Dendrodium 愛国心を売国奴の専売特許物にしてはならない。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛国心を売国奴の専売特許物にしてはならない。 

ラ・ターシュに魅せられての気弱な地上げ屋さんのご先祖さんで、
明治時代の自由民権運動の闘士の言葉に
「長いものには巻かれるな・・太いものには呑み込まれるな・・愛国心を強制し、報国を義務とするかのようなこの世の空気に異を唱え続けよ・・」
というのがあったそうである。
「愛国心を強制し、報国を義務とするかのようなこの世の空気」とは、
今売国政治家達が子供達に強制しようとしている愛国心教育によって、作り出そうとしているこの世の空気そのもののような気がする。

明治時代は立憲君主主義で、天皇が元首だったのだから、「天皇陛下のために死んで来い」と言うのも、
憲法に違反はしていなかったのだろうけれど、
太平洋戦争の敗戦の時日本は国体を、
時の天皇陛下の号令の下、
連合国の要求である民主主義国に体制変換したのである。
だから今上天皇も常に「憲法を守り・・・・・」と言っておられるのである。

今日本は民主主義国で、国の主人は国民である。
国は国民の為にあるというのが民主主義の立場であろう。

国は国民の平和で文化的な生活を支える為に運営され、その運営は国民によって選ばれた者に委ねるという事で、
定期的に選挙が行われ、選挙で選ばれた代議士で内閣が作られる。
内閣の各省の大臣は、選挙で選らばれたのではない国家公務員(官僚その他)を見張って、
国家公務員が、間違いなく国民の為の仕事をする様導くというのが、民主主義の諸制度だった筈である。

民主主義国に置いては代議士(政治家)も官僚(公務員)も、皆国民の為に働く公務員である。
公務員は国民から政治の代行を任されているだけの者である。
民主主義国に置いての「愛国心」というものは、
絶対君主制の国に置いての愛国心とは、
全然違うものになるはずである。

絶対君主制の国に置いての愛国心とは、何を置いても君主と君主の利益を守る事を、第一とせねばならないのは当然であろうけれど、
民主主義国における愛国心では、国民の為に作られた政府だから、
政府は何を置いても国民の為に働かねばならないという事で、
将来公務員になるかもしれない子供達に、公務員の態度次第で民主主義が廃れていく事を教え、
私達国民の為の国を、何時までもちゃんとした民主主義国に保つ為に、
国民自身が何時も身を引き締めておかねばならないことが、
愛国心であると教えるべきだったのではないだろうか?

未曾有の大災害・東日本大震災の復旧にも、省益優先の悪弊が被災地復旧を遅らせているという情報を聞く時、
民主主義国にも「愛国心」は必要不可欠なものだったのに、
日本人が戦前の愛国心教育を恐れる余り、愛国心教育を等閑にしてきたつけが、
今払わされているのではないかと、私には感じられる。

省益とか組織を守るとかいう言葉で、
警察や各省庁の公務員が「公務員としての仕事を逸脱する悪事に加担する事」を、役所内部で庇い合う風潮があるらしいが、
民主主義国に置いては「こんな事をしていたら民主主義が駄目になるから、公務員は民主主義制度を守る為に、愛国心を持たねばならない。」と言う様な愛国心を育てねばならなかったのではないだろうか?


終戦後の教育者達は、戦時中忠君愛国の掛け声の下、青少年を死の淵に追いやった事が、頭を離れなかったからか、
政府が「愛国心教育」をすると言ったら、「愛国心教育反対」とのみ言っていたが、
彼等教育者達が言葉足らずだった所為で、
現在の日本を担う世代の人達には、「愛国心」は必要ないと思い違いさせられてしまった者が、多いのではないだろうか?

「愛国心は必要だけれど、国とは何かの定義から考え直さねばならない。」と、彼等戦後の教師達は言うべきだったのではないだろうか。
「今日本は敗戦により国の制度が変わったのだから、これからは民主主義国としての愛国心を、考えるべきだ」と主張するべきだったのではないだろうか。

「愛国心教育反対」と言う馬鹿の一つ覚えのような主張から、
今愛国心に憧れる日本の青少年達は、安倍一派のような売国奴でも、
「愛国心」さえ唱えていれば、
安倍等に愛国心があるのかと思い違いするような事態になってしまっている。

