http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 憲法9条改訂を許したら
FC2ブログ

憲法9条改訂を許したら 

前項のなおき様、ネットウヨ様への、ご返事を、ここに書かせていただきます。

今でも結構問題がある、
だけど、今職業右翼を使って、アメリカと、売国政治屋がやろうとしている事は、こんな物ではないから、心配しているのです。
イスラエル、パレスチナの紛争は50年以上、解決を見ないですよね。アメリカの援助がどれだけ、イスラエルに注入された事か!
勿論、戦争続行のための経費としてでしょうが。
アメリカは、イスラエルの大統領が、好戦的な人を応援し続けたでしょうね。陰になり、日向になりで・・・・・
今日本の売国政治屋を、応援し続けているのと、同じように。
戦後の日本での、マスコミ統制とか、反対派の撲滅の為にやって来た事。、様々な手を遣って来ていますね。古くは田中角栄、最近では、手当たり次第ではないでしょうか?(手当たり次第はずっとなのかもしれませんが)
アメリカの要求を入れる者を総理に、反対する者は、様々な手で、政治的に抹殺する。
此れが、ずっと続いている日本支配のからくりなのでした。
アメリカのCIA網の充実振りは,噂に聞かれた事はありませんか?
いつでも、邪魔者を抹殺出来る様に、下調べをしているのでしょう。
どんな聖人君子に見える人でも、一つや二つ、何かネタになることが有るものでしょう。(宇野総理など、30万円払って売春したと言って、総理の座から引き摺り下ろしましたからね)本人に、どうしても見つからない時は、その子、妻、親類縁者誰でもネタに使うでしょう。
何の為にそんなまどろっこしい事をするかといえば、アメリカは民主主義国で、大部分の国民は、公正な民主主義を望んでいますから、アメリカ国民の手前、表面では民主的に振舞って見せなければいけないという、アメリカ政府の事情があるのでしょう。
しかしアメリカの政治を動かしている、財閥たちは軍備、石油、金融で、荒稼ぎし続けるために、政治を牛耳り続けているのですから、アメリカ国民も騙さなければならないのでしょう。
イラク開戦で、アメリカ国民も、政府のからくりに怒り始めているようですね。
だから今度はどうしても日本をかもにしたいのでしょう。
みすみす、武器商人のカモにされていて、良いのでしょうか?

イラク,アフガニスタン等の惨状を、ニュースで聞かれた事はありませんか?その他あまり報道されていませんが、アフリカでも、酷い事が続いているらしいですね。
日本はこれでも、今安倍一派が企んでいる、憲法9条改訂をして、戦争が出来る国にされた後と比べたら、天国だったと言えるほどであろうと思います。
右翼の言動を見れば分かるでしょう?
殊更、中国韓国を極悪国に仕立て上げようとしているではありませんか。
戦争放棄条項を、取っ払ったら、すぐにも中韓に何か理由をつけて、攻め込ませることでしょう。
アメリカは、イスラエルを応援したのと同じように、日本を応援し続けるかもしれませんし、
又、このたびの北朝鮮問題の時と同じように、手のひらを返して、日本非難に豹変してくるかも知れませんね。
いずれにしても、日本にとって、ろくな事にはならない、此れだけは変らないでしょう。
アメリカ軍のために、イラクに行かされる、それくらいで済みはしないだろうと思います。
その為にこその、日本に於ける、米軍再編成なのですから。
自衛隊は、米軍の指揮下に置かれるのですよ!
この事を憂えている、自称愛国右翼を、見たことがありますか?
愛国ではなく、売国右翼と称すべき所でしょう!

Comments

元通りすがりです。

貴殿の言う売国とはアメリカに向かってのみなのですか?
日本には中国に国を売ろうとしてる人も沢山居ますよ?

>>殊更、中国韓国を極悪国に仕立て上げようとしているではありませんか

仕立て上げなくても極悪国ですよ。
チベットや東トルキスタンのことを貴殿は知らぬはずも無いでしょう?

要するに米国や中国がどうのこうのではなく、日本は独立国として自国を守れるように憲法改正を必要としているのです、そして、これはあなたがどう考えようと「自分の国は自分たちで守る」世界では常識なんですよ。

あと、>>戦争放棄条項を、取っ払ったら、すぐにも中韓に何か理由をつけて、攻め込ませることでしょう。

↑今の平和ボケ日本人があの中国に攻め込む?出来るわけ無いでしょう、こういうのを予想ではなく妄想と言います。

憲法改正して核武装をし、自衛隊を軍に昇格させて守りに徹する。
これぐらいの事しか今の日本には出来ません。

平和念仏唱えていても、現実に日本の領土(竹島)は侵略されて取られてしまったではないですか?
次は尖閣諸島を差し出すのですか?

長文失礼しました。




答えになってません

ネトサヨは、どれだけ日本の国民と国土が失われようとも、ただ戦争するなの一点張りですが、ミサイルでドンパチするだけが戦争じゃないんですよ?
だいたい、他国の手によってすでに国民と国土が奪われている、このあきらかな侵略行為に対して、反撃するな、とはどういう了見ですか?
逆に、じゃあネトサヨは、反撃してこない、または反撃する力の無い国になら、日本もどんどん侵略しろと言うわけですか?
相手が反撃してこなければ戦争にはならず、日本人の死者もでないから良いと?
現行法でラチも領土問題も解決できなかった以上、9条改正も当然でしょう。
ただそれはあくまでも圧力を強めるのが目的で、戦争がしたいわけではないです。
こうなる前に日本を外国の脅威から守れなかったのは、左翼も同じですよ?

