Dendrodium 集団的自衛権行使容認の阻止を!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権行使容認の阻止を! 

今国会閣議決定へ妥協案 「切れ目ない法整備」明記
 安倍政権は、集団的自衛権の行使容認に向け、今国会会期内に安全保障法制に関する閣議決定を行い、「切れ目のない法整備が必要」と明記する方向で調整に入った。政権幹部が7日、明らかにした。自民、公明両党内では、行使を禁ずる憲法解釈の変更を検討課題として事実上先送りするための妥協案と位置付けられている。行使容認の明確化を求める安倍晋三首相の判断が焦点となる。週明けから閣議決定の文言をめぐる調整が本格化する。

 閣議決定で法整備を打ち出すことによって、関連法の改正作業に着手できるメリットが首相側にある。公明党は「解釈変更を認めているわけではない」と説明が付く


集団的自衛権行使は憲法に違反するから容認できないと、戦後の政府は一貫して主張してきていた。
その集団的自衛権行使を憲法解釈の変更で、容認しようとしている安倍政権の憲法無視の姿勢に対して、公明党は反対してくれていた。
そこで政府は、今国会会期内に安全保障法制に関し、「切れ目のない法整備が必要」と明記する閣議決定を行う方針だという。
この閣議決定だったら、公明党は憲法違反の閣議決定に組した事にならないから、従うだろうと言われているらしい。
自民党は安全保障に関する法整備という名目で閣議決定しておいて、
後で個々の法の整備段階に入った所で、関連法の一つという事で、集団的自衛権行使容認を決定しようとしているらしい。
これでは目晦ましのペテンであるが、
公明党もこれなら、憲法の解釈変更を認めているわけではないと言い分けできるので、この話に乗るだろう言われている。
政府は集団的自衛権容認で日本を戦争の出来る国にしたくて仕方ないらしい。
又平和憲法を奉じる日本の国民が、
アメリカの侵略戦争に引っ張り出されて、アメリカの悪行に付き合わされることを阻止したいという意識は皆無で、
自民も公明も、当面国民を騙せたらそれで良いという意識のようである。

民主党政権の時のマスコミは、「福島が死の町のようだった」と大臣が言ったという話など、内閣の悪口を微細な事でも敷衍して、
ある事ない事言い立てて、連日内閣攻撃を行っていたが、
安倍政権になってからは、ある事ない事微細な事でも敷衍して、
安倍内閣支持率を上げようと努力している。

先日など日本の新生児出生数減が更新され、史上最低を記録した時(こちら)も、
「出生数が減ったとは言え、出生率は上がっている。これは安倍政権が取り組んだ経済政策で、将来が明るく見えてきたからであると思える。」などとテレビは言っていた。
又、少子化対策も功を奏したからなのではないか等と、しきりに安倍政権を持ち上げる報道をしていた。

こうやって、マスコミのスポンサーの気に入る内閣は、マスコミから失敗や欠点も責められる事なく、
僅かな点でも褒める事が可能な事なら、可能な限り褒め上げようとするし、
内閣が国民を騙そうとしている時は、その騙そうとしている意図が、国民の目に触れないように、
マスコミは徹頭徹尾用心した報道に徹している。

これで政府が戦争を始めたりしたら、
国民が戦争を選んだという事になるのだろうか?

今度戦争をして又負けて、一億総懺悔を求められても、私は絶対に従わないだろう。
その時は今度こそ私達国民自身の手で、責任者を糾弾しようではないか!
(どれだけ生き残っているかは知らないけれど・・・・・)

Comments

国民が戦争を選ばないために

安倍自民党政府に神話を作らないことです。

全部、何から何まで微に入り細を穿って批判する必要がありますね。

特に、中国との戦争は絶対にしてはいけない、ということで尖閣の領土問題を認めさせ、「棚上げ論」を恐れずに主張する。

売国、反日、と言われても絶対に挫けない。

確かに領土は譲るが、それこそが日本のためになる。

中国の政治が今のままでいいわけはない。民族問題、言論の自由、南シナ海…、
でも、「隣がそういう国だから、日本も…」という議論を成り立たせてはいけない。
そうならないないためにも、中国の、というか中国人のいいところを探しましょう。

