ「【拡散】川内原発再稼動のパブリックコメント、締め切りは8月15日まで!まだ提出していない方はいそげ! new!!」を見て、遅ればせながら私もパブリックコメントを書きました。
その時、真実を探すブログで、はっきりとNOを伝えようと言っておられたのをうっかりして、
肝心の「再稼動反対」の言葉を書きませんでした。
これでは「どちらかと言ったら反対」に分類されてしまうのでしょうね。

パブリックコメントの提出期限は今月15日で、期日が迫っていますので、まだ書いておられない方は、
どうぞお急ぎ下さい。
尚、私のような間抜けな事にならないよう、
くれぐれも「再稼動反対」の記入を、どうぞお忘れなく・・・・・

提出先は下記URLです。
☆九州電力株式会社川内原子力発電所1号炉及び2号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書案に対する科学的・技術的意見の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252311&Mode=0

ついでに、提出した意見を写しておきました。
私が川内原発再稼動に反対の理由です。

原子力規制委員会委員長は審査条件を満たしていると言っても、
安全だとは言えないと、態々言っています。
という事は、安産審査条件を満たしているだけでは安全と言えない甘い審査しか政府が求めていないから、
安全審査に通ったという事ではないでしょうか?

そんな原子力規制委員会委員長が、安全だと断言できないような審査条件を設定して、
安全基準を満たした等と言って、原発を再稼動し、再び事故を起こされたとしたら、私達国民は堪ったものではありません。

地震国日本に於いて絶対安全といえる原発など出来る訳がないのに、
使える発電機を使わないのは勿体無いと、電力会社の目先の利益だけ優先して、国民の生命・健康・財産・職業等あらゆる国民の権利を取り上げる権利が、国や電力会社にあるのでしょうか

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2081-73580ef3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。