http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 安全偽装の常習犯・原発村の歴史
FC2ブログ

安全偽装の常習犯・原発村の歴史 

日本は何時からこんな国になったのだろう?
カレードスコープの記事「富士山噴火と東海地震と原発震災の元祖・浜岡原発 」
を見て、原発製造関係者の無責任さに吃驚してしまった。

今は削除されてしまいましたが、2011年5月当時の新聞には、浜岡原発を造った東芝の子会社で浜岡原子力発電所2号機の設計に携わったエンジニアの告発記事がありました。
という事で、下記記事が紹介されていた。(文字に赤色をつけたのは当ブログ)

浜岡原発の元設計士「耐震強度データに偽装があった」と告発
nifty news 2011年5月13日(金)16時0分配信
「技術者が不完全なものを造るわけにはいきません。しかもあれほど危険なものを平気で造ることなんて…」

目に涙を浮 かべてこう話すのは、千葉県在住の元エンジニア谷口雅春さん(69)。

東芝の子会社である「日本原子力事業」の技術者として、谷口さんは30年以上も昔、 浜岡原子力発電所2号機の設計に携わった。
1970年ごろから神奈川県横浜市にある東芝の工場に出向し、原子炉の炉内構造物の設計を担当。

当時、建設中の 浜岡原発2号機については「炉心支持構造物」という原子炉の中枢部分の設計にかかわり、耐震計算に必要な重量データを集計していた。

“事件”が起きたのは1972年5月だった。

数十人の設計者のうち代表3人だけで開かれた会議に谷口さんも出席していた。
そこで代表者のうちの1人がこう打ち明けたのだった。

「いろいろ計算したがダメだった。この数値では地震が来ると2号機はもたない」

担当者がダメだという最大の理由は岩盤だった。

浜岡辺りでは200年周期でマグニチュード8クラスの大地震が起きているため、岩盤が極めて脆かったという。

「浜岡の地盤はそもそも岩どころか、握りつぶすことのできる砂利の集まったシャーベットのような状態でした。さらに、大地震による断層や亀裂ばかりでぐちゃぐちゃになっていたんです」(谷口さん)

さらに原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が、想定される地震の振動の周期に近いことがわかった。固有振動数と同じだと揺れが何倍にも大きくなる「共振現象」を引き起こし、地震のリスクが激増してしまう。

あまりにショッキングな報告に「建設中止もやむをえないか…」と思った谷口さんの目の前で、先ほどの担当者がこう言った。

「データを偽装して、地震に耐えられることにする」。
2号機は通産省(当時。現在の経済産業省)に設置許可申請を出す直前だった。
谷口さんが振り返る。

「担当者は“岩盤の強度を測定し直したら、福島原発並みに岩盤は強かったことにする”」。

「“固有振動数はアメリカのGE社が推奨する値を採用し、共振しないことにする”」
などと次々と“対策”をあげていくんです」

堂々の“偽装宣言”を耳にした谷口さんは、良心の呵責に苛まれた。

「事故を起こしたら大変なことになるのは明白でした。
技術者として、そんな危険な原発を造るなんてできるわけがありません。
悩んだ末、私が辞めることで何かしら警告になるのではないかと思い、会社を去ることにしたんです」
(谷口さん)

上司に辞意を伝えて自分のデスクに戻ると、耐震計算の結果が入った3冊のバインダーがなくなっていた。

「隠 ぺいが漏れないようにということからか、関連会社の仕事をいろいろ斡旋され慰留されました。
でも、続けていても飼い殺しになるだけ。
きっぱり辞めることを決めました。

しかし残念ながら私の退社はまったく警告になることなく、彼らは原発建設を強行してしまったんです」
(谷口さん)


「浜岡の地盤はそもそも岩どころか、握りつぶすことのできる砂利の集まったシャーベットのような状態で、さらに、大地震による断層や亀裂ばかりでぐちゃぐちゃになっていた。
その上、原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が、想定される地震の振動の周期に近いことがわかった。固有振動数と同じだと揺れが何倍にも大きくなる「共振現象」を引き起こし、地震のリスクが激増してしまう。