戦争不可避の俗論に流されてはいけない。

でも、日本はもう戦争への道を歩み始めています。

国民がそれを選んだのです(悲しい)。

でも、あきらめてはいけない。少数意見が最後まで粘って、国民の意地を示しましょう。

大我楼2014様

コメント有難うございます。
>国民がそれを選んだのです(悲しい)。

国民は戦争等選んではいない。
マスコミに騙されないようしましょう。
と、私は思います。

和久希世様

>国民は戦争等選んではいない。
>マスコミに騙されないようにしましょう。

いやいや、それは逆ですよ。
「集団的自衛権というと戦争直結のように言うひとがいるが、そんなことはありません」
とマスコミは言うておるではありませんか。

そんなだましに乗ってはいけません。
でも、乗るんだなあ。
そうやって、国民は戦争を選んでいます。

この場合、間違いなく「騙されて」いるわあけですが、この際、国民が戦争を選んでいると言った方が状況を正しく表していると思うのです。

目先の危機から目をそらさないでください。

大我楼2014様

コメント有難うございます。
>の場合、間違いなく「騙されて」いるわあけですが、この際、国民が戦争を選んでいると言った方が状況を正しく表していると思うのです。

私には貴方の論理が全然理解できません。

とにかく言える事は、私及び私の知り合いに戦争を求めている者は一人もありませんし・・・・・

まだ引き返せる

たびたびすみません。

安倍自民党に投票し、政権復帰を指示した段階で、尖閣諸島は日本の領土、寸土も譲れないと信じて疑わない段階で、中国との衝突に備えて、憲法よりも大切なものがあると考えている段階で、国民は戦争を選んでいます。

集団的自衛権は必要だと考える段階で。

現状を思えば二週間後に閣議決定がなされます。

よほどのスキャンダル、ハプニングがない限り、既定路線を間違いなく突き進みますよ。

その現実から目を背けることは、状況を正しく表しているとは思えません。

もう一回言います。戦争を望んでますか?と質問されて、望んでます、という人はほとんどいないでしょう。が、上記のことから、日本国民は戦争への道を間違いなく選んでいます。

でも、まだ引き返せます。

反日だと罵られようと、平和憲法の精神を貫き、善隣との友好を守りましょう。

ついでに、原発の危険度と新幹線の危険度が同じ、原発が危険だというなら新幹線に乗るな、などという八つ当たり的な言いぐさに一理でも二理でもあるとおもうような段階で、日本国滅亡の道を間違いなく選んでいることも付け加えます。

戦争にしろ、原発にしろ、国民といっても、少なからぬ人がそんなことは考えていないことは私も承知しています。
しかし、道はそちらへ向いてひた走っているのは間違いありません。政権を選んでしまい、マスコミも含め、国の趨勢がそっちへ道を指しています。

一人一人の覚醒を。

大我楼2014 様

>よほどのスキャンダル、ハプニングがない限り、既定路線を間違いなく突き進みますよ。

余程のスキャンダルはもう起きていますよ。
http://gachi-sinpu.seesaa.net/article/399120529.html
でもマスコミが無視しているだけです。
これからサッカーワールドカップでマスコミは口封じが出来ますから、
その間にやってしまわれる事でしょう。

処で貴方はこれらは国民が選んだ事になると、しきりに言いたがっておられますが、これらの事(安倍政権がやった数々の悪事)は国民が選んだ事ではありません。
安倍総理は総理就任以来、公約をどんどん破って行っています。

日本人からの強奪を企んでいる勢力は、小選挙区制度を導入した時から、今日を企んでいたフシもあります。
自民党の得票率は「投票者の28%、全有権者の16%の得票で79%の議席」だったそうではありませんか。
(投票率59.3%、比例選挙での得票率27.7%)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/9-04db.html
その上、アメリカがウクライナでやっている事をみたら、日本の政治家に対しても、何でもありだろうなと想像できますし・・・・・

という訳で、私はあくまで、この状況は国民が選んだものではないという意識で行くつもりです。

困った安倍晋三

集団的自衛権「核心」突かれ、笑い飛ばした安倍首相の軽薄さ1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150913

~いよいよ平和国家とオサラバ。
米国と一緒に戦争をすることになると、国民は覚悟した方がいい。~

~実は9日の参院決算委員会で、
そうした集団的自衛権の本質的な議論が行われていた。
安倍に気を使ってか、大新聞は断片的にしか報じていないが、
行使容認によって起こりうる最も重要な部分、
つまり「日本人の犠牲者が出る」ということについて、
民主党の江崎孝議員が安倍を問いただした。
ところが驚くことに、安倍はマトモに答えないどころか、
逆に笑い飛ばしたのである。~

■麻生財務相とニヤニヤ

~江崎議員はかつて安倍が著書で
〈日本が攻撃を受ければ米国の若者が血を流すが、
日本の自衛隊は憲法解釈によって血を流すことはない。
集団的自衛権の行使で双務性を高める〉と主張していたことに言及。
ベトナム戦争で韓国軍から32万人の
死傷者が出たことをパネルにして見せ、こう言った。

「過去に集団的自衛権を認めていたら、
日本の若者もベトナム戦争で血を流していた。
あなた方は、そういうことをやろうとしているんですよ」~

~だが、こうした核心を突いた質問に、
安倍は隣の麻生財務相とともに終始ニヤニヤ。
「ミスリードばかり」「委員(江崎議員)が行っている議論は
私たちの議論と別次元」と見下し、全く取り合わなかった。~

