Dendrodium マレーシア旅客機ウクライナ上空で撃墜される

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅客機ウクライナ上空で撃墜される 

マレーシア機撃墜:米がロシア非難「親露派に軍事訓練」

毎日新聞 2014年07月19日 11時24分 【ワシントン和田浩明、西田進一郎、ブリュッセル斎藤義彦】オバマ米大統領は18日、ホワイトハウスで緊急記者会見し、マレーシア航空MH17便は、ウクライナ東部の親ロシア武装勢力の支配地域から発射された地対空ミサイルで撃墜された証拠があると発表した。米政府は、ロシア軍が武装集団に対して地対空ミサイルを含めた訓練をしていたことを明らかにし、撃墜がロシアの支援を受けた親露派武装集団によるものとの見方を強めている。

 オバマ大統領は会見で、撃墜は「言葉にできないほどひどい」と非難。「国際的な悲劇であり、原因究明のため信頼できる国際的な調査が必要だ」と述べた。また、事件は「欧州に覚醒を促すものだ」と述べ、ロシアとの経済関係に配慮して強力な制裁実施に慎重とされる欧州連合(EU)諸国などに、対応見直しの必要性を示唆した。親露派を支援するロシアのプーチン大統領について、停戦に向けた具体的行動がないと批判し、対露制裁を強化する用意にも言及した。

 米国防総省のカービー報道官は18日の記者会見で、「ロシアは武装集団に資金はもちろん、重火器や軍事装備を提供し続け、ロシア軍機がウクライナに自由に入ることもできる」と語り、ロシア軍と武装集団が一体となっていると批判。地対空ミサイルシステム「ブク」を扱うには高度な技術が必要としたうえで「ロシアの支援、技術的援助なしに武装集団だけで使うことができると考えるのはおかしい」と述べ、ロシア軍の支援がなければ使うことはできないとした。

 今月1日、北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍のブリードラブ最高司令官は「国境東(ロシア)側で戦車や対空戦力の訓練が行われ、それらが西(ウクライナ)側で使われている」と指摘。中長距離の敵を狙うミサイル発射台付きの対空車両を使った訓練が行われてきたことも明らかにしていた。

 親露派武装勢力へのロシアの武器提供を巡ってはウクライナのポロシェンコ大統領が16日、EUのファンロンパウ欧州理事会常任議長(大統領)に電話し、14日にアントノフ26輸送機がウクライナ東部で撃墜された事件を説明した際、「親露派武装勢力がロシアから重火器の提供を受けて流入している証拠がある」として再度、強い対応を求めていた。


内乱の最中のウクライナ上空を通ったからとは言え、旅客機を撃墜するとは、言語道断なやり口である。
この爆撃を実行したのは、ウクライナ政府軍であるとロシアは言い、
ウクライナ政府は親露派のウクライナ反乱軍だとか、ロシア軍だと言って双方がお互いを非難しあっている。

もし、親露派の武闘勢力かロシア国軍だとすると、彼等の動機は何なのだろう?

これをやったのがアメリカの影響下にあるウクライナ政府軍だとすると、
オバマ大統領がEU諸国に言ったという次の言葉
事件は「欧州に覚醒を促すものだ」と述べ、ロシアとの経済関係に配慮して強力な制裁実施に慎重とされる欧州連合(EU)諸国などに、対応見直しの必要性を示唆した。が、アメリカの動機と見る事が出来るだろう。
つまり、ロシア制裁に非協力的なEU諸国を引き戻す目的で、アメリカがウクライナ政府軍にやらせたと考えられないこともないという事である。

又、ヴォイス・オブ・ロシアのニュース(続きを読むに複写)によると、撃墜されたマレーシア航空機と、ロシアの大統領専用機が、同じポイント及び同じレベルで交差したとの事である。
情報源の人物は「それが起きたのは、ポーランドの首都ワルシャワ近郊、高度1万100m、レベル330の場所で、ロシア大統領機は、モスクワ時間で16時21分、マレーシア航空機は15時44分に、その場所にあった」と言う。

真実は藪の中ではあるが・・・・・

ロシア航空局筋の情報によれば「本当の撃墜目標はロシア大統領機」
マレーシア航空ボーイング777機は、ウクライナ軍機により撃墜されたが、本当の目標はロシア連邦大統領機だったと思われる。ロシア航空局筋の情報を引用してインターファクス通信が伝えた。


 それによれば、ロシア大統領機とマレーシア航空機は、同じポイント及び同じレベルで交差したとの事で、情報源の人物は「それが起きたのは、ポーランドの首都ワルシャワ近郊、高度1万100m、レベル330の場所で、ロシア大統領機は、モスクワ時間で16時21分、マレーシア航空機は15時44分に、その場所にあった」と指摘した。  なお両機の外形・大きさは似ており「かなり遠くから見た場合、事実上ほとんど同じ色に塗られている。」

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2056-1e097cbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。