Dendrodium 絶対権力者は 切れ者? 馬鹿殿?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対権力者は 切れ者? 馬鹿殿? 

北朝鮮で起こされた衝撃的なNO2処刑事件について、
様々な憶測がなされている。(私も一つの憶測をご紹介したのだったが・・・・・)

張成沢氏が死刑にされたのは、アメリカの傀儡となっている軍部の者にそそのかされたからだろうとか、
張成沢氏が金正恩を排除して自分が主導権をとろうとしていたからだとか、
金正日が父親の金日成を殺したのを、張成沢が暴こうとしたからだという説迄あるようである。

本当の所は今後の北朝鮮がどうなって行くかで明らかと成る事だろうけれど、
絶対権力を持つ者がある国では、支配階級の人々はある日突然、思いもかけない事態に身を置かされて、
疑われ試され翻弄される事になるかもしれない不安定な身分であることが露呈した。

日本は民主主義の国だからそんなことは起きないはずだったのだけれど、
急激に独裁者化して来た安倍総理の下、
諸政治家達は戦々恐々の思いをしているのかもしれない。

猪瀬東京都知事が5000万円収賄の罪で辞任する事になった。
猪瀬氏を 徳洲会に紹介したと思しき石原慎太郎氏は全然責められないのに、
猪瀬知事は連日マスコミで叩かれっぱなしであった。

安倍晋三首相の武器はマスコミのようである。
安倍総理が原発推進やアメリカから大量の武器購入を決めたのは、
原発業界やアメリカ財界の応援を得る為だったのではないだろうか?
5年間でおおむね24兆6700億円かけて防衛力の整備をする計画を立てた安倍政権。(こちら
こんな大口の客に失脚等されたら元も子もないから、
業者は持てるマスコミの力を総動員して、安倍総理を応援する事だろう。
という訳で安倍総理は俄かに、絶対権力者の様相を呈してきたのではないだろうか?

こんな絶対権力者の安倍総理がどんな馬鹿な計画を立てても、
周りの者がそれを下手に批判などしたら、
何処で敵をとられるか知れたものではないと、皆戦々恐々なのかも知れない。

莫大な国費を使って国を危険に曝しながら、絶対権力を握るという方法を考え出したのは、
安倍総理自身の知恵なのだろうか?
もしそうだったら安倍総理は、世に言われているような馬鹿などではない。
大変な知恵者であると言えるだろう。

もしかしたらこれは岸信介が孫に残した、
絶対権力を得る為の究極の戦略だったのかも知れない。

もしこれが岸信介の授けた戦略だったとしたら、
安倍総理が知恵者という訳ではないから、
尖閣諸島で中国との間が加熱した時、
安倍総理は上手にすり抜ける知恵を、持ち合わせていないかもしれない。
とすると、日本は大変な危険な状態にあるのかも知れない。

猪瀬東京都知事の更迭を画策したのも安倍総理であるとの観測がある。
猪瀬叩きにはマスコミが総動員されていた。
抗い続けていた猪瀬都知事も、とうとう屈服させられて辞任する事になった。
猪瀬の叩かれ方を見せ付けられるにつけても、
政治家達は安倍総理に邪魔に思われたり憎まれたりする事を、
更に恐れるようになっているのかもしれない。

安倍総理はお頭が祖父ほど冴えてはいないのに、
祖父のワルジエで絶対権力の座に座ったので、
必要な時に必要な知恵が湧いてこないかもしれない。
安倍総理に必要な知恵を、必要な時に授けてくれる者が、身辺に居るのだろうか?

もしかしたら安倍総理は、祖父岸信介の代わりに戦犯として、処刑される運命にあるのかもしれない。
だとすると、巻き添えとなる日本人及び周辺国の人々は災難である。

何とかならないものか。

Comments

最低1000万円以上する会員制ホテルの会員権を所有していた猪瀬直樹

>猪瀬氏を 徳洲会に紹介したと思しき石原慎太郎氏は全然責められないのに、
>猪瀬知事は連日マスコミで叩かれっぱなしであった。


石原慎太郎、集英社に小説売り込むも拒絶される…徳洲会事件で検察が追及の可能性も
http://biz-journal.jp/2013/12/post_3633.html

実は徳洲会と実懇関係にあったのは
前都知事の石原慎太郎であり、
東京地検特捜部の狙いも石原だったといわれている。
しかし石原は、徳洲会からの資金提供を否定するなど
「このまま逃げ切る可能性も高い」
(社会部記者)との見方さえある。


急浮上! 石原前知事と徳田虎雄氏の“親密すぎる関係”1~2
http://gendai.net/articles/view/news/146182


閣僚や石破幹事長はパー券
“徳洲会マネー”
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-23/2013112315_01_1.html


徳洲会マネーもらった猪瀬都知事
なぜ、記載しなかった 収支報告を調べてみると…
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-25/2013112501_04_1.html


石原慎太郎も徹底的に調べた方が良いでしょうね、
真っ黒に近すぎるほど黒ですからコイツは。

都知事は3人続けて素人政治家、
作家が知事になっています、
本当の政治家がなっていません。

下らないオリンピック、パラリンピックが決まる前に、
報道が出て落選してほしかったし、
石原慎太郎が切り捨てた福祉の方が大事です。
福祉切捨て見直しを!
国も福祉切捨て見直しを!

みちのく様

コメント有難うございます。
仰る通りだと私も思います。
しかし今の検察は悪い政治家だから罰するのではなく、
邪魔な政治家だから罰するといった所があるのは周知の事だと思います。

猪瀬都知事は悪いから辞任に追い込まれたのではなく(事実上も相当に悪い政治家だとは思いますが)、用済みだから辞任に追い込まれたのでしょうから、
石原都知事にまだ利用価値ありと見たら、捜査はされないのではないでしょうか?
捜査されるとしたら、石原慎太郎にはもう利用価値がないと(権力が)見たからだろうとしか思えませんが・・・・・
(決して、悪を捕まえるのが目的ではないということで・・・・・)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1856-773b8a35

経済心理学(行動経済学)から見る現代日本の姿

『不確実性や不完全情報からの非合理的な経済学』 今までの伝統的な近代経済学ではアダム・スミスの『見えざる神の手』理論のように、完全合理性を備えた経済人(ホモ・エコノミクス)を仮定してきた。 しかし実際の経済現場では違っている。『神の手』による修正ではな...
  • [2013/12/20 11:22]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。