Dendrodium 憲法違反をする為に、憲法を振りかざす安倍政権

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法違反をする為に、憲法を振りかざす安倍政権 

政教分離の解釈変更も 飯島氏、けん制か
 飯島勲内閣官房参与は10日、米ワシントンで講演し、公明党が支持母体の創価学会との関係について「政教分離」を定める憲法規定には抵触していないとの主張の根拠にしている内閣法制局の解釈が変更される可能性に言及した。集団的自衛権行使をめぐる与党協議に関連して述べた。

 飯島氏は「内閣によって(公明党と創価学会の政教分離に関する)法制局の答弁を一気に変えた場合、政教一致ということが出てきてもおかしくない」と語った。集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更に否定的な公明党をけん制する発言とも受け取れ、波紋を広げそうだ。

 創価学会は集団的自衛権の行使容認について「憲法改正手続きを経るべきだ」との見解を発表。政教分離の観点から問題視する声も一部に出ている。

 公明党はホームページに、政教分離は宗教団体の政治的活動までは排除しないとした内閣法制局長官の国会答弁を掲載し、創価学会との関係は国会でも決着済みで問題はないとしている。(共同)
 [2014年6月11日13時26分]


飯島勲内閣官房参与と言うか、安倍政権と言うか、アメリカ政府と言うか、
何とご都合主義な人たちだろう。
自分達の味方がやった事なら、全然問題にしていない事でも、
その議員が自分達に逆らったりすると、同じ事が急に重大問題になる。

それはスキャンダルであっても、失言であっても、帳簿の記入間違いであっても、
その政治家が自分達の味方をしているときには、総て無罪放免で咎められる事はないが、
どうしても譲れないと言って、自分たちの意見に従わないと見たら、
今まで許してきた事が、急に許せない問題になってしまうらしい。

これでも公明党が集団的自衛権行使容認の解釈改憲に、反対を貫いたとして(そうだったら見上げたものだけれど)、
公明党を政教分離の憲法規定に抵触すると内閣法制局が解釈を変更して、公明党議員を失職させるとしたら、
公明党との選挙協力のお陰で当選した自民党議員も、不正選挙で当選した者として、失職させねばならないのではないだろうか?

安倍政権は憲法を、都合によって破ったり、都合によって利用したりする、ご都合主義を絵に描いた様な政権である。

日本もタイの様に、憲法違反者として安倍総理を、即時失職させられると好いのになあ!

日本国憲法の番人(最高裁判所)がちゃんとしていたら、
安倍のような者が総理を続ける事など出来はしないのに・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2019-43038720

閣議決定阻止!  6.13国会前/6.17・20官邸前緊急行動に集まろう!

私は戦争には反対です。 積極的平和主義?平和は平和を以って以外ではなしえません。 閣議決定阻止!  6.13国会前/6.17・20官邸前緊急行動に集まろう! 2014年6月10日 「戦争をさせない1000人委員会」   「集団的自衛権」行使容認に向け、今国会会期末までに憲法解釈を変更する閣議決定を行おうとする政府の動きが加速しています。公明党からは難色が示されている状況ですが、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。