Dendrodium 原発推進・日本の危機は世界の危機

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発推進・日本の危機は世界の危機 

原発の再稼働・新設断念を=安倍首相に公開書簡-ドイツ
 【ベルリン時事】東京電力福島第1原発の事故から3年となるのを前に、脱原発を進めるドイツを拠点とする日本人やドイツ人の市民団体が7日、日本政府に原発の再稼働と新設の断念を求める安倍晋三首相宛ての公開書簡を在ドイツ日本大使館に提出した。
 書簡は、原子力技術輸出の中止、高速増殖炉「もんじゅ」の廃止、再生可能エネルギーの開発促進を要求。また、福島第1原発からの汚染水流出防止、移転希望者への財政支援、放射性廃棄物の適切な処分に取り組むよう促した。(2014/03/07-21:04)


過酷な原発事故が起きた時、被害を受けるのは日本人だけでない事は、
太平洋が広く放射能汚染された事一つとっても明らかな事であろう。
日本は世界の国土面積に占める割合は、たったの約0.25%に過ぎないのに、現在世界中で発生している地震のうち、マグニチュード6以上のクラスの 地震の約20.8%が、日本で起きているそうである。
こんな地震国日本で原発を稼動させ続けるという事は、
日本国民に対してだけではなく、世界の国々に対する裏切り行為でもあると言えよう。

それに政府は今大飯原発を再稼動させようと、原子力規制庁に圧力を掛けているらしいけれど、
大飯原発で福島のような過酷事故が起きたら、
琵琶湖が濃厚に放射能汚染され、
琵琶湖の水は瀬田川・宇治川・淀川を伝って瀬戸内海に流れ込み、
瀬戸内海をも放射能汚染させてしまう事になるのである。

その上、琵琶湖の水は滋賀県民だけでなく京阪神の2府2県(京都・大阪・滋賀・兵庫)の、飲料水に利用されているのだから、
直接的に、これら2府2県の住民は放射能汚染された水を、飲まねば生きていけない事になってしまうのである。
ウィキペディアによると1998年時点で約1,400万人がこの水系の水で生活をしている)

福島第一原発事故に加えて、大飯原発が事故を起こしたら近畿圏の1400万人の住民が、放射能汚染の水を飲まなければならなくなる。
それに加えて、瀬戸内海の海産物が放射能汚染される事態となったら、
日本は完全に終わってしまうだろう事は、誰にでも分かる事なのに、
政府は経済の為という理屈の何所を如何を捏ねたら、大飯原発再稼動などという無茶な選択が出来るのだろう?

日本各地で脱原発デモが計画されているだけでなく、
明日うらしまによるとドイツ・ベルリンでも明日8日にフクシマ事後3周年→風車デモが行われる事になっているそうである。

日本政府も経済界もいい加減に原発抜きで、経済を立て直す取り組みに入ってほしいものである。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1925-45c0f0a7

クリミア半島の紛争を収めるには“協議離婚”の方が合理的  田岡俊次(資料)

『ナチスに協力したステパン・バンデラの顕彰』 『オレンジ革命』で政権を掌握したウクライナのビクトル・ユーシェンコは、2010年の大統領再選時に支持率低迷を打破しようと独立運動の『英雄』として、ステパン・バンデラ(1909〜59年)を称える掟破りの危険な『禁...
  • [2014/03/09 10:16]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。