Dendrodium 安倍政権のブレーキとなれ「立憲デモクラシーの会」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権のブレーキとなれ「立憲デモクラシーの会」 

「立憲デモクラシーの会」あす設立 解釈改憲にノー 学者50人が連携
2014年4月17日 朝刊
 集団的自衛権の行使を憲法解釈の変更で認めようとする安倍晋三首相の姿勢に危機感を抱く学者たちが十八日、「立憲デモクラシーの会」を設立する。法学や政治学、社会学、哲学など幅広い分野から約五十人が呼びかけ人になり、安倍政権は憲法と民主主義を変質させかねないと国民に警鐘を鳴らす。


 共同代表は奥平康弘東大名誉教授(憲法学)と、山口二郎法政大教授(政治学)の二人。呼びかけ人には、上野千鶴子立命館大特別招聘(しょうへい)教授(社会学)、金子勝慶応大教授(経済学)、内田樹(たつる)神戸女学院大名誉教授(哲学)らが名を連ねた。


 設立趣意書では「一時の民意に支持された為政者が暴走しないよう、歯止めを組み込んでいるのが立憲デモクラシーだ」と強調。解釈改憲への動きを「安倍政権は憲法と民主政治の基本原理の改変に着手した」と批判して「われわれは運動しなければならない。後の世代に対する責務だ」と表明している。


 呼びかけ人の約半数は、改憲手続きを定めた憲法九六条の要件緩和に反対する学者らが昨年五月に結成した「九六条の会」にも参加。九六条改憲を目指す首相を「立憲主義の破壊だ」などと批判したことで、九六条改憲に反対する世論も強まり、首相が要件緩和に言及する機会は減った。


 九六条の会は法律や政治の学者中心だが、「デモクラシーの会」はさまざまな視点から首相の問題点を追及するため幅広い分野の専門家に参加を呼びかけた。


 呼びかけ人らは十八日に東京都内で記者会見し、設立を表明。二十五日には一般の人も無料で参加できるシンポジウムを開く。会場は法政大市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)。問い合わせは、同会事務局=電03(3264)9380=へ。


今朝の朝日放送モーニングバードで、高村正彦副総裁の「砂川事件」最高裁判決を引用した集団的自衛権行使容認論についての検証をしていた。
憲法で排除していないから、やっても良いという事になったら、政府は何でもやっても良い事になってしまうだろう。
安倍政権の暴走を許していたら、日本は無法国家になってしまう恐れ充分である。

安倍政権の暴走を止める為、「立憲デモクラシーの会」には大いに活躍していただきたい。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1964-4e3c5755

<土佐電気鉄道>消える路面電車「平和憲法号」 抗議受けて

戦争を欲しているのは安倍さんや一部の人間だけだという考え方は もう止めなければならないと思います。少なくない人々が望んでいます。 今まさに昭和初期の、戦前の雰囲気です。 <土佐電気鉄道>消える路面電車「平和憲法号」 抗議受けて 毎日新聞 4月16日  土佐電気鉄道(高知市)は、5月3日の憲法記念日に合わせて毎年走らせてきた路面電車「平和憲法号」「憲法9条号」の運行を今年から中止...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。