Dendrodium デモ=テロ発言は石破茂幹事長の罪悪感の表れ
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモ=テロ発言は石破茂幹事長の罪悪感の表れ 

秘密保護法案:参考人全員が懸念 石破氏発言に批判も
毎日新聞 2013年12月03日 12時51分
 参院国家安全保障特別委員会は3日午前、特定秘密保護法案に関する参考人質疑を行った。意見陳述した3人の参考人全員が法案への慎重姿勢を表明。自民党の石破茂幹事長が自らのブログで法案に反対する市民団体らのデモを「テロと本質的に変わらない」と批判したことについて、日本弁護士連合会の江藤洋一秘密保全法制対策本部長代行は「言論弾圧、政治弾圧に利用される可能性を示唆している」と述べ、廃案にすべきだと主張した。

 新聞労連の日比野敏陽委員長も「石破氏は(ブログを)撤回したが、事の本質が解決したとは思えない。当局が処罰対象を恣意(しい)的に運用するのは確実だ」と懸念を表明。法案にある取材・報道の自由への配慮規定については「捜査当局に配慮してもらうため、『良い子でいろ』と記者に言っているようなものだ」と語り、法案を廃案にするよう訴えた。

 全国地方銀行協会元会長の瀬谷俊雄・東邦銀行相談役は「国家権力に対して、民間までが処罰の対象になるのは疑問だ」と述べ、法案が民間人を処罰対象としていることに疑問を呈した。その上で「国益の範囲を極力絞って、集中的に適用されたらいいのではないか」と述べ、法案の慎重審議を求めた。

 一方、菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、石破氏のブログによる特定秘密保護法案審議への影響について「今後の進行に影響はない」と強調。森雅子同法案担当相は3日の記者会見で「市民のデモは法案の『テロリズム』に当てはまらない。表現の自由は何より大切だ」と説明した。

 与党側は参院国家安全保障特別委員会での参考人質疑を終え、採決の環境は整ったと主張し、今国会会期末の6日までの法案成立を目指している。自民党は3日午前の同特別委理事会で、採決の前提として、4日午前に安倍晋三首相が出席する質疑を行い、同日午後からさいたま市で地方公聴会を開催する日程を提案。野党側は「聞いていない」と応じず、引き続き協議することになった。


参院国家安全保障特別委員会は3日午前、特定秘密保護法案に関する参考人質疑を行った。
意見陳述した3人の参考人全員が法案への慎重姿勢を表明したのに、
もし参議院がこの法案を通すようだったら、参議院議員は何のために参考人質疑をしたのだろう?
日本人の日本人による日本人の為の政治をする為に、
私達国民は選挙で国会議員を選んだのに、
その国会議員達が選んでくれた国民を裏切って国政を放棄し、
あらゆる情報の管理権を外国(アメリカ)に委ねると決めてしまったら、
幾ら日本国民が日本の主権者は我々であると言っても、もう後の祭りになるのだろう。

「特定秘密保護法」では政府が現在何をやっているのか、
国民は殆ど知らせてもらえないだけでなく、
偶々知った政策に驚いて、時の為政者に不満を述べたら、
秘密保護法違反で罰されるのだそうだから、
もう政府がどんな酷い政策を行おうと、国民は何もすることが出来なくなってしまうのである。
秘密保護法の下で日本の情報を統括できるのは、アメリカ政府だけであるそうだから、
秘密保護法の下で日本の政治を決めるのは、アメリカという事になってしまうのである。

主権者国民が怒って「主権者の意思を無視して勝手に外国に政治を委ねるな」と言って、
抗議行動を起こそうとしたら、
日本人はアメリカ政府の意向で動く政府に、何時逮捕されるか分からない状況に追いやられるというのに、
こんな法案に賛成する等、日本国民の代表である国会議員達は。何をとち狂っているのだろう?

石破茂幹事長がデモ隊から聞こえてくる声を、テロであるとツイッターに書いたのは、
特定秘密保護法に反対するデモ隊の出す音が、彼には余程ショッキングな音に聞こえたからだろう
それは彼自身が国民を裏切っていることを知っているから、
国民のデモや抗議の音が、実際以上に大きな音に感じられたのではないだろうか?

国民を裏切っている政府への抗議行動の出す音は、
一般国民には絶対に、脅威とは感じられないと思う。
応援団の出す音でも、敵方の出す音には脅威を感じても、味方の出す音には脅威を感じるどころか、
選手は音の大きさに、頼もしささえ感じられるのと同じ事ではないだろうか?
心にやましい所のある政治家石破茂幹事長には、特定秘密保護法反対のデモの大きな声が、
国民の大多数が自分を責める声のような気がして、
身の置き場がない位に、脅威と感じられたのではないだろうか?

石破茂幹事長は大きな音で圧迫するのは、民主主義的ではないと言っているそうだけれど、
政府が国民を裏切って、国民を酷い目に合わせようとしているとき、
国民の抗議の声が大きくなるのは当然の事であって、
デモの出す音が大きいと言う事だけを捉えて、
暴力的でテロのようなものだと決め付けるのは、
甚だ一方的に過ぎると思う。

特に日本は国民主権を謳う民主主義国なのだから、
政治家が国民の抗議の声を憎んだり、押し殺したりしたら、
それだけで民主主義国の政治家としては、失格であると私には思われる。

特定秘密保護法案が国会を通過して、日本の法律として施行されるようになったら、
石破茂幹事長は自分がどんなに国民を酷い目に合わせても、
デモ隊から攻め立てられる心配は無くなると期待しているのだろうか?

天知る 地知る 己知るなのに・・・・・

如何して、安倍総理や石破茂幹事長は、国の主権を放棄する為に、
あんなにも熱心になれるのだろう?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1841-71118720

「テロ行為」を撤回=大音量デモは重ねて批判―自民幹事長

民主党同様、大きな音に困っているようです。 解決の鍵は自民党が握っていることを今後も伝えていきましょう。 「テロ行為」を撤回=大音量デモは重ねて批判―自民幹事長 時事通信2013年12月2日 テロ行為と本質において変らない絶叫戦術の実例  志村建世さんのブログより -原発関連デモ集会情報-

個人ブログも特定秘密保護法の対象です。

インドのネタジさんから東京で忘年会のお誘いがあって、私ひとつ返事でお受けしました。 そのメールの中でね…気になるコメントがあったんです。 ・・・・・・ 今後重要な情報はすべて海外からとなりそうでとてもいやな予感がしております。 バンガロール在住の雪乃氏はキン
  • [2013/12/03 19:08]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。