~元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。
「安倍首相はあたかも日本の防衛のように言っていますが、
集団的自衛権とは米軍と一体となって行動することだと、
これまでの日米関係で明確になっています。
現に、アフガニスタンの戦争の時、
日本は米国に自衛隊派遣を求められました。
当時の福田首相は<日本は法律があるからできない>と断ったが、
集団的自衛権の行使ができるようになれば、
米国にNOと言えるわけがない。
イラク、アフガンの戦争で米国と一緒に戦った国々から
合計1200人以上の戦死者が出ました。
日本も自衛隊員から犠牲者が出て、
日本の本土や海外邦人が狙われることを覚悟しなければなりません」

集団的自衛権の本質を隠す安倍に、国民は命を預けていいのか。~

中国機接近で宴会をハシゴしていた奴に、
集団的自衛権を言う資格は無いです。
在日チョンの安倍晋三を議員にしたのは1部の人だけ、
=戦争を選んだというのは可笑しい、
アメリカの大統領みたいに全国民が選んだわけではない、
内輪で決めただけです。

もう一度だけ説明します

外国人排斥の方や在日に偏見を持つ方と一緒にコメントするのは気が進まないのですがもう一回だけ説明します。

確かに、選挙制度の魔術やら何やらもあって、正確な意味で「国民が選んだ」とは言えないのかもしれません(私はそこに拘っているわけではない)。

でも、私は今の状況は「先の戦争」のときもこんな状態じゃなかったかなと感じるわけですね。

つまり、なんとなく、政府が言うから、とか中国はやっぱり怖いとか、前回の総選挙で言えば、決められる政治がいいとか、民主党は売国奴だ、とか。選挙で自民党に投票したかどうかではなく、こういう曖昧な支持が現状を生み出してると思うのです。

先の戦争のときも、全体主義で、情報も限られていたとはいえ、批判的な意見を持っていた人も少なくなかったのではないか。でも、拒否できない状況下で、意見は集約されていった(今もそうでしょう。平成の廃仏毀釈とか。護憲が危険思想みたいに扱われはじめたりとか)。

「言わされてる」「圧力が」「陰謀が」という話よりも、我々一人一人が自覚して、国が捻じ曲げられていることに危機感を持つこと、そして、何が起こっても最後まで日本人の誇りを(他を辱めて溜飲を下げたり、心にもない虚偽で人を釣ろうとしない)守ることが大切なのです。

私は、今の日本の危機は、私たち一般国民の劣化と、不満の矛先が他へ向けられる危険にあると思う。

「やらされている」「圧力が」「陰謀が」ということだけを述べて、「ひどいね~」「とんでもないね~」と言っているだけでは日本は変わらないといいたいだけなのです。

為にするために「国民が選んだ」と言っているのではありません。

皆さまは、「あくまでも国民は選んでいない」「選ばない」という立場を貫いてください。それはそれで意味はあると思いますから。

みちのく様

コメント有難うございます。
日本人が死ぬかも知れないのだと民主党議員が国会で言った時、
安倍総理は麻生副総理と一緒にニヤニヤ笑っていたなんて、国
民をなんと思っているのでしょうね。

安倍総理は次元が違うと言っていたそうですが、
確かに彼は次元が違いますね。
あんな者を総理に据え続けているなんて、自民党は碌な政党ではありませんね。

大我楼2014様

仰る通り日本の現状は先の戦争の時と、そっくりなのだろうと感じられます。
あの戦争の後日本人は「1億総懺悔」と言っていましたが・・・・・

再び「1億総懺悔」なんてさせられる筋合いは、一般国民にはないと私は言いたいのです。
悪い事をもくろみ、それを強行する為にあらゆる謀略を用いて、国民を巻き込む戦争を起こそうとしている勢力が現にあるのに、
それを阻止しなかった国民が悪いなんて、筋違いもいいとこでしょう。

民主主義という言葉に騙されて、国民が総て引き受けてくれるとばかりに、やりたい放題をやっている者共に、総ての責任はとらせるべきだと私は思います。

現状は国民が反対するには、暴動しかない状態になっているではありませんか。

そして暴動を起こしたら、得たりかしこしと、膨大な武力で弾圧して来るに決まっています。

断じて彼等の罪を、国民に着せないで欲しいと私は思ってます。

偽善者きどりの奇麗事を言わないでね

>大我楼2014

お前の意見はとんちんかんなんだよ、
戦争反対か賛成かそれだけだ、
お前のコメント戦争賛成に聞こえる、
チャンコロ、チャンなどに良い所などない。

戦争=人種差別だろ。

>何が起こっても最後まで日本人の誇りを

好きでこの国に生まれたわけではない、
たまたまこの国だっただけ、
洗脳教育して間違った愛国心を植え付けるのは問題。
連帯責任は大嫌いです、
戦争は家族のためだけには行けかも知れないが、
日本なんかや赤の他人のためには絶対にいけないし行かない。
万が一戦争になっても政治家全員が率先して官僚と戦争好きの右翼が行くべきだが。