馬鹿ウヨと馬鹿にされているけれど、彼らとて日本の事を心配している人達なのである。
彼等も本当に日本のことを心配して、日本のためになる働きをする人を、応援したいと考えているのである。
ここに安倍晋三氏のような愛国心を前面に打ち出す政治家が出て、
日本の国益を無視してでも靖国神社に参拝したら、
靖国神社に参拝する事が愛国心の象徴のように思い込まされている青少年達は、
靖国神社に参拝したと言うだけで、安倍晋三氏のことを愛国者であると思い違いして、丸信じしてしまうのである。

愛国心のお面を被っているから「愛国心」のある人であると思うような単純な青少年達は、
戦前の国民を犠牲にする「愛国心なるもの」に疑問を持って「愛国心教育」に待ったをかけ続けてきた人々を
「愛国心の欠片もない人々」と思い違いしている。
「愛国心教育反対」という言葉不足の標語が、
日本の次代を背負う青少年達を、愛国心を騙る安倍晋三の様な売国奴の、手先にしてしまうという皮肉な事態に。陥らせているのである。

総選挙の時にはTPPには入らないと言っていたのに、
当選したら約束を破って、他国に先んじて迄、グローバル企業の為にTPP交渉を押し進めようとしている安倍政権。

TPPが日本国民の主権を、グローバル企業に差し出すものであるという事を百も承知で、
安倍総理はじめ政府の面々は、現職に留まり続けるために、TPPの不利益を国民に隠したまま交渉を進めているのである。

日本国憲法の前文に「平和主義」を謳っているのに、
解釈改憲なる言葉の下、日本国の国是である平和主義を覆して、戦争の出来る国に変えようとしている安倍政権。
安倍政権は主権者である国民を、戦争中毒国家アメリカの尖兵として差し出す為に、
憲法違反であるのを承知の上で、集団的自衛権行使を容認しようとしているのである。

地震に伴って起きた東電福島第一原発の事故で、原発事故が如何に悲惨なものであるかを、痛いほど知らされているというのに、
地震国日本で再び原発を稼動させようとしている安倍政権は、
原発事故の犠牲者である福島県や近隣県の住民に、放射能許容量を上げる事によって、
原発事故によって、放射能汚染された地域に住み続けさせ、放射能汚染された物を食べさせ続けている。

住民が汚染地域に居住し続け、放射能汚染された物を食べ続けたら、
「東電が被害者の保障料を払わなくて済む」と言う、企業利益を最優先にして、
国民の命や健康を踏みつけにする政策を、安倍政権は推し進めているのである。

その他安倍政権の悪行は語り尽せない程あるけれど、今日はほんの少しだけ例として上げておくけれど、
こんな売国政治家安倍晋三一派が、
厚かましくも、子供達に愛国教育を施すと言っているのである。

売国奴の愛国教育とは、国のために命を惜しむな・国のために死ねという教育であろう。
これは国民の命を宗主国に差し出すに当たって、
国のためと言って徴集をかけたとき、国民が反抗せずに命を差し出す仕組みを作るために他ならないだろう。

民主主義国の愛国心は、「国の為に生きよ」でなければならないと私は思う。
国民が主権者なのだから、主権者が命を捨てて守る国など有る訳がない。
国が生き抜くためには、外交力もあれば経済力もあるだろう、
国民があらゆる知恵を絞って、国民総てを生かす政治を目指すのでなかったら、民主主義国とは言えないだろう。

愛国心を売国奴の専売特許にしてはならない。


民主主義国に置いては、国民の生命財産を業者や外国に売り渡す者を「売国奴」と言う、と私は思っています。



Comments

愛人間心を!

ご承知のように学校には愛校心にはじまって郷土愛から愛国心まであります(道徳)。
 しかし愛憲心というのはありません。なぜでしょうか。これは日教組対旧文部省といった二項対立では解けない問題です。

 よくわれわれは「政府」のことを「国」と呼ぶことがありますが,これは愛国心とは何の関係もありません。またオリンピックなどでは国ばかりでなく地域の参加もあるようですから,愛地域心とか地域歌・旗なども理論的には考えられます。
 そこで地域や都道府県そして日本国を全て含めて「郷土愛」としてはどうでしょうか。例えば限界集落も「郷土」であり,原発立地も「郷土」です。
 
 ところで私が不思議に思うのは,国連旗を掲げない官公庁や政府があることです。国連中心主義で行くのであれば,国連旗も掲揚されるべきです。また,国連歌がないのも不思議でなりません。
 ここまで申し上げれば,アジア旗とかアジア歌などもあってしかるべきだと,予想する方も多いかと思います。

 しかしながら,私が一番問題だと思うのは,「愛人間心」という教育が不足していることです。
 世界中どこかで戦争が起きており,難民がたくさんでている一方で,路上で生活する人がいたり,キャット・フードを食べて命をつないでいる人もいる,経済的に豊かな国もあります。そのどこに「愛人間心」があるのでしょうか。