無知の無自覚

>憲法改正して核武装をし、自衛隊を軍に昇格させて守りに徹する。
>他国の手によってすでに国民と国土が奪われている、このあきらかな侵略行為に対して、反撃するな、とはどういう了見ですか?

まったく、世界の状況が見えてないコメントの数々…無知万歳ですね。
今のアメリカの言いなり政府が守りに徹する訳ないでしょ…
反撃するなとはどういう了見ですかって…;
だから、今の日本の状態は反撃できるでしょ。防衛の為の攻撃は認めてるんだから。
腐敗政治家達の思考操作に完全にやられているようですね。自分のコメントが矛盾だらけな事に早く気付きましょう。狭い範囲でしか見てない事も。(井の中の蛙ですよ)

アメリカは、尖閣諸島、竹島問題に対して「集団的自衛権」だといって日本と一緒に動いてくれそうですか? 動いてくれそうにない、と言うのが私の立場です。アメリカにもアジア諸国にも総スカンくらうなら、日本は苦しい立場におかれるだけですね。

核武装するのが守りだと言うのもおかしいですね。単なる日本の瀬戸際外交北朝鮮化でしかないでしょう。「日本が核を持つ」と言ったとき、アメリカが守ってくれますかね。日本が核を持てば、アメリカの側から日米同盟など破棄で、日本も晴れて「悪の枢軸」の仲間入りです。アメリカから核を買うんでしょうか?

中国・韓国・北朝鮮の犯罪者集団は、軍隊で取り締まれますか? 普通警察の捜査力を高め、海上保安庁の対策強化、税関の強化のほうが先です。自衛隊はその意味では役に立たないでしょう。自衛隊は日本を軍事的な脅威から守るためにあるのであって、犯罪集団の取締りに自衛隊を出すのは筋違いでしょう。自衛隊本来の仕事を手薄にしようとでも言うのでしょうか? だいたい対テロ組織対策は、公安の仕事でしょう。

煎茶様、なおき様

だから、確信犯的な馬鹿なのだろうなと言ったのです。
日本がどこかの国に、侵略されないためですって、現在既に、米軍に占領されているではありませんか。
これ以上、どこが日本を侵略すると言うのですか。
すべて米軍が帰ってから、又は帰ることになってから心配すればよい問題でしょう。
米軍の支配下に置かれたら、日本人が望まなくても、戦争させられる恐れがあると言っているのです。
でなかったら、何の為に日本の憲法改正をアメリカから要請されるとお思いなのですか?
これから、日本において米軍再編をするので、日本の総理は、米軍のために協力したら、地方交付税を余計まわすし、協力しなかったら減らすと、はっきり決めたのも、ひょっとしてご存じない?
中国が悪くても、韓国が悪くても、これらは外国の事です。
世界には良い国も沢山有るでしょうが、悪い国も沢山あるでしょう。いちいち心配していたのでは切りが無いでしょう。
でもアメリカは今尚日本に駐留軍を置いており、しかもイラク戦争という国連も認めなかった(アメリカの戦争でも、認めないと言う事は余程、理不尽な戦争だったからではないでしょうか?)戦争を続行中の国なのですよ。
アメリカがどんな国であるかは、日本にとって死活問題ではありませんか!
その国のやることは、すべて見逃しながら、近隣の国の悪口を、想像まで交えながら悪く言うというのは、裏が有るに決まっています。正常では有りえません。
現に三輪耀山さんが、何故中韓の事を殊更悪く言うかについて教えてくださったのは、読んでおられないのですか?
私が中国や韓国に対しての敵意溢れるエントリーを書くのは何故か?
韓国は見捨てるしかないし、中国を救う力は日本に無いからです。
共倒れにならない為、相手が攻撃して来ても意表を突かれないために。
その為に皆に心の準備をさせているだけです。
[2007/06/02 23:07] URL | 三輪耀山
これは ”現在の社会悪の原因は”に寄せられたコメントの写しです。
 私が中国や韓国に対しての敵意溢れれるエントリーを書くのは何故か?
皆に心の準備をさせているだけです。
とちゃんと書いておられるでしょう?
その理由の妥当性は、兎も角として、殊更敵意を醸成しているという事は、事実であると言っておられます。
 北朝鮮に、日本を脅させているのも、韓国に殊更領土問題を起こさせているのも、アメリカのCIAの手の者の、策謀であると疑う事も出来るのに、そんな事頭から否定するだろう右翼は、やっぱりアメリカのと言うより、アメリカの財閥の手先であると考えるのが妥当では有りません?
何故アメリカが、そんな事をするかと言えば、日本人に不安感を与えて、戦争の気運を高めるためでしょう。
5年前小泉総理が、アメリカに相談なしで、北朝鮮と国交回復をしようとした時、後でアメリカさんにエラク怒られたという事を聞いたことがあります。
日本はすべて、アメリカの手の上でしか、踊れないように出来ているのです。(せめて日本のためを思う人を総理にする事さえ出来れば、今のようにはならなかったのでしょうが・・・)
これ以上、アメリカに若者の命まで捧げる必要は無いのです。
平和、平和というのが腑抜けているのではなく、そんな事も分からないで、不和雷同するのを、腑抜け、馬鹿というのです。
ネットウヨが、郵政選挙で、小泉売国内閣を勝たせたのも、今の窮状の原因の一つだというのに、そのことも反省しないで、またまた安倍内閣支持に回ったならば、今度こそ取り返しがつかなくなるかもしれません。
その時は、間違っても、人の所為にはしないで下さいね。