あと誇りなどないしそんな下らないものでは生きていけないんだよ。

戦争犯罪者昭和天皇はアジアの皇帝になりたかた愚か者、
いつの時代も名も亡き者が犠牲になる、
戦争をしたかったっらトップが自ら行くべき、
宴会ハシゴの天ぷら安倍晋三が自ら命を捨てるべきだな。

市谷駐屯地に隠れていた昭和天皇、
原爆を落とすなら広島や長崎ではなく市谷駐屯地だった。
そうすれば東京第空襲も起きずにすんだしな。


浮上する自公党首会談案 「集団的自衛権」は“決着”ムード1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150951

みちのく様

昭和天皇に戦争責任があると言われるなら、
今度戦争を起こしたら、国民に戦争責任があるという事になってしまいますよ。
名義上今は国民主権なのですから・・・・・
(先の戦争の時には天皇主権でしたから、今のように財閥先行(潜行)であっても、天皇が戦争責任をかぶせられましたでしょう?)

次に戦争する時も天皇に責任をかぶせる積りだった彼等は、
天皇を仲間に引き入れようと,はかない努力を続けていました。
(しきりに皇太子様ご一家を攻撃して、より御しやすそうな秋篠宮様に替えようとしていたのも、そのためだったのだと思います。)
しかし、彼等はもう天皇陛下に戦争責任をかぶせる事に諦めたのかも知れません。
(それが石原慎太郎の「役に立たない天皇なんて要らない」発言となったのではないではないかと・・・・・)

末期症状

私が言ってるのは、「やらされてる」「圧力」「陰謀」…、と言って他人事にしないで、一人ひとりが、「自分はそうじゃない」と言って、戦争を(集団的自衛権容認その他の安倍政権の暴走を)撥ねのけましょうということ。

結局、自分たちが選んでしまっているのだよ、自分たちで撥ねのけなければだめなんじゃない?誰かが陰謀をめぐらしたり、勝手にやってる、とだけ言ってても、主権者の国民が他人事にしてるのはどうかな、ということです。

戦争賛成だなんてとんでもない。

和久様とは、同じことを別の立場で言っているのだと思いますが、違うのでしょうか?

みちのく様のご意見はともかく、「他に対して攻撃的である点」などは、日本の末期的症状の典型的な現れだと思います。

>日本人としての誇り
人間としての、個人としての誇り、と言い換えてもいいものです。

きれいごとを忘れては、あとは堕ちていくばかりだと思います。

失礼お詫び申し上げます。

大我楼2014様

この前の戦争で日本人は1億総懺悔をしました。
貴方の仰るように、
結局、自分たちが選んでしまっているのだよ、自分たちで撥ねのけなければだめなんじゃない?誰かが陰謀をめぐらしたり、勝手にやってる、とだけ言ってても、主権者の国民が他人事にしてるのはどうかな、ということだったのでしょう。

しかし、喉元を過ぎると又ぞろ戦争をしたがる勢力が、陰謀をめぐらして政治を我が物としてしまい、国民の意に反する政策(戦争)を国民の名の下に、強行しようとしています。

私はもう彼等の希望通りに国民が戦争責任を負うのは、きっぱりと拒否すべきだと思うと言っているのです。

中には戦争を望んでいる一般国民もあるのかもしれませんが、
大部分の人々はマスコミ(財閥のスポークスマン)がああ言うから仕方ないのかな~と思って、
政府のやる事に危惧しながらも、あえて反対行動に出ないだけなのだろうと思います。

「陰謀論」と言って権力者のやる事に陰謀を見たりしたら、反発する人がありますが、
企業というものは大抵短期だけではなく、長期計画も描いているのではないでしょうか?

その長期計画は非常に慎重に、妨害が出ないか瀬踏みしながら進められることでしょうから、一般国民には気づかれ難い事でしょう、

そんなわけで企業の長期計画が成功に近づいた時には、
一般国民にはもう手遅れになっているという事なのではないでしょうか?

何も含む所のない一般国民に、常に政治家(業者の代理人)が悪い事を企まないか用心しておれと言っても、一部の人々を除いて、
平和で満ち足りた生活が出来ていたら、大部分の普通の国民には無理と言うものでしょう。

だから、彼等のやったことを、国民にも責任がある等と言ってやるのは、
彼等を付け上がらせるだけだと私は思うのです。
そして戦争の残虐性を隠す政治権力の陰謀に手を貸して、
「自虐思想」などという言葉を使って、戦争を正当化したりする余地を残してしまうのです。

戦争で儲けを期待している業者に、
あんなことをやったら国民の恨みは、凄まじいものだったと懲りさせる為にも、
国民は今度こそ、戦争責任など一切引き受けるべきではないと私は思うのです。

あの戦争(どの戦争でも同じだと思いますが)が、どんなに残虐行為に満ちたものだったか、誤魔化す事によって財閥は又戦争を出来る環境を作り出そうとして来たという事実を忘れてはなりません。

