Dendrodium 反抗する国民を大量虐殺する準備をしているウクライナ政府

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反抗する国民を大量虐殺する準備をしているウクライナ政府 


ウクライナ軍、ドネツクへの「大規模攻撃」を準備か
2014.08.05
ウクライナ・ドネツク(CNN) ウクライナの国営メディアによると、政府の治安当局者は4日、親ロシア派の武装勢力に制圧されている東部のドネツクで「大規模攻撃」の準備を進めていると語った。

これを受けてドネツク市街からは武装勢力メンバーの姿が消え、幹部は公の予定をキャンセルした。

住民はこれまでの砲撃で地下室などに避難を強いられている。政府庁舎の地下には何十人もの女性や子どもが寝泊まりしており、親ロシア派勢力から聞いた話として、米国がウクライナ軍を支援してロシア系住民を攻撃しようとしていると語った。

ある女性は「憎らしいアメリカにやられた。彼らは世界中の戦争に絡んでいる」と訴える。

別の住民は砲撃を受けた学校の近くで、「政府はファシストだから信頼できない。なぜ罪のない人々を撃たなければならないのか」と怒りをぶつけた。

娘の自宅に身を寄せていて4日に自宅へ戻ったという女性は、寝室の窓ガラスが粉々に割れてベッドの上に飛び散っている光景を目の当たりにし、「もしここで寝ていたら死んでいた」と絶句した。

ウクライナ軍は同地で砲撃を繰り返しているが、この女性の自宅を誰が砲撃したのかは不明だ。


ある女性は「憎らしいアメリカにやられた。彼らは世界中の戦争に絡んでいる」と訴える。
と、アメリカを名指しで非難する、砲撃で地下室などに避難を強いられているドネツク州住民の話を、CNNが伝えている。

アメリカのCNNの姿勢がこんなにも変わったという事は、
アメリカがウクライナから手を引くことに決めたのかな?
でも日本はまだロシアを経済制裁すると言っているけれど・・・・・

Comments

不思議なウクライナ危機

パレスチナの悲劇は沢山報道されているし『停戦せよ』とのデモも起きているのですが・・・
不思議な事に同じくらいの人数が死んでいるウクライナのことが何故か西側のマスコミが報じない。もちろん停戦しろデモも起きない。
ガザ空爆ですが、イスラエル軍はアメリカ製の精密誘導弾ですがウクライナ軍の装備は破壊力は抜群だが旧式な無誘導の弾道弾などの一昔前の旧ソ連製兵器です。
大量の市民の被害が間違いなく出る。
こんなものは本来国内で使うべき種類の兵器では無いのです。
もしも軍事力で親ロ派に勝てても、自国民を無差別に殺して、丸く収まる話ではない。
命には軽重は無いとは言うが、まともな国軍なら自国民に対して銃口を向けるのは、大きなストレスになる。
イスラエル軍よりも、その意味ではウクライナ軍の方が悪質なのです。
マレーシア機の撃墜ですが、何と、プーチン暗殺が本当の目的だったとのとんでもない話も出ています。
そもそも暢気に戦争などが出来る経済状態では無いのですから、何とも不思議な戦争なのです。

宗純様

コメント有難うございます。
ウクライナの武力行使は、戦争とか内乱と言うよりは、強盗団による虐殺と言った感じですね。
その強盗団の親玉が、アメリカとEUらしいのですから恐ろしい限りです。

ついちょっと前までは人の命は地球より重いなんて言っていたのが嘘のような、昨今の世界状況です。
20世紀の終わりごろ、21世紀は虐殺の時代になるだろうとの説を、何かで目にした事がありました。
その時は、まさかと思っていたのですが、
今それを現実に見せ付けられている思いです。

こんな事ばかり見せ付けられていると、
人類の将来や総ての生物の将来に付いて、悲観的になってしまいます。
何とか取り返しの付かなくなる前に、留まってほしいものですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2073-2a871489

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。