Dendrodium 南アフリカ、ネルソン・マンデラ元大統領追悼式

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ、ネルソン・マンデラ元大統領追悼式 

マンデラ氏追悼式 オバマ大統領とカストロ議長の異例の握手も
2013.12.11 Wed posted at 11:17 JST
ヨハネスブルク(CNN) 5日に死去した南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領(享年95)の追悼式が10日、ヨハネスブルク郊外の球技場で開催された。「和解のシンボル」と呼ばれたマンデラ氏にふさわしく、世界各国の指導者から国内の一般市民まで数万人が一堂に会して同氏を追悼した。式の最中には米国のオバマ大統領がキューバのラウル・カストロ国家評議会議長と握手を交わすという異例の一幕もあった。

マンデラ氏は27年間に及ぶ獄中生活から解放された1990年、まずここで演説に立った。2010年7月、サッカー・ワールドカップ(W杯)の閉会式で公の場に最後に姿を見せたのもこの球技場だった。

外は灰色の雲が立ち込め雨が降っていたが、場内の人々は踊ったり歌ったり、南アフリカの楽器ブブゼラを鳴らしたりしてマンデラ氏への敬愛の念を示した。市民の中には仕事を休み、席を確保するために長時間並んだ人もいた。

10日はちょうど世界人権デー。南ア政府が設けた1週間の服喪期間はこの日、約4時間にわたる式典でクライマックスを迎えた。

式典は南ア国歌の演奏で幕を開けた。マンデラ氏の遺族や友人、国会議員、獄中での仲間が追悼の言葉を述べると、会場には「タタ(お父さん)マディバ」と、マンデラ氏の愛称を呼ぶ声が響いた。


昨夜のテレビでもマンデラ元大統領の追悼式の様子を映していた。
南アフリカは雨の多い所なのか、それとも南ア国民の涙が雨になったのか、
篠突く雨の中での式典となっていたが、この雨をものともせず大勢の南ア国民が参列していた。
日本からは皇太子様がご出席になったが、
皇太子様に行って頂いて正解だったという感じである。
アメリカからは現職・元を含めて4人もの大統領が出席されたそうである。

式の最中には、普通では有り得ない様な事が起きていたそうである。
日本で一般的にカストロ議長と呼ばれていたフィデル・カストロ氏(87歳)ではないけれど、
その弟のラウル・カストロ・キューバ国家評議会議長とオバマ・アメリカ大統領が握手をされたそうである。
アメリカとキューバのトップが握手したというのは、世紀の大事件と言えるのではないだろうか?

流石マンデラ大統領!
ご冥福をお祈りします。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1849-b6f4cf87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。