絶対に選んでいない

>今度戦争を起こしたら、国民に戦争責任があるという事になってしまいますよ。

国と政治家と率先して集団的自衛権を賛成している右翼の間違いでは、
すべての国民がに戦争責任があると言うのは可笑しいです。
勝手に戦争するのは国ですし、
国民ではありませんし、
下らない連帯責任で巻き込まれるだけです。

>先の戦争の時には天皇主権でしたから、
>天皇が戦争責任

国民は犠牲者ですから、
赤紙が来て強制的に戦地に行かされ、
生きて帰ってきたら、
「何で生きて帰ってきたんだ!何でお前は死ななかったんだ」と言われた、
国民は立派な犠牲者です。

夫や息子を戦争で亡くし悲しむ国民が多くいました、
家の亡くなった父親も戦争の犠牲者です、
小学校2年生で栄養失調か病気ですが両親を亡くしました、
戦争が原因ですしそれまでは他の人に比べても、
良い洋服を着ていたそうです。「親戚の話」

俺も犠牲者ですおじいちゃん、おばちゃんをしりません、
3世代までは立派な戦争犠牲者です、
4代目からやっと犠牲者ではなくなると思います。
アメリカの前に天皇と日本国と東条達を、
一生恨み続けます。
「自分達だけ安全な所に逃げていたことが許せません」
戦争犯罪者は子孫をのこしてはいけないし、
法律で禁止にするべきです。

天皇家は犠牲者は出ていないし悲しいも憎しみも知らない、
税金で生活し苦労のくの字も知らない、
世の中の冷たさや厳しさを骨の髄まで知らない、
世間知らずです。

>天皇なんて要らない

金食い虫の天皇は必要ないでしょうし、
大統領制でも良いのでは。


>結局、自分たちが選んでしまっているのだよ、

選んではいない自民党になど1度も投票したこと無いし、
中学生の時から大嫌いな党。
真っ赤かの共産主義者ですので。
前の戦争は上が勝手にやった事、
名もなき国民は犠牲者。
戦争で迷惑をかけれれ、
人生をめちゃくちゃにされただけでっしょ。
だから嫌いなんですよ人間が、
連帯責任だ、助け合いだ、絆だと、
薄っぺらなこを言うから、
絆は家族のみで会社の奴らや、
赤の他人にはありません。
奇麗事です。
都合の良い解釈です。

>主権者の国民が

何処にある主権なんか。

>人間としての、個人としての誇り、と言い換えてもいいものです。

最初から持っていないから解らない。
言い換えれば犬としての誇り、猫としての誇り?

>きれいごとを忘れては、あとは堕ちていくばかりだと思います。

奇麗事言う奴は自分達の都合の良いことしか言わない、
ただの甘えにしか思えません。

選んでいると勘違いしているだけで、
実際は選んでいないし、
泣き寝入り状態が現実。


集団的自衛権容認へ…公明党が震え上がったエゲツない脅し1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150966

集団的自衛権もこまりますが、
政教分離は絶対にしてもらいたい。

批判と反批判

長くならないように。論点が拡散しないように。

私の言っていること(望むこと)と、皆さんが目指すものは同じ、だと思います。

なのに批判しあってもじつはあまり意味がない。

論点1
あるブログのコメント。集団的自衛権行使容認をめぐる政権の暴走を批判するブログの記事に、「この前の総選挙の結果があっての今」みたいなことが書かれていました。

私はこのことを「現に選びつつある」と言っていますが、それは、「選んでいるくせ余計なことを言うな、黙れ!!」、と言っているのではなく、「でもまだ引き返せる、今度こそ絶対に、明確に、『選ばない』という意思表示をしよう!!」と言っているのです。

論点2
>武力鎮圧されるから、>泣き寝入りが現状、で黙っていていいのでしょうか。
意見を言えなくても、私は私の「矜持」を大切に生きていきたいと思います。


まあ、それにしても、集団的自衛権行使容認反対、立憲主義を守れ、という意見に、「国が滅びてもグダグダこういうことを言い続ける輩」と言って馬鹿にするやつの多いこと。

はらわた煮えくり返りそう。

現在「国が滅びる」危機の瀬戸際にある、という認識、私は全く共感できません。「危機なんだから憲法なんてどうでもよい」、という考え、理解できません。

このあたり、皆さんと同じだと思います。

みちのく様

仰る通り私達国民は戦争等選んではいません。
上手く騙されてしまっただけだと、私も思っています。

だから、国民主権という事で、今度戦争を始めたら、形式として国民が戦争を選んだ事になるけれど、私は絶対に戦争責任を、国民は認めるべきではないと主張して、
このコメントで、大我楼産と議論している所なのですよ。

しかし、貴方が先の戦争には、天皇に戦争責任があると言われましたので、
「天皇に戦争責任があると言われるなら、
今回もし戦争を起こすような事があったら、
国民主権の現在は、国民に戦争責任がある事になってしまいますよ。」と申し上げたのです。(形式的にはそうなるという事です。)

先の戦争の時には日本の主権者は天皇という事になっていたから、
天皇の戦争責任が問題になっているのでしょう?