わこさま。

[2007/06/06 17:36] URL | 通りすがり [ 編集 ] TOP ▲

の「通りすがり」は、新参者です(笑)。よろしく。

よく見たら別の「通りすがり」もいたんですね・・・。

ややこしくして、失礼しました。

わこさん、仰りたいことよくわかります。

さまざまな事実はともかく、心情的に、日本人がアメリカに敵対心を持つのは当然だと思います。持ち続けるべきだとすらおもいます。

そもそも、日本はアメリカに痛めつけられて負けたのです。日本の非はあったにしても、原爆まで落とすとはアメリカは非情な国としかいえない。

アメリカが憲法改正をしきりに言うのは、日本人に戦争のことを、原爆のことを忘れてほしいからではないでしょうか。マッカーサーをはじめGHQの人々は、日本人の立場に立つことのできた稀有なアメリカ人たちだったのではないでしょうか?日本人と接するうちに、心を変えたのかもしれません。

場合によっては皇室典範改正論議すら、戦争の記憶を日本人からなくすためのアメリカによる画策ではないかとすら思えてきます。天皇と戦争は良きにしろ、悪しきにしろ、関連していますからね。

小泉氏は「皇室は最大の抵抗勢力」と言ったと言われていますが、アメリカの手先らしい発言かもしれないと思わずにはいられませんね。

天皇を仰ぎ見ることで、戦争体験を思い出し、過去の反省とともにアメリカの非情さを思い出しましょう、というのがよいのかもしれません。同盟関係とはいえ、できることとできない事があるべきなのが、大人の関係ではないでしょうか?

それこそ、世界が反目するかもしれない暴君アメリカとの「心中」は避けるのがベストと思います。

>>今のアメリカの言いなり政府が守りに徹する訳ないでしょ…

だから変えていかなければならんでしょう。
何所の国の言いなりにもならない日本を目指すのがそんなにおかしい意見ですか?
今すぐ無理でも、今から始めるべきだと思うのですよ。
その為にはアメリカ無しでは全く国防が成り立たない今の憲法は改正しなければなりません。
憲法9条は日米安保が無ければ成り立たないのですから、米国無しで国防も成り立たない国が米国にモノ言えますか?

米国の手先にならない為には自国で自国を防衛するという「当たり前」の事が出来なくてはなりません。

それと、憲法9条は交戦権すら認めていませんよ。
政府が憲法に反する見解を勝手に曲げて取り繕ってるに過ぎない。
交戦権が無いという事は国際法で認められている権利が日本には無いという事です。
竹島が不法に占領された時、日本は防衛の為の攻撃をしましたか?
この先中国が尖閣諸島に進出しても防衛の為の攻撃はしませんよ、また米国も日本の為に中国と事を構える気は無いでしょう。

貴殿も管理者殿も都合の悪いことには一切コメント返さないのですね。

わこ 様

確信犯的な馬鹿ですか・・・
手厳しいですね。

米国に既に占領されているのに米国の支配下に置かれたら戦争させられる恐れがあるとはどう言う意味か解りません。

>>中国が悪くても、韓国が悪くても、これらは外国の事です。

あのですね。。。地理的状況くらい加味して下さい、中国や朝鮮は領土を接する隣国ですよ?・・・・
遠くの外国のお話ではないですよ?
そりゃスペインとか、ポルトガルの様な領土問題の起きる可能性が極めて低い遠く離れた国なら仰る通りかもしれませんが・・・現に中国は尖閣諸島周辺の日本の領土でガス田の盗掘を行ってますし、韓国は竹島を不法に乗っ取ってますよ?
この事が「外国の話」ですか?

コメント有難うございました

うろこ様[色:3300F
ホローを有難うございます。
先のコメントに返事を書いている間に、来ていましたので、お返事が後先になり済みませんでした。
これからも宜しくお願い申し上げます。
[色:0000FF]煎茶様[/色]
この前のコメントで、書いているでしょう?あれもアメリカのCIAの謀略かもしれないと言う見方も出来る。と
兎に角疑ったら切りが無いのが、この世でしょう?どこを疑うかに個人差がでますよね。
だから私には、あのアメリカを一切疑わない右翼は信用ならないと言っているのです。
信用できない国が居座っているのに、此れまで再三憲法改正をさせたがっていたアメリカの言いなりに、憲法改正をしたなら、アメリカの思う壺になることは火を見るより明らかなのに、どうして自分の首を差し出すような憲法改正などしたがるのでしょう。
独立国になるためなど、お得意の馬鹿国民(と彼等は思っているに違い有りません)騙しの手に決まっているではありませんか。
政府が改正すると言って変えた制度で、どれほどこの国が良くなりましたか?
良くなったと言う人など一人も有りませんよね。悪くなったと言う人は5万と居るけれど・・・
それなのにどうして1番大事な憲法を彼らの言いなりに変えたがるのですか?だから失礼だけど馬鹿じゃないかと思ってしまうのです。
勿論中国韓国は国境を接しているから、他の国とは違いますが、アメリカが居座っていますから、アメリカの横取りをするほどに、行動を起こすことは無いでしょう。アメリカは日本を守っているのではないのですよ。自国の利権として、囲っているだけなのです。此処を思い違いするから、変なことを言うようになられるのではないでしょうか?
[色:0099FF]通りすがり様[/色]後になって失礼しました。コメント有難うございます。
道理で、今回は言っておられる事の様子が違うなという気がしていました。
私も同感です。ホロー有難うございました。
[色:6600FF]mx様[/色]
本当に、アメリカとの心中になる恐れだってあるでしょうね。
そんな事にだけはしたくないですね!

