Dendrodium 憲法9条 ノーベル平和賞候補に決まる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条 ノーベル平和賞候補に決まる 

「憲法9条」ノーベル平和賞候補に 国際政治への影響焦点
2014.04.12
 戦争放棄を定めた憲法9条を持つ日本国民がノーベル平和賞の候補になった。同賞を長年研究してきた高崎経済大の吉武信彦教授(国際関係論)によると、一国の国民全体が候補になるのは「聞いたことがない」。9条の存在が国際社会に及ぼす影響についての評価が選考のポイントになるとみる。


 「まだ、スタートラインに立った状態」。吉武教授はノミネートされた278候補の一つとなったことをそう表現する。「ただ、受賞すれば世界中の人が存在を知ることになり、国際的な影響力は絶大だ」


 選考はノルウェー国会が選んだ5人の委員が行う。元政治家が務めることが多い。候補を10~20程度に絞り込んだ後、ヒアリング調査を行い、多数決で受賞者を決める。この間、候補者名は公表されない。


 重視されるのは、賞の創設者アルフレッド・ノーベルが平和賞について残した遺言だ。


 〈諸国民間の友好、常備軍の廃止または削減、平和会議の開催や推進のために最大、もしくは最善の活動をした人物〉

 そこに政治的なメッセージを吉武教授はみる。例えば2012年、欧州連合(EU)の受賞。「経済危機に揺れるさなかにあって、統合の意味を再評価しようという意志を感じた」


 では、9条はどうか。吉武教授は、受賞者が日本国民となっていることに「対象が大きすぎるような印象がある」とする一方、「9条を持つ日本国民が受賞することで、国際政治に良い影響を与えると判断されるかどうかがポイントになるだろう」。


 発表は10月10日。過去の受賞者は、個人や国際的な活動をしている団体や機関がほとんどだが、吉武教授は「事前の予想が当たらないのも平和賞の特徴」と付け加える。


 候補への推薦は、市民団体「『憲法9条にノーベル平和賞を』実行委員会」(相模原市南区)が推薦状を送り、ノーベル委員会から受理の通知が9日に届いた。平和賞は個人や団体が対象のため、推薦状では受賞者を「9条を保持している日本国民」としていた。 【神奈川新聞】


憲法9条がノーベル平和賞候補に正式にノミネートされた。
ノミネートされた平和賞候補は278もあるそうではあるが、
我等が憲法9条も、ちゃんとノミネートされた平和賞候補になったのである。
受賞者は「9条を保持している日本国民」だそうである。

安倍総理は絶対に「解釈改憲」などして、
日本国民の栄誉の邪魔をしないでほしいものである。
これから人類が続くかどうかは、世界が平和を守れるかどうかにかかっているのだから・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1959-89f93fb8

4月14日(月)<シンポジウム> 『武器からひとへ~「安全保障費」を問いなおす』

今確実にある危機を救おうとしないで、人殺しの準備など悲しい限りです。 私も軍事費の削減を訴えます。 軍事費に対する世界アクション・デー(GDAMS)  2014 東京アクション <シンポジウム> 『武器からひとへ~「安全保障費」を問いなおす』 【日時】2014年4月14日(月)15:00~17:00 【場所】参議院議員会館 B107会議室 地下鉄有楽町線「永田町駅」、丸の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。