しかし天皇は実権を握っておられるようで、実は今の国民と同じように、実権など持ってはおられなかった。
天皇も今回の国民と同じように、
財界や政界の悪どもに嵌められて、戦争を始めさせられ(現在は始めさせられそうになり)、戦争責任を負わされた(現在は負わされそうになっている)のだと私は思っているのです。

だから、先の戦争の戦争責任が全面的に天皇にあると言うのなら、
今回もし戦争を始めるようなことになったら、
国民に戦争責任がある事になりますよ。
と私は言っているのです。

だからこそ天皇陛下は今戦争に反対の意思表示を一生懸命しておられるのだと思います。

大我楼2014様

仰る事は分かります。
しかし、膨大な軍備を持った勢力に日本の政治を乗っ取られた今、
国民に出来ることは、ガンジーではありませんが、不服従くらいのものではないでしょうか?

デモをやっても無視されるでしょうし、
武装してゲリラ活動をしたら弾圧されるでしょう。
それは今のウクライナを見ていていると、身にしみる思いがします。
ここまで来てしまったら、一般国民に何が出来るでしょう?
今は僥倖を待つ以外に私には何も思いつかないのです。
もし何か良い案がおありでしたら、教えていただきたく存じます。

という訳で,私は戦争責任を被る事だけは、絶対に避けるべきだと主張しているのです。

始まりと終わり

和久希世様の見解と、私の見解では現在すでに日本がアメリカに乗っ取られているかどうかの認識差がありますね。

私の場合はまだまだ日本人の意地を見せるときが来る、というもの。

あきらめるのはまだ早い。

でも、実際戦争になってしまったら、そして敗戦となった暁には、ないがしろにされて暴走された国民は絶対に戦争責任を負ってはいけない、という点では私も同感です。

始まりはまだ防げるというのが私の意見。
このまま始まっても終りは責任を負わない、という点では私も同感です。

アメリカの力を過大評価して自暴自棄になってはいけないでしょう。
まだまだ防げる。

といいつつ、事態はどんどん、そして欺瞞に欺瞞を重ねて恥知らずな方向へ動いています。

憤懣やる方ない思いです。

せめて、同じ日本の一般人が、「中国が攻めてくるから日本も」と言っているのをたしなめるくらいはしてもいいんじゃないでしょうか。

せめて。

大我楼2014様

諦めるのはまだ早い!!!!!
その意気を捨ててはいけませんでしたね。

>せめて、同じ日本の一般人が、「中国が攻めてくるから日本も」と言っているのをたしなめるくらいはしてもいいんじゃないでしょうか。

そうですね。
私も極力そうしたいと思っているのですが・・・・・

昭和天皇は東京裁判で死刑にするべきだった

>私の言っていること(望むこと)と、皆さんが目指すものは同じ、だと思います。

違うでしょ途中経過違えば変わりますし、
右翼は違う考えで自民党のイエスマンの雑魚です。

>なのに批判しあってもじつはあまり意味がない。

違う方向に向いているから意味が無い。

>「選んでいるくせ余計なことを言うな、黙れ!!」、と言っているのではなく、

選んで無い何回も同じ事を言わせないで、
自民党なんか選んだ馬鹿に言え!
右翼は自分たちの意見が違うと民意に反すると言い、
同じだと民意だと言う馬鹿ども、
これは自民党も同じ。
民意など反吐が出るくらい大嫌いな言葉。
「俺は究極の共産、社会主義者ですが」

>武力鎮圧されるから、>泣き寝入りが現状、で黙っていていいのでしょうか。

元自衛隊の長も大学の講義で日本はアメリカの金魚のフンだと言っているそうで、
まさにその通り、思いやり予算などフンの象徴。

>「国が滅びてもグダグダこういうことを言い続ける輩」と言って馬鹿にするやつの多いこと。

愛国心などないし、
自分のためにだけ生きている、
下らない日本や赤の他人のために生きている訳ではない。
洗脳教育はしてはいけない。

>現在「国が滅びる」危機の瀬戸際にある、という認識、私は全く共感できません。

そのうち財政破綻で滅びみます。

>「危機なんだから憲法なんてどうでもよい」、という考え、理解できません
>このあたり、皆さんと同じだと思います。

違う。
迷惑をけるな!それだけ。

>和久希世様の見解と、私の見解では現在すでに
>日本がアメリカに乗っ取られているかどうかの認識差がありますね。

もう乗ったられているし奇麗事だ。

>私の場合はまだまだ日本人の意地を見せるときが来る、というもの。

ないと思います。

>そして敗戦となった暁には、
>ないがしろにされて暴走された国民は絶対に戦争責任を負ってはいけない、

国民が負う義務はないが、
率先して志願して行った右翼の国民には、
命で責任を取らせるべき。


>今回もし戦争を始めるようなことになったら、
>国民に戦争責任がある事になりますよ。

国民がなぜ戦争責任?意味が解りません、
戦争責任は時の日本政府「政治家全員の家族と官僚でしょ。
国民には一切関係ない。
天皇、日本政府、東條達に責任があるといったのは、
日本国民に迷惑をかけた人生をボロボロにした
天皇国に戦争責任があるといったのです。
世界中戦争は合法だそうです。

