Dendrodium 早春の雪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春の雪 

朝起きたときにはもう雪は数センチくらい積もっていた。
それからお昼近い今迄ずっと、静かに降り続いている。
牡丹雪というほど大きな雪ではない。
こんなのを細雪というのかもしれない。

降る雪や 明治は遠くなりにけり  中村草田男

という俳句が昭和の時代に持て囃されていたが、
現在の私達の心境は
降る雪や 戦後は遠くなりにけり  
かもしれない。

あの悲惨な戦争がなかったの如く、
広島・長崎の原爆投下がなかったかの如く、
政府は戦争容認の輿論になるよう、マスコミを使って煽り続け、
東電原発の過酷事故を経験しても、
毎日大量の放射能を吐き続けている福島県に、県民を住み続けさせているばかりでなく、
原発をエネルギー源確保の為に、必要不可欠な物であるとする、
エネルギー基本計画を閣議決定しようとしている。

原発推進者たちは放射能は無害に近いと言い募り、放射能を恐れた言動をする者を、被爆妄想として精神病院に収容したり(被爆妄想で即入院させられた人の話
原発を導入した元総理の事や、放射能濃度の濃い福島県に、子供達迄住み続けさせようという取り組みをしているグループの代表者を、世紀の罪人とツイッターで罵ったら
侮辱罪で訴えられたばかりでなく、
福島県警は訴えが出たら即座に対応して、
ツイッターの発信主の住む沖縄県にまで出向いて、取調べをするという。

住民の起こす訴訟に対する時には、なかなか動いてくれない官憲が、
放射能無害宣伝グループに対してだったら、即時応戦で応援している。
民主主義国とは思えない官憲の対応姿勢である。

細雪がいつの間にか牡丹雪に近い大きさになって、お昼を過ぎた今も、
雪は深々と降り続いている。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1905-6e0e8df7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。