Dendrodium 滋賀県知事選投票日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県知事選投票日 

滋賀県知事選投票始まる 与野党対決、深夜に大勢判明
2014年07月13日
 任期満了に伴う滋賀県知事選は13日朝、県内924の投票所で投票が始まった。即日開票され、深夜にも大勢が判明する見通し。

 立候補しているのは、元経済産業省官僚小鑓隆史氏(47)=自民、公明推薦=と共産党県常任委員坪田五久男氏(55)=共産推薦、元民主党衆院議員三日月大造氏(43)の無所属3新人。2期務めた嘉田由紀子知事は退任。政権幹部が相次いで応援に入ったほか、民主党なども事実上、組織的に取り組み、与野党対決の構図となった。

 県内全域は朝から雨。県選挙管理委員会によると、午前10時現在の投票率は9・46%で、前回同時刻を4・22ポイント下回っている。


安倍政権が憲法を無視して集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行した後の日本では、下記の地方選挙があるという。

<滋賀県知事選(7月)、長野県知事選(8月)、香川県知事選(9月)、福島県知事選(11月)、新潟市長選(11月)、愛媛県知事選(11月)、福岡市長選(12月)、沖縄県知事選(12月)、和歌山県知事選(12月)/(  )内は現職知事、市長の任期満了日>


地方首長選の中でトップを切って行われるのが滋賀県知事選である。
地方選挙で軒並み反自民を勝たせる事が出来たら、安倍政権の集団的自衛権行使容認が、国民からどんなに疎ましく思われているかが判明した事になるから、
滋賀県知事選で弾みをつけたいと、与野党共に思っている選挙であるらしい。
我が家のような辺鄙な所には選挙カーも殆ど来はしなかったけれど、
自民党のお歴々が続々と滋賀県に来て自民党推薦候補の応援をしていたそうである。

嘉田県政を支持してきた滋賀県民が、原発推進の自民党候補など通すわけには行かない。
琵琶湖の水を守る滋賀県民が、自民党推薦の、しかも経済産業省官僚だった様な者に、
滋賀県政を任せる訳がない。

こんな思いで迎えた投票日であったが、大津市は朝から雨であった。
9時過ぎ頃、可也激しい雨が降りだし、暫らく降り続いていたので、
今日の選挙に行く人が、少なくなってしまうのではないかと心配した。

激しかった雨も11時ごろには小休止に入ったので、今のうちにと夫と共に投票に出かけた。
投票所には同じ思いで出られたのだろう人々が、続々と来ておられた。
12時過ぎには陽が照り始めたのだけれど、1時ごろには又しても曇り始めた。
今日は一日こんな安定しないお天気になるのかも知れないけれど、
灼熱の太陽が照りつけるよりは、かえって外出しやすいかも知れない。

私は根っからの滋賀県民ではないけれど、根っからの滋賀県民は賢いから、
原発推進知事が良いかどうかを、見誤られる事はないだろうと思う。
脱原発で共産党からも立候補しているけれど、嘉田知事の人気からして、
三日月さんに入れる人が、圧倒的なのではないかと期待している。
しかし、投票率が低いと、自民党に有利になるだろうから、
曇り空で雨が降らない、こんなお天気が続くと好いな~と思っている。

結果は深夜には分るそうだけれど・・・・・

追記
滋賀県知事には嘉田知事・武村元知事が応援された、三日月大造さんが当選されました。
ひとまず安心です。

選挙:滋賀県知事選 自公敗れる 嘉田氏後継、三日月氏初当選
毎日新聞 2014年07月14日 東京朝刊
 任期満了に伴う滋賀県知事選は13日投開票され、無所属新人で前民主党衆院議員の三日月大造(たいぞう)氏(43)が、元経済産業省官僚の小鑓(こやり)隆史氏(47)=自民、公明推薦▽共産党県常任委員の坪田五久男(いくお)氏(55)=共産推薦=の無所属新人2人を破り、初当選した。集団的自衛権の行使を容認した閣議決定後初の大型選挙で与党推薦候補が敗北したことは、安倍政権に打撃となる。投票率は50・15%(前回は参院選との同日選で61・56%、前々回は44・94%)だった。

 ◇「集団的自衛権」影響

 集団的自衛権の閣議決定を巡って内閣支持率が低下する中、自民党の東京都議による女性蔑視のやじ問題も加わり、「1強」状態が続く政権への批判が直撃した。今後の集団的自衛権をめぐる議論にも影響は避けられない。

 菅義偉官房長官や自民党の石破茂幹事長も応援に入ったが、及ばなかった。政権は原発再稼働や、消費税率10%への引き上げ判断などの課題を抱えており、敗北は今後の政権運営にも影響しそうだ。

 2期8年続いた嘉田由紀子知事(64)の路線は継承される。「もったいない」「卒原発」を掲げた嘉田県政の評価や安倍政権の経済政策、原発政策、集団的自衛権などが争点になった。