勝っても戦争責任はあります、
仕掛けた方に責任があります。
イギリスの皇室も日本の天皇同様に責任があります。
国やトップには必ず責任が生じます。
まあ日本の政治家、銀行、経団連企業の生意気な経営陣は、
責任を取らず居座り続けていますが。
何が何でも日本の天皇には戦争責任を負わせたくないとしか、
聞こえません。
国とトップ「皇室」は戦争に勝っても負けても、
必ず責任を取らなくてはいけません。

2、3日前に気づいたのですが、
プロ野球が未だにがんばれ!日本など、
ヘルメットに書いてあります、
未だにプロ野球だけやっています、
即やめてもらいたいです、
あれをみると反吐が出そうになります。


>大我楼2014さん

プレゼンでは採用されにくいほど、
解りにくいです。

みちのく様

>今回もし戦争を始めるようなことになったら、
>国民に戦争責任がある事になりますよ。
国民がなぜ戦争責任?意味が解りません、


先の戦争の時は天皇は元首(国の主人)だったから、
日本がやった戦争の責任は天皇にある事になっていたのです。

現在の主権者(国の主人)は国民という事になっていますから、
もし、これから戦争を始めてしまうような事になったら、
国民が戦争の責任者という事になってしまいます。

しかし、現在戦争を始めようとしている者達のやり口を見ていたら、
絶対に私達国民が戦争を始めたがっていたとは思えません。

先の戦争の時も同様の成り行き(業者が自分達の利益の為、国に戦争をさせたがっていた)だったと思われるので、
先の戦争でも今回同様に、
戦争責任は国の主権者を騙して戦争を始めた財閥連合にあるのであって、
主権者は嵌められただけなのだと、私は言いたいのです。

だから、今私達国民に戦争責任がないと主張するなら(私はそう主張しているのですが)
天皇にも戦争責任を押し付ける事は、出来ないはずだと言っているのです。

主権者というのは主人という事ですから、何かした時には「名義人」となってしまいます。

昭和天皇も今上天皇も、もう絶対に戦争の名義人にだけはなるまいと、決心しておられるから、戦争責任者を祭った靖国神社参拝を拒み続けておられるのでしょう。

それでも右翼は、天皇を元首にしたがっていました。
これからも、天皇に戦争責任を引き受けさせ、
日本の戦争は天皇の戦争であると宣言したいと思っていたのでしょう。

しかし彼らもとうとう諦めたのかも知れません。
石原慎太郎はこれまでは天皇を尊敬している振りをしていましたが、
先日「役に立たない天皇なんか要らない」と、演説の中で言ったそうです。
彼等右翼もとうとう天皇を、戦争の名義人にする事を諦めたのではないでしょうか。

象徴天皇は国民の側におられると私は思っています。
そしてそれが、本来の理想の天皇の姿なのではないかと・・・・・

在日チョン安倍晋三

中国機接近でも宴席ハシゴ…首相の「国民の命守る」は方便か1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150495

~中国機が24日午前、
自衛隊機の30~50メートルにまで異常接近した。
そんな緊急事態にもかかわらず、
安倍政権の対応はのんびりしたものだった。~

■当日は大臣の「コメント」発表のみ

~大臣が姿を見せて口を開いたのは翌日です。
なぜ、当日ではなかったのか。
政権の危機管理体制には不安を覚えざるを得ません」~

~15日の会見で「内閣総理大臣である私は、
いかなる事態にあっても国民の命を守る責務があるはずだ」
「みなさんのお子さんやお孫さんがいるかもしれない場所で、
政府が何もできないということでいいのか」などと
エラソーに言っていた安倍も緊張感ゼロ。

小野寺防衛相は「引き続き、
しっかりした態勢を取っていただきたいと指示があった」と話したが、
安倍が報告を受けたのは24日夜の会議のときだ。
それまでは何も知らされていなかった。

実際、24日の安倍は、
正午過ぎからお友達の根本復興相の長男の結婚披露宴に出席。
夜にはホテルの日本料理店で知人と食事をしている。

はたして、これが「国民の命を守る責務」を持った人物が、
異常事態の発生当日にとるべき行動なのか。

安倍は、集団的自衛権の行使ができなければ、
「お子さん、お孫さんを守れない」と言う。
だが、憲法解釈を変えたところで、安倍に国民は守れない。
「国民を守るため」は解釈改憲の方便に過ぎないということだ。~