わこ 様

あまり連投するのも荒らしみたいですし、此れぐらいにしておきますね。

ただ、誤解しないで欲しいのは私はアメリカと言う国を疑わない所かハッキリ言って嫌いですし疑ってます、日米安保すら実際有事には極めて怪しい。

そしてその嫌いな国無くして国防の成り立たない日本が情け無いのです。
米国を悪く言いながら米国無くして安全保障が成り立たない、これではお話になりません。

日本が主権国家として米国にYES、NOをハッキリ言える国、中韓の侮りや侵略を許さない強い国になって欲しいと思うだけです。

連投・長文が続き失礼致しました。
この件に関しましては以後書き込み
を控えさせて頂きます。


疑問点

初めまして。acoさんのブログからコメントをたどってやってまいりました。
ひとつ教えて下さい。あなたが売国政治屋とおっしゃっている方々は、なぜアメリカに日本を売ろうとするのでしょうか?それがどうして国益に適うことなのでしょうか?

ものには順序がある

仮にアメリカを敵としたところで、じゃあ、米中朝(韓含む)を同時に相手に出来るんですか?
それとも、ラチ、竹島、慰安婦問題も解決しないまま、中朝を放置、あるいは協力して米に対抗するとでも?
まさか中朝の言うことを無条件に受け入れろとでも言うのですか?
米にも中朝にもとてつもない額の金を使わされている。
が、中朝にはそれに輪をかけてさまざま被害を受けている。
なら、米の前に中朝の問題を解決するのが当然でしょう。
米を心から信頼などしていません。
しかし、中朝以上の被害を与えられているとは思えません。

 竹島問題でも、武力以外の手段を探すべきであり、最大限、犠牲のない方法を探し続けるべきでしょう。その姿勢がないなら、政治家失格であり、能力がないので政治家をやめてもらうしかありません。政治の世界は甘くないのです

 よしんば竹島に対して自衛隊を使ったとして、どのような戦法があると言うのでしょうか。勝てる戦い以外しないのが当たり前でしょう。どうやったら勝てるのですか? どんなシミュレーションがあるのでしょうか?

 日米同盟は否定はしませんが、9条とセットになってはじめて日本の国益が守られます。日本が兵力を出さなくていい口実ではないでしょうか。日本も相応の「命の」負担をと言うのは、ナンセンスです。そもそも、戦争をやり始めるのはいつもアメリカです。

 日本が戦争を起こし始めるならともかく、アメリカの戦争にいつもつき合わされているのは日本ではないでしょうか。結局、金を払うのは日本です。そんなに言うなら、アメリカも戦争などしなければいいのです。

コメント有難うございます。

煎茶様
仰る事は、私も以前思っていたことの有る考え方なのですが、憲法を改正しても、日本にアメリカ軍が駐留している限り、独立は出来ないだろうという事に最近気が付きました。
米軍を再編成させて、自衛隊を米軍の指揮下に置く事を、気持ちよく了承する、総理と外務省しかない国に、自主防衛と称して、米軍に帰るよう働きかける事など、期待しても又、又裏切られるだけのような気がするのです。
東の回廊様
私は、只の超熟年主婦で、人にものをお教えできるような者ではありませんのでので、一つの意見として、お聞きいただきたいと思います。
日本の総理大臣は、国会議員の中から選ぶことになっていますね。
国会議員たちは、それぞれ出世欲を持っている人たちでしょう?(以前小泉総理が、総裁選に負けたとき、ある記者から「そんなに総理に成りたいですか?」とマイクを向けられた時、「成りたいね~、政治家なら誰でもなりたいでしょう」と、済まして言っていたのが、印象に残っています。)
小泉総理が郵政民営化を唱えだしたのも、日本の為にならないことを、百も承知の上で、此れを持ち出したら、アメリカが、自分を、総理にしてくれると読んで、言い出したのではないかと思えるのです。
小泉総理にとって、郵政民営化は、国民に対する公約と言うより、アメリカに対する、公約だったのではないでしょうか。
そして、アメリカの要望を拒む政治家を総理にする事は、あらゆる謀略を使っても、拒む。(何度も書いた事ですが、田中角栄、宇野宗佑元総理、そして、総理に成りそうな、日本の事をアメリカより大事にしそうな政治家潰し。)
これが、日本の国益にならないことをやる、政治家が続出する原因であろうと思っています。
昔は、野党が反対するから、アメリカの思うようには行かない事も多く、(日本の政治家も、それで国益を守ることも出来たという、利点も有ったのではないでしょうか?)
ところが、年次教書という、とんでもない要求(此れについて書きました私の記事TB欄に入れておきます。)を受けさせられている時に、小泉総理を、フィーバーが起きる位に、人気者にしてしまう、馬鹿な日本人(恥ずかしながら私もその一人だったのです)
そして郵政選挙で、小泉自民党(アメリカの利権屋の手先達)にフリーパスを与えてしまったというわけです。
今安倍総理が、このフリーパスをどんどん利用していますね。
此れも私達日本人が、もう少し賢かったら防げた事ではないかと思うのです。
と言うわけで、日本の売国政治家は、日本の国益に叶うから、国を売るなど、そんな発想は、始めからする人種ではないのだろうと思います。
なおき様
私は、根っからの平和主義者なのです。
武力でアメリカを追い返せなどと、言った事も、思ったことも有りません。
幸いアメリカは民主主義の国です。
だから、米政府も、日本の議会で決まった事を強引に変えさせる事は、アメリカ国民の手前、する事は出来ないでしょう。
だから、私達国民が、もっともっと賢くなって、売国政治家の企みに乗せられないで、選挙の時の、間違えた選択をしなかったら、アメリカも暴走する事は、できないだろうと思います。
竹島問題にしても、北朝鮮問題にしても、日本の右翼を応援して、憲法改正させるのに、CIAが仕組んだと言う見方も出来ると書きましたよね。
こう考えて生きますと、竹島尖閣諸島の問題を優先させる事によって、国を誤らせる事になる恐れもある、という観点に立っても、吟味しなければならないことかと思いますが?
それから、日本が中朝に攻め込むのではなく、アメリカが戦争の火蓋を切っても、後になって「此れは日本の為にしてやった戦争なのだから」と、イラクのように泥沼化したときに、米軍に引き揚げられたら、日本はにっちもさっちも行かない状態にされる、という事を想定しておかなければならないと思います。
従軍慰安婦問題にしても、安倍さんの発言は、問題ありますが、この情勢の時に何故アメリカが、あの問題を持ち出したかを考えた時、明らかに北朝鮮の拉致の罪の印象を、薄めて、日本に拉致被害を、言えた義理かと、牽制する為だったとしか思えません。
安倍さんが、拉致問題で、もっと潔く、日本の非を認め、既に反省しているし、あれは60年以上も前の日本国民にとっても、不幸な戦争であったと言う態度を取っていたならば、拉致問題も、手を緩めずに済んだのではないかと思っています。
悪いことを悪いと認めて、初めて人は信用してくれる、というのは、国際問題でも同じだと思います。
竹島問題は、外交努力で何とかするという決心を、日本人は持った方が、余程賢いと思います。
日本が馬鹿にされるのは、アメリカに好いように操られているからで、日本の政治家が、主体性を持って、人間としての常識を備えた行動を取り、日本の国益を守ることに徹するならば、馬鹿にされなくなると思います。
馬鹿にされるから、武力をなど、日本の立場で取るのは、最低の選択だと思います。

