http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 国家反逆者はスノーデンか、オバマか?
FC2ブログ

国家反逆者はスノーデンか、オバマか? 



スノーデン容疑者出国:米国防長官が中国政府を批判
毎日新聞 2013年06月27日 10時14分


 【ワシントン白戸圭一】米国家安全保障局(NSA)の機密情報を漏えいしたとして訴追された中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン容疑者(30)が香港を出境してロシアへ渡航したことについて、ヘーゲル米国防長官は26日の記者会見で「この問題における中国政府の対応には大変失望した」と、中国政府を批判した。

 ヘーゲル長官は「他に対応の方法があっただろう」と述べ、中国側が香港当局を通じ米政府の身柄引き渡し要請に応じるべきだったとの認識を強調した。

 ただ、ヘーゲル長官は「(米中)関係は一つか二つの問題で左右されるわけではない」とも発言。「米中が共通の国益に向けてともに歩むことが重要だ」と述べ、今回の問題が米中関係に及ぼす悪影響を最小化すべきだとの認識を示した。

 また、長官は「ロシアが正しい行動を取り、スノーデンを米国に引き渡すことを期待する」と述べ、スノーデン容疑者の送還に応じるようロシア政府をけん制した。


スノーデンが漏洩した国家機密とはどんなものだろう?
nozawa22 New!スノーデン(元CIA職員)の機密漏えいにアメリカ怒るにその詳細が書いてあった。
 スノーデンの語ったところによると、
アメリカ政府の個人情報の収集の手口は、
まず、NSAは大手通信事業者、ベライゾン・ワイヤレスの加入者に関する通話情報を収集し、
情報には、電話通話者双方の電話番号、端末の個体番号、通話に利用されたカード番号、通話時刻、通話の所要時間、および基地局情報から割り出した通話者の位置情報、通話者の氏名や住所など。
通話内容に関しても記録・収集することは、認められていなかったにもかかわらず、個人情報を違法に収集していた・・・ということだ。

我々一般人の情報も、気付かぬうちに全部登録されている。
Suica、パスモを使うと、その情報が全部一箇所に集められる。
だれが、どこで何を何時に・・とわかる。
電話も、携帯も、無料ダウンロードで、承認のYesを押せば、情報は簡単に集められてしまうシステムが、米国家安全保障局(NSA)には出来ている。という事らしい。

エドワード・スノーデンが暴露したのは、米国家安全保障局(NSA)が、アメリカ人及び、世界中の人々の電話通信記録などを極秘に収集・監視をして来たという事のようである。

此れまでアメリカはリベラルで公平無私な国であり、
中ロは監視社会で言論の自由がない国である、
と言って、アメリカは自国の優越を誇ってきていたのに、
スノーデン氏が、アメリカが吹聴していた「自由と民主主義の国アメリカ」という宣伝文句が、真っ赤な嘘であったという事を、証拠と共に世界中に知らせてしまったのであった。

アメリカの面目丸つぶれとは言っても、
面目を潰されたのはアメリカ国民を欺いて、勝手な事をしていた政府要人達だけであって、
アメリカ国民にとっては、スノーデン氏はアメリカを正常な国に戻す為に、
勇気を奮った功労者であるとの見方も出来るのだろう。

これは国民を裏切って、危険な原発を推進したり、
未曾有の危機を齎すと分かっているTPPに、国民を騙して入ろうとしている安倍総理の悪徳を、
証拠と共に並べ立てる者が出たとして、
その者が必ずしも国民に対する裏切り者ではないと言うのと、共通する事ではないだろうか?

今のように国民の為ではなく、誰か外の権力者の為に働く政治家だらけの時代にあっては、
国益とは何か?
国家機密とは何か?
が立場によって、真反対の意味を持つ事になるだろう。

どちらが正義で、どちらが不正義であるかの判断の基準は、憲法にあるのではないだろうか?
憲法は誰が主権者であるかをはっきりと決めている。
主権者を秘密裏に害する計画を立てたり実行する者が、
その国家に於いての、悪とされるべき者なのではないだろうか?

という目で見たら、スノーデン氏よりも、憲法違反を犯して国民のプライバシーを侵害している米国家安全保障局(NSA)の方が、悪とされるべき者なのではないかと思われる。
其れなのに、スノーデン氏を悪者として逮捕しようとしているとしたら、
オバマ大統領はアメリカ国民を裏切る者で、正義の士と言うわけにはいかないのではないだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1682-02766b9d

ナンガパルバット国際登山隊の惨劇、辛坊ヨット遭難の無残

『パキスタン観光業を壊滅させた米軍無人機の攻撃』 アメリカの無人機によりパキスタンタリバン運動(TPP)、イスラム武装勢力のナンバー2ワリ・ウル・ラフマンが殺害され、武
  • [2013/06/29 08:42]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

スノーデンを「容疑者」という愚。属国ここに極まれり。

このロイターの写真によれば元CIA職員スノードンは現在モスクワのシェレメチェボ空港内のカプセルホテル内にいるらしい。ご存知のように派遣公務員でしかなかったスノードンはしか ...
  • [2013/06/28 18:59]
  • URL |
  • 黄泉の国から |
  • TOP ▲

アメリカ政府の聖人ぶった仮面が剥がれた後の新たな始まり

Paul Craig Roberts 2013年6月25日 アメリカ政府と、その売女マスコミが、エドワード・スノーデンを巡って繰り広げている大騒ぎを理解するのは難しい。ずっと前から国家安全保障局(NSA)が、長
  • [2013/06/27 22:30]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

マスコミの光と影  読売日本テレビの辛坊さんの「自己責任」と「説明責任」

拡散!!まずはこの記事を読んでください。 ◆【炎上】救出された辛坊治郎さんがブログ全削除で物議 / 出航前に漏水が発覚するも「24時間テレビに間に合わせるため出航したのでは」と...
  • [2013/06/27 15:28]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