集団的自衛権など必要ないということだ。


24日午前11時と正午:中国機が自衛隊機の30~50メートルにまで異常接近


首相動静(5月24日、土曜)
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時11分、公邸発。
 午後0時16分、東京・虎ノ門のホテルオークラ別館着。
同ホテル内の宴会場「メイプルルーム」で
根本匠復興相の親族の結婚披露宴に出席。
 午後2時22分、同所発。
 午後4時22分、千葉県銚子市の千葉科学大学着。
開学10周年・看護学部開設記念式典に出席。
 午後5時50分、同所発。
 午後8時、東京・西新宿のホテル「パークハイアット東京」着。
同ホテル内の日本料理店「梢」で知人と会食。
 午後9時49分、同所発。
 午後9時57分、東京・富ケ谷の私邸着。
 25日午前0時現在、私邸。来客なし。(2014/05/25-00:04)


山梨の大雪災害が起きたときの安倍ちゃん
-------
首相動静(2月15日)
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後2時25分から同26分まで、報道各社のインタビュー。
 「ソチ五輪男子フィギュアで、羽生結弦選手が金メダルを獲得した」に
「テレビを見ていて、日の丸を背にウイニングランをするシーンは本当に感動した」。


同31分から同35分まで、ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手を電話で祝福。
  同36分、公邸発。
  同54分、東京・富ケ谷の私邸着。
 16日午前0時現在、私邸。来客なし。(了)

首相動静(2月16日)
 午前10時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、私邸で過ごす。
 午後も来客なく、私邸で過ごす。
 午後5時31分、私邸発。
 午後5時49分、東京・赤坂の天ぷら料理店「楽亭」着。支援者らと会食。
 午後7時50分、同所発。
 午後8時5分、私邸着。(了)
-------

完全に「土日は休みなんで対応しません」モード

集団的自衛権で自衛隊員続々退官

防衛省とも密接…「集団的自衛権」でもソロバンを弾くパソナ 1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151184

~集団的自衛権の行使容認に向けた閣議決定のスケジュールが
「7月4日」に固まってきた。“戦地派遣”がいよいよ現実味を帯び、
現場の自衛隊員たちに動揺が広がっているが、
彼らが浮足立つほど儲かりそうな企業もある。
ASKA事件で政官との不透明な関係が露呈したパソナグループだ。

「戦争好きなアメリカのために犬死にしたくない」「えらい迷惑、人生が狂う」――。

集団的自衛権を語るネット掲示板には、
現役自衛官とみられる書き込みが増えている。
自衛隊の「キツイ、汚い、危険」という3Kイメージは昔の話。~

~ホルムズ海峡で機雷掃海をするなんて誰も想定していませんよ。
彼らにすれば想定外の事態に巻き込まれ、
命を奪われかねない状況です。
戸惑いは当然で、任期制の若い隊員なら任期を終えれ
ば続々と退官を希望する事態も考えられます」
(軍事ジャーナリストの神浦元彰氏)~

~その“人気者”の再就職支援を防衛省から委ねられたのが、
「パソナキャリア」だ。首都圏中心に任期制の
若手隊員の再就職支援業務を年間1億6200万円で請け負っている。

「通常、転職が実現すると、
それを仲介した人材派遣業者にも転職先の企業から、
転職者の年収の30%前後の報酬が支払われます。
つまり、自衛隊員の再就職希望者が増えれば増えるほど、
企業からの報酬を手にするチャンスが増えるのです」
(人材派遣業関係者)~

~退官ラッシュを防ごうと、さらに福利厚生を充実させれば、
これまたパソナには“おいしい”展開だ。
グループ傘下に官公庁相手の福利厚生業務の
アウトソーシングで収益を拡大させてきた企業がある。
「ベネフィット・ワン」だ。

「現在、全国の警察共済組合や
裁判所共済組合などの福利厚生業務を一手に担っています。
サービスを受ける『会員数』は10年前に96万人でしたが、
今年4月時点で4倍近い347万人に達しています。
急拡大のきっかけは02年から2年間、
自衛隊員26万人の福利厚生を
防衛省共済組合から一括受託したこと。
業界内では、防衛省を足がかりに
官公庁ビジネスを広げていった、ともっぱらです」
(共済組合関係者)

前出の神浦氏は「福利厚生を充実させても命には代えられない。
家族を抱える隊員ほど見切りをつけていく」と言った。
防衛省が悪あがきを続けるほど、
潤う企業もあるということだ。 ~


当然ですよね。

みちのく様

コメント有難うございます。
自衛隊員にしたら想定外のことですものね。
どうして安倍さんは、そこまでして、アメリカの侵略戦争に付き合いたいのでしょうね。

大東亜戦争を正当化するのだったら、アメリカの戦争には命がけで反対せねばならない筈ですのに・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2016-12507762

6月14日(土) ファシズム許すな!安倍政権打倒デモ @新宿

土曜、日曜と二日続けて、反政府デモが行われます。 ファシズム許すな!安倍政権打倒デモ @新宿 【日時】2014 年 6 月 14 日 土曜日 14 : 00 出発(予定) 【集合場所】新宿 柏木公園 6月15日(日)「安倍政権はダメだとはっきり言おう!part2 6.15新宿デモ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。