Dendrodium 若者の選択・平和憲法それとも赤紙?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の選択・平和憲法それとも赤紙? 

世相を斬るあいば達也「若者達考えなよ 赤紙それとも平和憲法、君達の選択次第 」に書いておられた言葉、
   (引用)
二進も三進も行かなくなる自衛隊員不足が、国家最大の課題にさえなり得る。その時、国家とは、どのようなことを考えるだろうか。当然、短絡的だが、強制的に人をかき集める手段を選ぶだろう。財政もひっ迫しており、公に自衛隊員の公募条件に、破格の待遇を謳うわけにもいかない。となれば「徴兵」の選択肢は目の前だ。ただ霞が関は、当然悪知恵を働かせ、文科省発信の抜本的教育改革と絡め、21世紀の地域共同体の構築には、若者の共同生活教育が欠かせない等々、正論風味の政策推進とタッグを組んで、国民を騙し絵の中に引き摺り込むだろう。若者よ、このような重大なリスクを回避する方法は、選挙に行くことだ。そして、憲法9条を守り抜く姿勢の政党に一票を投じ、自公等々の政党の力を削ぐしか、選択は残されていない。
戦争に狩り出される恐れのある年齢の人々(今は男女を問わないかも知れない)は、政治のやりたい放題を許していたら、
徴兵制は遠からぬ内に現実問題となるかもしれない。

自民党政権は日本人の為に働く政権ではない。
彼等はグローバル政権(NWO)の日本支部代表の積りなのだ。
だから日本人の資産はどんなものでも、水までも引き渡す積りであるし、
日本人がどんなに反対しても、危険な原発は推進するし、
放射能被害を過少評価して、国民を放射能被爆させ続ける事を、少しも厭わない。
厭わないどころか、国民全員に、放射能汚染された食べ物を食べる事を強制するし、
福島県民には放射能のばら撒かれた土地へ、帰還する事を強制している。

政府が最近決めた規制緩和によって、
従来は国民を守る為に業者を規制して作られていた法律を、
国民に害悪を押し付けてでも、業者の利益を優先するべく、こまごまと249も変更している。
これらの規制緩和には、業者か業者連合(NWO)からの依頼があったのではないだろうか。
そうでなかったら国民保護の為の、既に決められている諸法律を、あえて変更する理由は何所にもないだろう。

安倍政権はグローバル政府に恭順の意を表するために、ひたすら日本売りに励んでいる。
遂に集団的自衛権行使容認で、日本の若者をアメリカの戦争の走狗として差し出すところ迄行ってしまった。
彼等は日本人の権利(人権・財産権etc)を、何から何まで差し出している。

日本人が嘗てのインディアン(アメリカ先住民)の様な運命にならない為に、
自民党政権を始めとする売国政権を、私達国民は断固拒否せねばならない。

関連記事
日本の首相と副首相は、日本の指導者ではなくIMFと世界銀行の代理人
日本を大急ぎで叩き売りしている安部総理
政治家は何故 水道事業を外資に売り渡すのか?
【赤紙】ツイッターで「自衛隊募集の案内が来た」と話題に!集団的自衛権容認を合図に一斉配布されている模様!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2041-5eae14cd

7月5日(土)  ファシズム許すな!安倍政権打倒デモ @新宿

この土曜日、新宿です。 ファシズム許すな!安倍政権打倒デモ @新宿 【日時】 2014年7月5日土曜日 15:30出発 【集合場所】 新宿 花園西公園(地図あり:新宿区新宿1-32) 【アクセス】 東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅:徒歩5分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。