通りすがり様

コメント有難うございます。
お返事が後になってすみません。
仰るように、右翼かぶれの人たちも気付いて、下さると良いのですが。

中韓以上の被害

横から失礼します。
日本の負債は800兆円という膨大な額で、このままでは近い将来破綻だってあり得ます(夕張市は人ごとではありません)。
そのうち100~300兆円は米国国債の買い支えに使われているという情報があります。機密扱いなので正確な数字はわかりませんが2003年だけで30兆円以上の米国国債を購入「させられ」ました。しかも事実上、売ることは許されません。橋本首相の時代に「売りたいと思ったことがある」と言っただけでダウが大下がりし、それ以来もう日本の政治家にとってはタブーになっています。
そのほかにも、軍事関連の多額の支出を強いられています。日本の財政逼迫の大きな原因という意味では中韓など問題にならないでしょう。
  • [2007/06/07 07:43]
  • URL |
  • 通りすがり2号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

通りすがり2号様

コメント有難うございます。
私もその話聞いたことがあります。
この記事のTB欄に”阿呆宮の秘密”というのを載せておいたのですが、
全く酷いものですね!

話し合いができる相手ですか?

日本が米の植民地などと針小棒大にものを言うのに、なぜラチ、竹島などの事実をそのまま言っても大問題なことは放置していられるんですかね?
話し合いが通用しないからこんなことになっているんですよ?
昨日今日問題にし始めていきなり9条改正を持ち出してきたとでも思っているんですか?
話し合いにも実質応じず、さらに対馬まで自国領だと言い出してるんですよ?
一体政府がどんな不手際をすればこうなるんですか?
もし政府のせいなら、サヨは喜んでそれをネタに政府を攻撃するはずでしょう。
それが無いのだから、政府のせいではないはず。
だいたい、米の意見を通すのが売国というのがおかしい。
戦後日本が武装解除してから今まで、米軍のおかげで日本が守られてきたのは事実。
そのせいで今後他の戦争に参加させられる可能性というのはまた別の話。
米とは、五分ではないにしても、お互いの利益のために協力しあえる相手です。
それとは反対に、倍賞やODAなどで日本から金を巻き上げ、さらには竹島、対馬、尖閣諸島などの領土まで奪おうとするのが中朝です。
これをよく米と比較できますね。
日本と米がよほど憎いんですね。
馬鹿の一つ覚えで話し合いをと繰り返すが、具体的な中身はない。
9条改正=戦争と思うならなおさら、9条に類する法律を持たない国から、いつ攻められてもおかしくないということになりませんか?
それを防ぐために武器をちらつかせ、牽制しあうしかないのが現状でしょう。
それで戦争になるならとっくに世界大戦になってます。
すくなくとも、日本だけが武器を捨ててもなんの解決にもなりません。

武力で解決することが国益になる事案、反対に交渉のほうが国益になる事案、それぞれあると思います。

私は、北朝鮮関連の問題については、交渉によらなければ国益にならないと考えています。北朝鮮と戦うことがどれほど有利にことが運ぶかよく考えましょう。

北朝鮮や韓国ばかりが世界ではないのですから。どこの国も、日本の思うとおりに、動いてくれませんよ。

他国の領土で戦うようなことをしなければ、日本の「国益」にならないと思われます。自衛戦争は国益とは違うものです。

そもそも他国との戦争を放棄したのですから、その点での「国益」などは最初から求めていないはずです。

当然、戦争をしても竹島を取り戻したいとお考えなら話は別です。ただ日本国民すべてが納得できるかどうかはきわめて疑問でしょう。

ガス田の問題にしても、竹島の問題にしても、「死んででも取り戻したい」と思わない限り、日本国民の総意が動くとは思えません。

むしろ、「まともで、交渉上手な政治家」を選挙で選びたいと思います。ボンボン総理では役に立ちません。

「死んでも竹島を取り戻したい」と思われる方は、独自に特攻なさってみてはいかがでしょうか? 私はその結果に責任は持ちません。

お礼と追加の質問

わこ様、ご丁寧な回答ありがとうございました。
わこ様のおっしゃるとおりだとすると、この先、アメリカの手先でない政治家が首相になるのは大変困難なように思えます。それに対して、我々はどのように対処していけばよいとお考えなのでしょうか?わこ様のご意見をお聞かせ下さい。

