Dendrodium 日本が約束したオバマ大統領来日の交換条件は?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が約束したオバマ大統領来日の交換条件は? 

今日アメリカのオバマ大統領が国賓として来日される。(こちら
オバマ大統領は国賓として来日されるのに、迎賓館にではなくホテル・オークラにお泊りになるのだそうである。

新ベンチャー革命によると、オバマ大統領が迎賓館に泊まられないのは、
戦争屋勢力に暗殺されるのを、恐れての事なのではないかと書いておられる。
ホテル・オークラだったらアメリカ大使館と地下道で続いている。
アメリカ大使館の主キャロライン・ケネディー在日アメリカ大使は、
昔戦争屋勢力に暗殺されたケネディー元大統領の令嬢であるので、
オバマ大統領がキャロライン・ケネディー大使だったら、信頼できると思われたからではないかとの推論を述べておられる。

私もオバマさんが日本滞在中に、もし暗殺されるような事があったら、日本にとっても一大事になるだろうなと、何となく想像し危惧していたのだったが、
オバマ大統領にしたらご自身の事なのだから、
戦争屋勢力と仲の良い安部政権下の日本を訪問することは、
幾ら国賓であっても嬉しい誘いではなかった事だろう。
それを押して国賓としての日本訪問を、オバマ大統領が受け入れられたのは、
日本側が余程オバマ政権にとって、欲しくてたまらないもの(TPP交渉で日本の全面的譲歩etc?)を提示したからなのではないだろうか?

オバマ大統領の滞在中警備の為に、警備担当者達だけでなく、
オバマ大統領滞在中、警備の為とて立ち入り禁止されて、仕事が出来なくなる等、迷惑を被る一般国民も数知れずある事だろう
その上、オバマ大統領を招待する為の交換条件として日本が提示した、
国民の権利を犠牲にする約束が見込まれるとなると、
安倍総理の個人的満足感の為に、日本人が被る迷惑は計り知れないものになる。

安倍総理は傾きかけた旧家の財産を蕩尽して、つまらない遊びに現を抜かす、馬鹿なボンボンそのものではないか!
グローバルエリートには安倍総理は願ったり叶ったりの、
日本を大安売りしてくれる管財人なのだろうけれど、国民にしたら堪ったものではない。
日本の政財界人など日本の指導者達は、このまま安倍総理のお遊びの為に、
日本が蕩尽されても良いと思っているのだろうか?

Comments

同じ穴のムジナ

>幾ら国賓であっても嬉しい誘いではなかった事だろう。
>戦争屋勢力に暗殺されるのを、恐れて

それにしては安倍との軍国コンビにノリノリで、集団的自衛権は煽るわ、特定秘密法は上から目線で「評価」を賜るわ、「日米同盟」で中国を挑発するわで、なんか妙に楽しそうですがね。
日本政府は、よっぽど美味い条件を献上したのでしょうね…後難が恐ろしいです。

十澄様

コメント有難うございます。
両方とも巨大資本の手先なのですから、同じ穴の狢と言うのは、その通りだろうと思います。
しかし、双方に手法の違いがある事から、時々もめるのではないでしょうか?

アメリカ大統領と言っても、巨大資本の手先に過ぎないと、戦争屋勢力は思っており、
それぞれが手柄を争っているのだと思います。
戦争屋勢力というのは可也短絡的で、自分たちが今やろうとしている事の邪魔する大統領は、憎っくき敵となり殺してしまえとなるのではないでしょうか?

ブッシュ大統領のように戦争屋と直結した大統領の時には、大統領の身に危険はないのでしょうが、
戦争屋勢力よりちょっと知恵を使える大統領は戦争屋の遣り方にしばしばブレーキをかける為、戦争屋勢力の逆鱗に触れるのでしょう。
大統領が命の危険に曝されるというのも、有り得ない事ではないのではないでしょうか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1970-d431a5cb

靖国にアパッチの襲来!!徒党を組んで140人もの国会議員が・・・・

大昔、日本橋三越本店は田舎の修学旅行の団体が社会見学の一環として必ず訪れた時代がある。 金が無いから買い物はしない。 「ダァ〜と来て、ダァ〜っと帰る」 店の人間たちは 「ああ、今日もアパッチの襲来が何組あった」 と数えたりしていた。 馬鹿にするわけじゃない。私
  • [2014/04/23 15:02]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲

ウクライナでの不手際

Eric Margolis 2014年4月20日 スペインのマルベリャ、 陽光いっぱいのスペイン南部では、東欧を巡る新たな世界戦争の脅威があることなど思いもよらない。実際、他ならぬウラジーミル・プーチンが、この魅力的リゾート地で、屋敷の買い物をしているというウワサまである。 復活祭はヨーロッパで最も重要な祭日だ。教会は
  • [2014/04/24 10:56]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

オバマのTPP参加国歴訪開始にあたり、オバマ政権の新報告書は、各国の公益政策を撤廃すべき“貿易障壁”として標的にしている

2014年4月22日 Public Citizen オバマ大統領は、今日アジア歴訪に出発するが、環太平洋戦略的連携協定(TPP)交渉にまつわる深刻な意見対立を取り繕おうとする狙いで、訪問しようとしているTPP参加国政府の微妙な国内政策に対し、彼の政権が最近指摘した様な批判を繰り返すことを、彼は避ける可能性が高い。 今月
  • [2014/04/25 00:12]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。