こんな地盤の上に、一度発電したら放射能の格納庫となる原発を建設する事等、
日本人なら一も二もなく「無理」と判断する筈だと思うのに、
設計担当の責任者の採った結論は、
岩盤の強度を測定し直したら、福島原発並みに岩盤は強かったことにし
固有振動数はアメリカのGE社が推奨する値を採用し、共振しないことにする等、
「データを偽装して、地震に耐えられることにする」
事だったのだそうです。

現在富士山の噴火が近いのではないかと懸念される兆候が、彼方此方で現れているそうであるが、
電力会社は浜岡原発を再稼動する積りだそうで、
津波対策に高さ18mの防潮堤を作っているそうであるが、
とても津波の圧力に耐えられる強度はないだろう様な、高さに較べて厚さがない、薄っぺらなものだそうである。

津波はもっと高いものが来るかも知れないという事で、
防潮堤は更に4mかさ上げする予定だそうだから、
益々ひょろひょろの頼りない防潮堤になってしまう事だろう。

原発関係者達は安全を確保する気など初めからなく、
只表面を取り繕うて、安全だという事になれば良いという考えに基づいて、
原発を運営してきているようである。

聞けば聞くほど、
現在の日本の原発村の住人達に原発を任せ続ける事が、
どんなに危険な事であるか、
恐ろしくなるばかりである。



Comments

核のゴミ 最終処理場

青森県六ヶ所村では、高レベル核廃棄物の最終処理場を"実験場"という形で、すでに建設しています。

http://www.dailymotion.com/video/x10j2qp_%E6%A0%B8%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%9F-%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%87%A6%E5%88%86-%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%A0%B4-%E3%81%AE%E5%85%A8%E8%B2%8C_news

今後に増加する、原子炉の廃炉から出る核廃棄物や使用済み核燃料を半永久的に保管するための施設です。

もえおじ様

コメント有難うございます。
実験場と言う形で始めているけれど、結局最終処分場にするつもりなのでしょうね。

六ヶ所村の人にとっては不本意でしょうけれど、そういう取り組みをしていると聞くと、ちょっと救われる思いがしますね。

東北に集まる核廃棄物

最終処理場"試験場"に関しては何もないよりは安心ですが、東北全体では多種多様の核廃棄物が大量に滞留する状況となっています。

特に福島県の避難区域では、鮫川村を皮切りに各地で高濃度放射性廃棄物焼却炉が建設されており、処分量が毎時200kg以下という小規模のために、環境評価も適切に行われないまま工事が進められ­ているようです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QU6_jxgDSag


予想された懸念ではありますが、結局、おおやけの議論が難しいこともあり、行き場のない放射性廃棄物が汚染地域に集まることになるのでしょう。

もえおじ様

東北地方は震災瓦礫に放射能が降りかかっているのですから、事態は深刻ですよね。
総ての震災瓦礫を東電の敷地内に置く事が可能だったら、当然そうするべきだと思うのですが、
東電はこれからも無事だった原発を、動かす積りだから、受け入れを拒否しているのでしょうね。

脱原発を選んだらもっともっと。原発から出るゴミの始末は進むのでしょうに、
如何して政府は、原発再稼動にこだわり続けるのでしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1720-ad826ef1

犬が西を向けば、尾は東を向くことを知らない東電や政府

『小学生でも間違わない計算を、あえて間違える日本政府』 経済産業省資源エネルギー庁は1〜4号機周辺に地下水は1日1000トン流れ込み、このうち400トンが破損した原子炉
  • [2013/08/10 09:27]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

8月10-11日 【展示】反原発へのいやがらせの歴史展 (新宿)

おもしろい展示会が予定されています。 昔から反原発派に対しては本当に不思議な出来事が沢山起こってきました。 展示品が充実すれば全国展開できそうなくらいの賑わいになるかも

豪雨の夜明けに

夜中にトタン屋根を激しく叩く雨音で目が覚めた。少々の豪雨なら目が覚めたりはしないのだけれど、眠りが浅かったのか、それとも...。 どこかで雨漏りしていないかと心配になって家
  • [2013/08/04 19:06]
  • URL |
  • ミクロネシアの小さな島・ヤップより |
  • TOP ▲