中朝のいいなりの首相よりは良い

仮に中朝のいいなりの政権になったら、竹島、対馬、尖閣諸島、沖縄は即持っていかれますよ?
「死んでも竹島を取り戻したい」と~ありますが、やはり取られたものはそのままくれてやれ、というのがサヨの意志なんですね。
そうして徐々に日本の領土を奪わせていくのが目的なんですね。
9条改正を外交カード、圧力の一つとは考えられず、意地でも=戦争と言い張ることといい、気味が悪いです。
まさに売国以外のなにものでもない考え方ですね。
ついに本性を現しましたね。
領土を奪われた国家に対して、犠牲を出したくなければ泣き寝入りしろ、との脅迫とは、正気ですか?
簡単に国益などと言っていますが、自国の領土を奪われていくことでどんな国益が生まれるんですか?
あなたの言う国益とは、中朝の国益であって日本の国益ではありません。

今の自民党では、なおさら帰ってこないでしょう。

交渉力の弱い自民党ではだめですね。

コメント有難うございます

なおき様
貴方は日米構造協議のことを聞かれた事はないのですか?
日本に600兆円以上の、公共工事をするように迫ってきていたのだそうですよ。海部内閣の時です(宇野総理が、売春問題で3ヶ月で辞任した後の内閣です)この事は、以前にも一寸書いたものがありますのでTB欄を御覧いただけますか?(阿呆宮の秘密)
私はパソコンがまだ使いこなせていませんので、TBに入れるしか出来ないでいます。
 強引な公共工事、諫早湾干拓工事のため、豊饒の海と言われた有明海は、今漁獲量が,工事前の3割くらいしかないようになったということです。
諫早では、広い砂浜で、取り放題だった貝やその他の無限に近い海産物を、取り上げられただけでなく、今も死んだ海の臭気に満ちている事でしょう。(この記事もTB欄に入れておきます)松岡農林水産大臣が自殺しましたが、彼の故郷熊本県にも、有明海は面しているのです。
林業汚職の事だけでなく、水産大臣としてこの事を漁民から、責められた事も、自殺の原因の一つだったのではないでしょうか?
この有明海だけでも、竹島の何倍の損失になっているか知れません。
 それから私は、政府が工作したなどとは、言わなかったと思います。
アメリカのCIAの工作の可能性も有ると言ったのです。
韓国に有る統一教会(安倍総理が、祝電を打ったと言って、問題にされていますね)あの団体は、宗教と言うより政治の団体ではないかと聞いたことがあります。
昨年国連事務総長に選ばれた人も、統一教会の関係者だと言う事ですよ。
だから日本の右翼に、韓国人が大勢いると噂されているのでしょう。大体反日と言う表現が、日本人のものではありませんね。
反日とか、反北朝鮮とかは外国人が憎んでいる相手国をさして言う言葉でしょう
 私も若い頃からずっと、日本はアメリカから守ってもらっていると思っていました。
勿論アメリカは自分の子分の日本を、他国から進攻されないように、見張り続けてきました。
でもそれは、家畜を飼う人が、大事な家畜を外敵から守るのと、よく似ていると思います。
牛等飼う人は、よく太らせて、時期が来たら絞めて食べようと思っているのです。(日本は鶏かな?産むだけ卵を産ませて、産み方が減ってきたら、絞められるという)
 郵政民営化、三角合併、年次教書その他もろもろ、皆アメリカの要請によって、日本の売国政治屋によって、実行された事です。
このため豊かだったはずの日本は、正確な数字は知りませんが、約800兆円の国債を抱え、年金を破綻させられそうにまで、使い込む事になっているのです。
はっきり言って、竹島、尖閣諸島の比ではありません。
此れでも動かないかと、彼らは対馬まで持ち出して脅しをかけているのですね。
彼らの最後の狙いは、日本人の命に違いありません。
保険金詐欺では有りませんが、武器を消費するためには人を殺す必要があるのです。因業な商売ではありませんか武器商人とは!
私が地獄の手先になって、この世を地獄に化すために、命をす捨てると言ったのは、この事なのです。
鼎の軽重を問うてみてください。
東の回廊様
私に思いつく事と言えば、選挙で売国政治家を出来るだけ阻止する事と、憲法9条の効力(アメリカがこんなにも変えさせたがっていることから見ても、憲法9条の効力は絶大なのだと思います。)を、よく認識して、絶対に改憲させない、という事しかありません。
少なくともこれ以上悪くしない、という気持ちで対処しなければ、もっともっと悪く
、果てはイスラエル、パレスチナ、イラク、アフガニスタン・・…の様になりかねないのではないでしょうか?
恐ろしい事です!
そして一般のアメリカ人が、公正と信義を重んじる人達だった事は、日本にとって、まだまだ何とかなるかも知れないという希望を持たせてくれる事ではないでしょうか。
通りすがり様
いつも有難うございます。
天木直人さんが、本に書いておられましたが、今の外務省は、かなり程度が落ちているようですしね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

例によって全く答えになってませんね

日本から金を巻き上げたり兵器の開発・販売が米の専売特許ということにしようとしてますね。
中朝の国益のための活動だから仕方ないですが。
竹島・尖閣諸島の比ではない?
その損得勘定で出した答えが日本を中朝に売り渡すことなんでしょう。
領土不法占拠の放置、同盟国ともいえる米への攻撃、他さまざまな内政干渉をしてくる中朝への支持、そして実はなにかにつけて戦争戦争と騒ぎたてるのもあなた方。
なに一つ日本のためになることなど無いですね。
戦争になるくらいなら領土なんかいらない?
こんなバカな国家がどこにあるんですか?

