Dendrodium 皇居に新種の生物

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇居に新種の生物 

皇居で新種の「フキアゲニリンソウ」国立科学博物館
 国立科学博物館は16日、東京都心に位置する皇居の中で生物調査を行った結果、3448種類の動植物を確認したと発表した。今回の調査では新種のニリンソウも発見され、御所がある「吹上御苑」で見つかったことから「フキアゲニリンソウ」と名付けられた。
 調査は2009~2013年度にかけて行われたもので、国立科学博物館の職員31名と、館外の研究者61名が実施。その結果、711種の植物と2737種の動物、合わせて3448種が確認された。

 そのうち899種(植物250種と動物649種)が皇居で初めての記録となったが、吹上御苑の覆馬場跡で見つかったニリンソウは新種であったため「フキアゲニリンソウ」と新種記載されたほか、ハバチ科の一種である「ニホンコシアカハバチ」も同じく新種として記載。ほかにも現時点で種名の特定ができないものが多数あるという。
 国立科学博物館では、今回の調査について「皇居には健全な自然環境が引き続き良く保存されており、他の都内緑地と比較してきわめて多様な生物が生息している」としており、今後、これらの成果を広めるために講演会や展示会を予定している。


「皇居には健全な自然環境が引き続き良く保存されており、他の都内緑地と比較してきわめて多様な生物が生息している」と国立科学博物館は言っているそうだけれど、
新種が出来たのが福島から飛んできた放射能の所為だったとしたら大変な事である。

フキアゲニリンソウ、ニホンコシアカハバチの他に、種名の特定できないものが多数あるそうだけれど・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1993-daec5a8d

【忌】マスコミが死んだ日、小児甲状腺がん確定50人(合計90人)の衝撃度

『 2014/05/18 02:35 』 【共同通信】福島の子ども甲状腺がん50人に 県、放射線の影響調査 福島県の全ての子どもを対象に東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、対象者の約8割の結果がまとまり、がんの診断が「確定」した人は県が今年...
  • [2014/05/19 09:44]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。