Dendrodium ネオナチ・スヴォボダ党を応援するアメリカ政府

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオナチ・スヴォボダ党を応援するアメリカ政府 

マスコミに載らない海外記事「ウクライナにはネオナチはいない。オバマ政権はファシストを支援していない。」の書き出し部分に、反政府デモを主催していたスヴォボダの説明が書いてある。
スヴォボダは議会450議席中36議席を擁するウクライナで四番目の政党でネオナチだ。
イギリス国民党BNPやヨッビク(ハンガリーの極右政党)等と共に、彼等はAlliance of European National Movementsの一員でもある。
スヴォボダは、アメリカ政府から直接支援されている。


これがウクライナの政変で活躍した反政府デモ隊の中心的存在であるスヴォボダだそうである。
このスヴォボダ党という党は、安倍晋三一派と何とよく似ている事だろう。

ネオナチのスヴォボダ党をアメリカは支援しているのだそうである。
安倍総理の行動や発言に中韓からだけではなく世界中から、
安倍晋三はナチスのようだとの集中砲火があったのは、そう遠くない昔の事であるが、
アメリカ政府はネオナチである事をはっきりと表明しているスヴォボダ党を、直接支援しているのだそうである。

ウクライナを政変に追いやる為に、ネオナチと手を組んでいるオバマ政権を見たら、
アメリカのオバマ大統領が安倍晋三首相に対して、違和感を表明し好ましくない総理であるとして、
日本人が決めた総理だから仕方なく付き合っているという態度に終始しているのは、
オバマ大統領のパホーマンスに過ぎないという事が歴然としてくる。

オバマ大統領だけでなくアメリカの政権は、民主主義国日本の政府が主権者国民の為になる、まともな政治をさせたくないという点に置いて、一致しているのではないだろうか?
小泉総理は日本の企業を外資に引き渡すべく、あらゆる法策を講じて決行し、
日本の企業が外資の傘下に落ちた後は、外資の収益を上げるべく労働法をどんどん改悪して、日本人労働者の収入を半減させた上に、失業者を大量に創る事によって、労働条件が悪くても就職せざるを得ない環境を整えて、外資の利益誘導要請に答えていた。

安倍晋三を総理に据えたのは、外資が日本から取れる富はあらかた取ってしまったから、
次は外資の為に働くアメリカ軍の兵隊を、日本から調達するのが目的なのだろう。
今安倍総理はアメリカの要請に答えるべく、日本国憲法を強引に解釈改憲してまで、
集団的自衛権という名の兵隊供出法を成立させようと精を出している。

それに加えて、アメリカは安倍が中国と一戦交えてくれたら、アメリカの軍事産業が潤うとの望みも捨てていないのだろうが・・・・・
安倍政権がアメリカにとって上手い具合に、中国と戦争を始めたら、
アメリカは前々から安倍政権に不信を抱いていた。
幾ら日米同盟があるからと言って、こんなネオナチのような安倍政権と、手を組むわけにはいかないとばかりに、
中国の側に立って日本を叩きのめす積りなのかも知れない。

ウクライナを手に入れるためだったら、米欧が大嫌いだった筈のネオナチとさえ手を組んで、現職大統領を追放し罪人に仕立て上げるの米欧なのである。
ウクライナも馬鹿な選択をしたものである。
これから先ロシアが何もしなかったとしても、
ウクライナの新政権が、米欧の思い通りに動かなかったら、
その政権はネオナチとして撲滅される事だろう。

勿論プーチンのロシアがこのまま手を拱いている筈もないから、
ウクライナは米露戦争の戦場になってしまうのかもしれない。

安倍政権の行く末、つまり日本人の行く末も、
悪口を言いながら安倍政権を泳がさせたがっているアメリカの要望に、日本人が黙って従い続けていたら、
我等日本国民は、太平洋戦争末期と同様な目に、再び合わされるのかも知れない。

米欧はその時も、正義漢顔をして、日本を裁く積りなのだろう。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1915-c4e48a47

ウクライナの危機

Paul Craig Roberts 2014年2月25日 2004年、ハンガリーは、黄金で舗装された道路ができるのを期待して、EUに加盟した。ところが、4年後の2008年、ハンガリーはIMFの負債を抱えることになった。ハンガリーのグループ、ムスカ・アンダーグラウンドのロック・ビデオが、EUとIMFの手中に落ちた現代ハ
  • [2014/02/27 00:27]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。