Dendrodium 今度はイスラム国との戦争?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はイスラム国との戦争? 

イラク限定空爆検討=「人道危機」で援助物資投下-米
 【ワシントン時事】米メディアは7日、イラク北部で孤立した少数派住民を救うため、オバマ大統領がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に対する限定的空爆の実施について検討に入ったと一斉に報じた。また、米国防当局高官によると、米軍は大統領の命令を受け、北部シンジャル周辺で複数の軍用機を投入して食料や水など数千人分の援助物資を投下する人道支援作戦を行った。
 米政府はイスラム国に対抗する政府軍を支援するため、軍事顧問団を派遣するなどしているが、空爆を含む直接的軍事介入については、国民和解に向けたイラク統一政府の樹立が先決だとして、判断を先送りしてきた。
 ただ、イラク北部では、イスラム国に追い立てられたクルド人少数派のヤジディ教徒約4万人が、シンジャル山の山頂付近で孤立。子供約40人が既に脱水症状などで死亡しており、オバマ政権は人道上、緊急に対応が必要とみている。大統領は側近らとの7日の会議で、麓に陣取るイスラム国戦闘員への攻撃を含む複数の案を討議したという。
 アーネスト大統領報道官は同日の記者会見で、イスラム国の襲撃を強く非難した上で、「人道的悲劇に近づいている。シンジャルの人道状況に対処するイラク政府を支援するため、緊密に協力している」と述べた。(2014/08/08-10:34)


イスラム国がアラブ諸国を席巻する勢いであるというのは、本当のことなのかも知れない。
人道の為とオバマ大統領は言っておられるようだけれど、
オバマ大統領は、ガザでは2000人近い人が殺される迄、イスラエルをほぼ野放しにしていた。

ウクライナでは親露派と言われる東南部の国民に爆弾攻撃して虐殺しているのに、
アメリカはウクライナ政府を制止せず、ロシアが悪いと言い立ててお茶を濁している。

それなのに、クルド人がイスラム国に追われて逃げ込んだ所に、水がないために死者が出たから、
人道的対応が必要として、イラクを空爆するとオバマアメリカ大統領は言っている。
孤立している人々を救うためだったら、食料と水の投下だけで充分なのではないだろうか?
如何して空爆までする必要があるのかと言えば、
イスラム国の存在が、アメリカの覇権を脅かしかねないからではないのだろうか?

アメリカは何時ものように人道に事寄せて、アメリカの敵に対して、空爆を実行する事にしたという事なのだろう。

助けるかどうかは相手次第というのでは、人道主義とは言えないだろう。

これからイラクの人々は、又してもアメリカの空爆で苦しめられるのだろう。

人道主義を標榜するアメリカの人道感覚の中に、
空爆で苦しめられる者への配慮は、皆無のような気がするのは、私だけだろうか?

過激派組織「イスラム国」がイラク3都市制圧、大規模ダムも奪取
2014年 08月 4日
[バグダッド 3日 ロイター] - イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」は3日、イラクのクルド人支配下にある3都市を新たに制圧したほか、同国最大のダムと油田1カ所を掌握した。

イスラム国は24時間でモスルダムを奪取した。これによりダムを破壊したり放流を止めたりして下流の地域に被害をもたらすことが可能になる。イラク国営テレビによると、クルド人部隊は戦わずに撤退した。

またアインザラ油田を押さえ、イスラム国の支配下に置かれた油田はこれで5カ所となった。

イスラム国はクルド人の支配地域にあったズマルやシンジャールなどを奪取した。目撃者によると、シリアとの国境に近い、ラービアではクルド人部隊の撤退後、イスラム国とシリアのクルド人兵士の間で戦闘になった。

これまでのところクルド自治政府が管理下に置く北部のキルクーク油田にはイスラム国の兵士は迫っていない。

Comments

ユダヤの人たちは長いスパンで計画を立てるようだから

政治はいつだって一筋縄ではいかないのですが、アメリカの中東政策は読み取り困難ですね。
アメリカの意図は見抜けないのですが、じゃあ、「今回の空爆はどんな効果?があるのか」だけを考えてみました。
限定空爆は『イスラム国』の一層の過激化と拡大に寄与しそうです。今回の空爆はアルカイダを攻撃するのと同じで、だからアメリカの方針の転換だと見る向きもありますが、でも、イスラムの過激化は『アラブの春』が中東にもたらした効果と同じでしょう。だとすれば空爆もイスラムを過激化誘導するシナリオの延長にあるのかもしれません。
イスラエルへのアメリカの支援が途切れつつあるようですが、ここでイスラム全体が『子供じみたテロ勢力』になってくれればアメリカの産軍も大喜びで正義の戦い?に踏み切れます。石油屋も嬉しいでしょうね。アラブの春がイスラエルを孤立させたと見る向きもありますが、それは逆でイスラエルとアメリカ産軍の遠大な計画かもしれません。もしそうなら、それこそ「ユダヤの陰謀」って言えますね。

パンダ様

コメント有難うございます。
>空爆もイスラムを過激化誘導するシナリオの延長にあるのかもしれません。

アメリカのやっている事は、単純には見分けられない事が多いのですね。

もしかしたらアメリカは武器を売りたいだけ、
只戦争をさせたいだけだったりして・・・・・

武器製造なんかを商売にしていたら、
武器業者は売り上げを伸ばす為に、
戦争を誘発する事が、正しい商業活動であり、
その為に様々に工夫するのが、真面目な従業員であるという事になりかねませんものね。

大量生産が出来る時代には、資本主義では今のような世界が出来るのを防ぐ方法はないのかもしれませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2076-26253b4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。