 皆さんのご批判を賜りたいと思います。

空又 覚造様

コメント有難うございます。
人間愛の事をヒューマニズムと言っていましたね。
でも、ヒューマニズムは人間のみを大事にして、
他の動物を平気で犠牲にする思想だから、間違っているというような説も聞いた事があります。
愛というのは執着であるから、自分たち本位に酷い事もしてしまいかねない所もありますよね。

やっぱり慈悲の心が一番大事でしょうね。

でも、この記事で言いたかったのは愛国心の事でしたが・・・・・

恋いせよ乙女,そして振られたらまた恋いせよ乙女

メルトダウンにもいろいろあるように,ユマニスムも慈悲にもいろいろあるようですが,中学校数学の先生に「定義をハッキリさせてから話をしろ」と言われたことがあります。

 それはさておき,和久様はキリスト教より仏教(大乗仏教)の方がお好きなようです。

 本記事に対する私の意見は,「愛」とは自ずと沸き上がるもので学校教育とか教育勅語で教え込むものではないという謂でした。
 著者はお若いようで,これからが楽しみですが,この若者から「日本国憲法擁護論」を聞きたかったことも白状しなければなりません。

 宗教のこともよく分かりません。しかしいろいろな宗教の方と実際に話をした機会が多いのではと自負しております。ただ一番分からなかったのは,ジャイナ教徒は生卵は食べないという戒律です。鶏肉は食べてもよいが,生卵はだめ。

 なぜ豚肉を食べてはダメなのかとムスリムの方に聞いたこともあります。MH350が今行方不明になっていますが,エア・インディアの機内で牛肉を食べている方々に,「みなさんはヒンズ-教徒なのになぜ食べているのか」と尋ねたこともあります。
 前者の説明はよく分かりませんでした。今では少し分かった気がします。それは生卵が新しい生命を生むからだそうです。之はキリスト教的愛ではありません。
 後者の説明はよく分かりました。「国内ではヒンズ-教徒,国外ではキリスト教徒」であるという返事でした。

 帰国するとき,『カ-マ・ス-トラ』を贈ってくださった方もいらっしゃいます。エロ-ラの彫刻を思い出しましたが,豊穣の神様(花粉がめしべに合体)を讃える意味のか愛の営み(精子が卵子に合体)を讃える意味なのか考えさせられました。

 ところでビ-トルズでしたか,Not war,but make loveと言ったようです。「交戦より交尾を」と訳す方もいらっしゃるようですが,名訳と言えるでしょう。
 かくして「愛人間心」が出てくるような気がします。ついでにドイツでしたか,「恋いせよ乙女,そして振られたらまた恋いせよ乙女」という詩句を思い出しました。
 これは男の子やリケ女についても言えることですが,喩え属国であれ,これからの日本を背負って立つのは,若者のエネルギ-です。大いに恋しながら,大いに合体しながら,米国に一発咬ましてやる若者が出てくることを老トルは期待しております。
 

空又 覚造様

仏教では「愛」とは執着の事であって、
諸愛を解脱する事によって涅槃に入るという教えがあるそうです。

キリスト教における愛とは、仏教で言う「解脱するべき愛」だけではないとは思っていますが、
敢えて、「解脱すべき愛」ではない「愛」と設定したかったので、
慈悲の心と書きました。

慈悲の心とは、「そんな可哀想な事はするな」という心です。

愛国心は自分達の国を守ろうという心ですから、或意味利己心の内に入るかもしれませんが、同朋の為にという心だから、
小さな利己心ではないでしょう。

まず自らを守り、次に家族を守り、その次に国を守り、最後は世界の人々の幸せを守るということなのでしょうが、
省庁等組織の利益の為に、国の未来を蝕む思想を除去する為には、
民主主義国に置いても、愛国心は必要だと思った次第です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1931-1a8cae68

愛国者諸君に問う

http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1931-1a8cae68 本ブログのアクセス解析というのがあるが、アクセスの年

「敗戦前夜の陰鬱」舛添得票は猪瀬得票の48%

『わざとらしい(視覚的に明らかな)不正選挙の痕跡』 2月9日の東京都知事選では、今回何とも奇妙なことが起きていた。 孫崎 享がツイッターで何度も指摘しているのですが、総選挙と一緒だった1年前の猪瀬票(史上最大の434万票)の0・48かけ(48%)が今回...
  • [2014/03/15 10:06]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。