Dendrodium ウクライナ大統領 軍部隊の撤退を要求

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナ大統領 軍部隊の撤退を要求 

ヤヌコヴィチ大統領 キエフ当局に南東ウクライナから傭兵と軍部隊の撤退を要求
ウクライナのヤヌコヴィチ大統領は、キエフの自称当局に対し、ドネツク、ルガンスキイ、オデッサなど南東ウクライナの諸州から、一日も早く軍部隊を撤退するよう求めた。

ヤヌコヴィチ大統領は12日ロストフナドヌーで記者会見に応じ「ドンバス(ドネツク及びルガンスク州)地方の圧倒的多数の人々が、住民投票に参加し、どのようなものであれ国家が別の形態をとる事に賛成した。なぜならウクライナ国民の忍耐力は、もう限界に達しているからだ」と述べ、次のように指摘した―
「欧州その他の国々は、あれだけ高い投票率で住民投票が実施された以上、南東ウクライナにはテロリストなどいないこと、そして実際上、国民に対する戦争が行われている事を認めなければならない。」
  11日ウクライナのドネツク、ルガンスク両州では、これら地域の地位に関する住民投票が行われ、中間発表では、両州とも約90%もの人々が、独立に賛成した。


ウクライナのヤヌコヴィッチ大統領が、キエフの自称当局に対し、
ドネツク、ルガンスキイ、オデッサなど南東ウクライナの諸州から、
一日も早く軍部隊を撤退するよう要求していると言う。
暴力を恐れて逃げ出したとは言っても、
ヤヌコヴィッチ大統領は現在のウクライナでも、一番強い発言権を持った人と言えるのではないだろうか?
彼は暴漢から逃げ出しただけで、まだ辞任を表明したわけではないのだろうから・・・・・

ヤヌコヴィッチ大統領がウクライナ国民の総意によって、政権を追われたのではないことは、
ウクライナの幾つもの地方で、
ヤヌコヴィッチ大統領を追い出して創った暫定政権から、
何としても逃げ出そう(独立をしよう)とする動きが、続出していることからも明白であろう。

ウクライナ国内の軍や警察に勤務する人々は、
正当性のない暫定政権の命令ではなく、
正当な現職大統領の命令に従った方が良いのではないだろうか?
現在の様に暫定政権の言いなりになっていたら、ウクライナから独立したがる地方が続出し、
ウクライナは内乱状態が何時まで続くか分からない危機的状況になっている。
ウクライナの正規軍や警察が、
ウクライナをこういう状態にしてしまった張本人「ウクライナ暫定政権」の、言いなりになる必要(法的根拠)は何所にもない。
むしろ警察は暫定政権でのさばっている者共を、
反乱者として大急ぎで捉える方が筋が通っていると言えるのではないだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1989-1a9d0c27

日本政府による「風評被害対策」 PM2.5、報道ステーションの次が美味しんぼ

『中国(北京)より何倍も悪い、インド(ニューデリー)の大気汚染』 5月7日世界保健機関(WHO)は、インドの首都・ニューデリーの大気が世界でもっとも汚染されているとする報告書を発表した。 WHOが世界91ヶ国1600都市を対象に行った大気環境に関する調...
  • [2014/05/14 10:04]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。