続けても宜しいでしょうか?

わこ様、回答ありがとうございます。仮にあなたのおっしゃるとおりだとしら、日本は既にアメリカの属国となっているということです。また、アメリカの言うことを聞かない政治家がことごとく抹殺されているとしたら、それは既に民主主義も崩壊しているということです。であれば、選挙という民主的な手段に訴えても無駄であるといっているように聞こえます。

コメント有難うございます。

なおき様
私にはもう貴方に、何も申し上げる事はありません。
これまで言った事を、繰り返すだけでしょうから。
でも、小泉の郵政選挙を勝たせる原動力になった、若いネットウヨなる人たちは、今日の日本の現状を何と見ているのでしょうね。
東の回廊様
前にも書いたと思いますが、一口にアメリカと言っても、アメリカ政府と、一般のアメリカ人とでは、考え方がかなり違っていると思うのです。
日本において、国民と政治家達とかなり違っているのと同じように、というより、もっと違っているのかもしれません。
だから、アメリカ人は日本に民主主義をもとめたのでしょう。(イラク戦争の時も、イラク人のための民主化を謳い文句の一つにしていましたよね)
だから一般の民主主義的気風の人たちの手前、日本の国会が議決した事まで、横槍は入れてこないと思われるのです。だから野党が強かった時には、今ほどアメリカの要求は、あからさまではなかったのではないでしょうか?
そして、そのためにこそ。アメリカはCIA網を駆使して、日本の政治を操る、涙ぐましい努力も、必要となってくるのでしょう。
此れも、日本人がもっと賢くさえ成れば、日本にとって必要な政治家潰しに加担せず、日本のための政治をしてくれる政治家を選ぶことも可能になるのではないでしょうか?
今衆議院に於いて与党が過半数を大きく上回るようになって、このまに法律改正をさせて、アメリカの金融が、乗っ取りやすい仕組みづくりをしたり、自衛隊をアメリカ軍の配下に置いたりと、大急ぎで、安倍総理の自民党は、法律改正をやっているではありませんか。
此れは、(今のうちにという態度を見れば)選挙の効用が有るという証拠であろうと思います。
その点全体主義の国に駐留されていたよりはどんなにかましだっただろうと思っています。
でも、本当の意味での自由は、日本には今無いのだという事も、又事実でしょう?安倍さんの強行採決による法律改正の目的が、全然日本国民のためを思っているものとは思えない物だらけなのですから。
戦後の日本は、与党と野党との綱引き関係がうまく行っていたから、日本人にとって住みよい国にする事が可能だったのだと思います。
ある時期から急に、世論が変わってきたような気がします。
バブル崩壊による長い不景気で、苦労し続けていた国民に、右翼の働きかけが、現状打開の良策のように映ったのでしょう。
でも現実は、やっぱり・・・・・

難問です。

つまり、日本の大衆もアメリカの大衆も賢くならなければいつまでたってもアメリカ政府とその配下の日本政府とに牛耳られ続けるということですね。
では、大衆が政府高官より賢くなるためにはどうしたらよいでしょうか?

大衆が政府高官より賢くなるためには、憲法教育が義務教育の段階で徹底されることです。政府は意図的に、教師は反対ばかりで、子供に教えると言うことをやってこなかったのです。

愛国心の欠如が問題だと言う人が増えてきましたが、そもそも日本国憲法をきちんと教育しておけば愛国心の欠如はなかったものと思われます。

国民の行動や思想・文化、経済活動の規範になる憲法に対する教育が希薄になればなるほど、国家の活力および世界に向けての発言力は失われると思われます。

では最後に

竹島を取り戻すのは損にしかならないから捨てる、というなら今の年金問題も、これから時間と税金を使うくらいなら、正確な受給を受けられない人に泣き寝入りさせたほうが得、というのがサヨの本音になりますね。
それとも、竹島で生活の糧を得ていた人々は、韓による度重なるダホと殺害によってすでにいない。だから無視しても平気。
しかし年金問題は、今無視すれば支持されなくなるから、ポーズとして取り上げておく。
こういう損得勘定ですか?

それと、なぜ一時与党になった社民がまた政権を奪われたか?
熟年と仰られてますから知らないということはありませんよね?
このことについてぜひお聞かせください。

今まで親切にお答えいただきありがとうございました。

矛盾

mx様、お答え下さりありがとうございます。そして、わこ様、このような場を提供下さりありがとうございます。

私もmx様と同じ『尊皇護憲』の立場を取る者ですから、仰りたいことは良くわかりますし、全くそのとおりだと思います。しかし、実際に実行するのは難しいと思います。

Q:大衆が政府高官より賢くなるには?

A:義務教育段階で憲法教育を徹底する。
・政府や教師は憲法教育をしてくれない。(場合によっては間違った憲法観を教えることもある。)

義務教育段階で正しい憲法教育を行うには、各家庭や私塾に頼る必要がある。

各家庭や私塾の憲法観が正しいとは限らない。(むしろ千差万別であるのが自然)

本当に正しい憲法教育をやろうとすると、政府主導で思想を統一する必要がある。

しかし、そんなことするとアレルギー反応を起こすマスコミ&大衆の猛反対を食らうので、実行できない。

結果、国力はどんどん弱くなっていく。

>東の回廊様

Q:大衆が政府高官より賢くなるには?