 三日月氏は5月、嘉田氏から後継指名を受けて議員辞職し、民主党を離党。段階的に原発を減らす「卒原発」を含む嘉田県政の継承を前面に掲げ、嘉田氏と二人三脚で無党派層への浸透を図った。嘉田氏は2010年の前回知事選で、過去最多の約42万票を獲得している。三日月氏は政党色を出さない方針で民主党の推薦は受けなかったが、同党は推薦候補並みの支援をした。更に東京都議の女性蔑視のやじや集団的自衛権への有権者の批判が追い風となり、支持を広げた。

 小鑓氏は安倍政権の経済政策「アベノミクス」立案に携わった経験から、県の経済再生の必要性を掲げ、国とのパイプの太さを強調した。自民党は連日、閣僚や党幹部、国会議員を送り込んだが、支持を固めきれなかった。【加藤明子】

Comments

他県の者にとっても

この選挙は大注目の一戦です。
軍国化(今度は先制攻撃まで言い出す始末!)、原発推進、格差経済推進の安倍自公への、初めての具体的審判なのですから。
天気も恐れたほど悪くはないようですし、あああ、下馬評どおり三日月氏が勝つといいけど…。
でも、負けたらものすごくガッカリするでしょうね。
半分は対ショック姿勢をとってる俺であります(笑)。
10月にはこちら福島でも知事選があるのですが、この時期になっても現職や「あの」共産党ですら立候補者なしという有様です。

やりましたね!

三日月氏勝利確定!
自公ハシゲのお偉方及び元キャリざまあぁ!
投票率はいささか低かったものの、この期に及んで投票もしない奴はもうどうでもいいです、気にしてもしょうがない。
全体の2割の得票で無上の独裁権力を握り詰めにしてる奴相手に、そんな逡巡はこっちの足かせになるだけです。

10月にはこちら福島でも知事選がありますが、自公の圧力は今回以上のものとなるでしょう。
地元有権者として負けないように、できることをしたいと思います。

おめでとうございます

まずは1勝ですね。

10月には福島県知事選挙、
11月には沖縄県知事選挙が続きます。

安倍政権にとっては、北朝鮮の応援でもないと
苦しい戦いが続くでしょう。

それにしても悔やまれるのが、都知事選挙でした。

十澄様

コメント有難うございます。
僅差ながら何とか三日月さんが当選されました。
自民党や公明党議員多数、維新橋下と
自民党推薦議員への応援は、凄まじかったらしいですから、
三日月さんも可也の苦戦だったようです。

こちらでは選挙が公示される前から、「こやり」と書いた写真入のポスターが、彼方此方に貼られていたのですが、
私には”こやり”が”こりゃ”に見えて、
「こりゃこりゃって何やろうね」と、家で話したものでした。
自民党は早くから相当に力を入れていたのでしょう。

投票率50.15%はやっぱり高い投票率とは言えないのでしょうね。
テレビ等では前々回(前回は参院と同日選挙)より高かったと、しきりに言っていましたので、高かったのかと思い違いしていましたが・・・・・

兎も角何とか勝てて滋賀県民としては、やれやれです。

福島県では共産党さえ、名乗りを上げないとか!
共産党はもし一人しか立候補しなかったら、無投票当選となり、まずいと思っているのかもしれませんね。
当選する気がないのに、必ず共産党候補を立てるというのは、
共産党が立候補するのは、反権力つぶしが目的だというのも、
ひがみ目だけではないかも知れませんね。

以後の選挙もどんどん自民党にNOを突きつける選挙になってくれると好いですね。

隠居老人様

コメント有難うございます。
地方選のトップバッター勝利となり、ご同慶のいたりです。
福島県とか沖縄県知事に誰がなられるかは、自民党政権の今後を可也左右する事になるでしょうから、
是非、反自民勢力の闘士に当選してもらいたいものですね。

都知事選はムサシ君が活躍したという噂があります。
そして陰謀論と思われるかもしれませんが、私はそれは事実なのではないかと思っているのですが・・・・・

選挙時の滋賀県知事や大津市長は嘉田さん越さんと反自民の人なので、
ムサシの侵攻を拒否出来たから、
滋賀県知事選は公正な選挙が可能だったのではないかと・・・・・

北朝鮮は日本海にミサイルを度々撃ち込んでいるようで、
北朝鮮も安倍政権にとって、余り頼りにはならないかも知れませんね。

只、安倍総理が引いても、後に控えておられるのが、
五十歩百歩の面々ですので・・・・・

期日前投票

今回の投票結果ですが創価学会の動きが矢張り勝敗のカギを握っていたらしい。
以前の沖縄知事選で革新の糸数さんが開票結果では大きく勝っていたが、何と期日前投票の合計票で逆転で負けてしまった。
今回の選挙では期日前投票の数が少なかったので自民が負けたらしいが、その原因とは創価学会の信者の動きが悪かったのでしょう。口先だけでは幾ら何でも誤魔化せません。

宗純様

コメント有難うございます。
そう言えば、今回は前回に比べて期日前投票が少ないと、テレビで言っていました。
期日前投票は創価学会票が大部分だから、あんなに気にしていたのですか!

いずれにしても滋賀県知事選、
嘉田さんの後継候補が勝ってくれて嬉しいです。
何所まで忠実に嘉田県政を踏襲出来るかは、これからのことですが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2050-d8651a2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。