http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 麻生副総理を許していて、日本の信用が維持できるか!
FC2ブログ

麻生副総理を許していて、日本の信用が維持できるか! 

麻生氏「真意、理解してもらえた」 辞職を否定
 麻生太郎副総理兼財務相は2日、憲法改正をめぐりナチス政権を引き合いに「手口に学んだらどうか」などと発言したことについて「誤解を招いた点は撤回すると言ったので、真意を十分に理解してもらえたと思う」と述べ、国際社会から理解を得られるとの認識を示した。

 麻生氏は1日に発言を撤回。この日の会見では「狂騒の中でナチスが出てきた悪(あ)しき例として我々は学ばないといけないと言った」と改めて釈明した。批判声明を発表した米国のユダヤ人人権団体に陳謝する考えは「ない」とも強調。野党からの閣僚・議員辞職要求についても「辞職するつもりはない」と否定した。

 閣僚らは会見で発言撤回に理解を示した。甘利明経済再生相は「物事をやさしく説明しようとして誤解を招いてしまったのではないか」。他の閣僚も「憲法議論は平静にやってほしいという趣旨。賛成だ」(谷垣禎一法相)、「麻生氏の説明を信じたい」(山本一太沖縄・北方相)と語った。


「ナチスの手法を真似たらどうか」と言っていたあの発言の真意を理解したら、
益々麻生副総理の考え方に、反発するのが当然の様な発言であったのに、
真意を理解してもらえたら、国際社会から理解を得られるとの認識を示し、
麻生氏は閣僚も議員も辞める気はないと言ったそうである。

「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。」 (こちら)
「国民が気づかないうちに、こっそりやっちまえ」と言っている。
まるで盗人がばれずに済む手口を協議しているような言い草である。

この発言は何をどう説明しても、問題ないと理解してもらえる種類の発言ではないと思われるが、
安倍内閣も麻生総理も、此れで一件落着にしようと思っているようである。

ナチスに親和的な者に対して強硬なユダヤ人人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターが、麻生氏の言いわけくらいで引き下がるとしたら、
ユダヤ人人権団体のナチス批判も、袖の下によっては融通をきかせるような、
好い加減なものであるという事になりかねない。
ユダヤ人人権団体がそんなことを言われる事を我慢する筈がないだろう。
そんなことをしたら只の圧力団体に成り下がってしまう。

CSISで水道事業を民営化すると約束した麻生総理を、当てにしているアメリカの経済界が、幾ら我慢しろと言ったとしても、ユダヤ人人権団体があの麻生副総理の暴言をそんなに簡単に許して、矛を納めるとは思えない。
そんなことを天下のシオニストが許すはずがない。
もしそんな理由で麻生氏を許したら、シオニストのユダヤ人への同情は、その程度のものだったのかと、ユダヤ人たちから疑われてしまうだろう。

日本の野党は揃って麻生総理の辞任を求め続けるべきであると思う。
国民を騙して、こっそりと憲法改正をしてしまおうと企んでいる事が明らかになったのに、麻生副総理や麻生副総理を許している安倍政権は、絶対に許されてはならない。
彼等は反国家的政治集団である。

諸外国の日本の政界への疑いを晴らすためにも、
国会は麻生副総理の閣僚辞任、
議員辞職を要求し確実に実行(辞任)させねばならない。

Comments

麻生の今後にかかっている、日本国の国益

日本の政治家の暴言では今回のように撤回して一件落着となるが、
今回は世界規模なので、橋下徹と同じで日本国のイメージダウンは確実です。
しかも橋下は地方政治家だが、麻生は副総理で重さがまったく違う。
居座れば居座るだけ、日本バッシングの絶好の標的になります。
国の為に、大臣だけではなく潔く議員も辞職して引退することが日本の一番の国益でしょう。

宗純様

コメント有難うございます。
>国の為に、大臣だけではなく潔く議員も辞職して引退することが日本の一番の国益でしょう。

全くその通りなのですが、
「日本なんてどうなったって良いんだ」と福島原発事故直後、恐ろしい発言をした甘利などと言う者もいる内閣ですから、
日本の国益の為に物事の判断をするとは思えませんしね。

安倍内閣が総辞職して、国のための仕事をする、まともな内閣が出来れば一番良いのですが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1718-1bacdf80

相変わらず、無用な周辺国に対する「挑発」をやめられない日本の政治家たち

8月に入り、広島・長崎の原爆の日や終戦記念日が近づくにあたり、 日本の国会議員の靖国神社参拝に関する記事が出てきております。 相変わらず、自らの行動が相手に対する「挑発」
  • [2013/08/06 12:17]
  • URL |
  • 名無しのデムパ論 |
  • TOP ▲

絶対命題アプリオリを疑う「麻生太郎は何を間違ったのか」

『疑いなきもの(アプリオリ)を疑う科学』 アプリオリの語源はラテン語の a prioriで『先天的な』『より先のものから』の意味で、アリストテレスやプラトンなどギリシャ哲学では『論証...
  • [2013/08/04 09:38]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