Dendrodium 破れかぶれ?イスラエルの蛮行

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破れかぶれ?イスラエルの蛮行 

イスラエル、また国連の学校を砲撃 10人以上が死亡
エルサレム=渡辺淳基

2014年8月4日00時02分
 イスラエル軍の侵攻が続くパレスチナ自治区ガザで3日朝、避難所になっている国連運営の学校が同軍の空爆を受け、少なくとも10人が死亡した。ガザの保健省によると、ガザでは3日に50人以上が死亡。戦闘開始以降の死者数は1766人に達した。3分の2が民間人だという。

特集・ガザ情勢

 ガザでは、7月下旬にも学校2カ所がイスラエル軍の砲撃を受けて計30人以上が死亡。イスラエルに対する国際社会の非難が強まるのは必至だ。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)によると、ガザ人口の4分の1にあたる46万人が家を追われている。

 イスラエル軍は1日、イスラム組織ハマスが一時停戦中にイスラエル兵1人を拉致した疑いがあるとして攻撃を再開した。しかし、同軍は3日、この兵士について「当初(1日)の戦闘で死亡していた」と発表。ガザで200人近い死者を出した1日以降の作戦の前提が崩れたことになる。


ハマスが怪しからんから、爆撃をやめないとイスラエルは言っているらしいが、
民間人の住む区域に爆撃したら、民間人が死ぬ事は事前に分かっている筈である。
これでは人質をとって立てこもっている賊が、
自分達の要求を入れないなら、人質を殺すぞと言って、
無関係の人質を殺しているのと同様ではないだろうか。

そして、その殺した人数が、1766人とは!!!
イスラエルの爆撃で殺された人々は、大部分自分の家にいて、家を爆撃されて殺されたそうである。
家で息を潜めていたであろう子供達や老人・女性など、戦闘には関係のない人々が大多数であったと言う。

イスラエルはパレスチナ人を殺すのが目的で、爆撃を続けているのだろうかとの疑いさえ湧いてくるのに、
二言目には人権を言い立てるアメリカが、イスラエルの蛮行を本気で阻止する気がない様であるのは、奇怪千万である。

今回国連の施設を度々爆撃しているので、遂に国連事務総長とアメリカ国務省が、イスラエルに苦言を呈したらしいけれど(こちら)、
ウクライナでの旅客機墜落事件の時には、犯人がまだはっきりしていない内から、
ロシアへの制裁措置制裁措置と大騒ぎしていたのと、アメリカの態度は余りにも違いすぎる。

私はこれ迄アメリカが広島と長崎に原爆を落とし、多数の都市を絨毯爆撃した事を聞いていても、
戦争の恐ろしさ・いやらしさとして、戦争を忌まわしいものとは思っても、
アメリカに対して、恨みがましい情念を抱いた記憶はなかった。
もしかしたら私の身内が誰も殺されなかったお陰かも知れないが・・・・・
しかし、イスラエルの民間人虐殺を見ていると、
どうしても、太平洋戦争末期にアメリカ軍がやった犯罪的民間人虐殺を思い出させられてしまう。
噂に聞くタルムードというのは、やっぱり本当のことなのだろうか?

でも、総てに置いて超賢いユダヤ人が、そんな馬鹿な言い伝えを信じているとはとても思えない。
そんな他民族全員を敵に回すような思想を、自民族の子孫に態々植えつけるなど、
ユダヤ人自身のためにならない事位、簡単に想像できる筈なのだから。

イスラエルはこんな事を続けていたら、何時まで経っても周りの国々と和解出来ないのに、
世界中の人々に眉を顰めさせながら、
如何してこんな非人間的な事を続けているのだろう?

Comments

世界とは正反対のイスラエル

余り報道されないが、イスラエル国内では『パレスチナ人を殺せ』とのデモが行っているのですね。もちろんガザ侵攻だって過半数が支持しているのです。
昔のアパルトヘイトの南アフリカと同じで、存在してはいけないものが、今のイスラエルで、これは民族自決の話では無くて、
最後に残った欧米列強の最も残酷な植民地主義の残滓ですね。イスラエル自身がイスラエルの将来を潰しているのです。

宗純様

コメント有難うございます。
イスラエルでもガザ侵攻に反対する人々もあると聞いたことが有るのですが、
過半数が賛成している事なのですか!

>最後に残った欧米列強の最も残酷な植民地主義の残滓ですね。イスラエル自身がイスラエルの将来を潰しているのです。

気の毒な事ですが、他人事ではないのかも知れませんね。
イスラエルと日本の安倍政権は、軍事面で手を結ぼうとしているのですから・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2072-8d454148

ガザの子供を殺すことについて良心の呵責を感じないイスラエル人の背景

イスラエルの対人ミサイルに直撃された子供の遺体からは臓器が飛び出していた。7月29日、ガザ市内 田中龍作撮影 https://twitter.com/tanakaryusaku ☆ 心やさしき読者におかれては、ガザの子供たちが容赦なく殺されている様をみて眉をひそめておられることであろう。また、どうしてイスラエルがこのように残酷なことを行えるのかと疑問に思われているかもしれない。 ...
  • [2014/08/06 10:25]
  • URL |
  • 木霊の宿る町 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。