A:ネット上でボコボコに左右で叩き合う議論を行う。
・政府や教師はその議論に介入絵で着ない。(場合によっては間違った片方の意見に加担する事もある。)

義務教育段階で正しい憲法教育を行うには、大人同士のテスト戦争を公平に見聞させる。

より沢山の議論を噛み砕いて解釈させる。(むしろ千差万別であるのが自然)

本当に正しい憲法教育をやろうとすると、左右両方の論戦を公平にジャッジさせる必要がある。

しかし、そんなことすると双方の価値観の正しい部分に拘って、取捨選択に困ってしまう。

結果、どの様な判断を下すか、未成年の者達は迷ってしまう。

こう言う過程だと最高ですね。
私はだから左翼なり護憲の勢力を排除しようとしない。

まあ、メタメタにきつい事は言うし、ボコボコに論難するけど、それはそれ。
意見なんかそれぞれであってしかるべき。
片方に傾いたら、それこそナチスと変わらない。

ファシズムとは、「何かが正しい事が前提である思想体系」の事だから。
自分の正しさを主張する事と、正反対の価値観の存在を許容する事は少しも矛盾しない。
少なくとも民主主義ではね。(ただし、失礼なだけの奴は、左右両方ともぶちのめして追放するのが唯一の正解。)

なおき様

竹島を諦めるのと、年金を諦めるのと、どうして繫がるのか、貴方の頭の中を、想像する事もできませんが、私の中では、同じではありえません。
年金は、私達のために働くと言う事を前提に、選ばれた政治家と、税金で雇われている公務員が、結託して使い込み、それを誤魔化す為に、資料を廃棄処分にした、極めて悪質な、背任行為であると思います。
その上、犯人を挙げる努力をするどころか、怪しからぬ事をしたから、解体して民間にという名目で、うやむやのうちに、幕を引こうとしているのです。
万が一帰らないとしても,兆のつくお金を使い込んだのに、無罪放免としたのでは、松岡農相を、500万円の使い方で攻め立てた野党、そして何日も国会で答弁に汲汲としていた政府はなんだったのか?と言いたくなります。
「兆のつくお金の使い道さえ、大した問題ではないのだから、民主党さん、つまらない事で、大事な国会の期間を潰さないでおくれと。」何故安倍総理は答弁しなかったのでしょう。それは国民の税金は喩500万円でも、うやむやに出来ないという大前提があるからなのではありませんか?
ならば、何十兆か百何十兆か、詳しい事は知りませんが、使い込んだ年金の行方ははっきりとさせてから、社会保険庁の、解体は(私は解体に反対ですが)行わなければ、安倍総理も一味であったのかと、疑われても仕方が無い、いや疑うべき事だと思います。
竹島で生活している人が、拿捕され殺害された事が有るとは、初耳ですが、それが本当であるならば、外交努力で解決するべき事ではないでしょうか?そんな事でいちいち戦争をするべきだと、お考えではないでしょうね?
社会党が、衰退した原因については、私個人の考えでは、村山という人が、社会党の中でも、「まあまあの村山」と言われていた人で、調整能力で社会党委員長に成っていた人だという噂を聞いたことがありますので、社会党内閣とは言っても、連立内閣でしたので、社会党の主張を通す事はでき難く、(元々調整の人だった事もあって)それでも社会党内閣でしか出来ないことを、頑張ってやろうという、意欲に欠けていたのではないかと思います。
それが社会党支持者からも、見放される原因になったのではないでしょうか。それに当時の労働組合が、リストラという名の首切りに、あまり熱心に取り組まなかったりで、労働組合の組合員からも見放されて、社会党への票が減ってしまった事が原因であるかと思います。
それに社会党員も、長年国会議員をやったり、組合の幹部をやったりしている人たちは、本来の使命感を忘れてしまい、現在の地位を誇り、居座る事を最重要課題にすえるようになってしまっていたのではないでしょうか。
此処に、日本にとっての安全弁だった社会党が消滅した原因があるかと思います。
それ以後は、現政権に不満でも、実際に、有効な野党が存在しないので、反対票が、棄権という形で捨てられるようになり、そうしている内に、マスコミの全面的な支援の下に立った小泉内閣が、若者の圧倒的支持を受けて、空前の自民党勝利を齎し、現在に至っている。というのが私の感想です。
だから、この構図から何とか脱却しようというのが、私の一番切実に訴えたい事です。

東の回廊様

コメント有難うございます。
mx様、三輪様のお答えで、宜しいでしょうか?
日本人、アメリカ人全員を賢くするなど、とてもできる事ではなかろうと思いますし・・・・
だって、誰が賢いかを、誰が決めるのでしょう。
討論する空気を作る、そしてその自由を守る。
此れしか無いのかなと思います。
後になりましたが、mx様、三輪様、コメント有難うございました。

わこ様へ

06/09 10:19のコメントでわこ様が、
> 日本人がもっと賢くさえ成れば、日本にとって必要な政治家潰しに加担せず、日本のための政治をしてくれる政治家を選ぶことも可能になるのではないでしょうか?

と仰っていたので、
それでは「賢くなるためにはどうしたらよいと思いますか?」とお訊ねしました。

それに対する回答が「賢くなるのは不可能。そもそも何が賢いか定義不能」
ということですか?

だとすると、最初に「日本人がもっと賢くさえ成れば...」と仰っていたことは「不可能」ということでしょうか?
わこ様のお考えを伺いたいと思います。

> 討論する空気を作る、そしてその自由を守る。
> 此れしか無いのかなと思います。

私もそれに賛成します。
そして、そのような場を提供して下さっているわこ様に感謝致します。

三輪耀山様へ

私のコメントにコメント下さりありがとうございます。

三輪様のコメントをヒントにして、私なりに考えてみました。

Q:国民全体を賢くするにはどうしたらよいか?
A:国民ひとりひとりが正しい議論しかたで議論をする習慣をつける。
(「正しい議論のしかた」とは、中傷合戦とかではなく、それぞれがそれぞれの主張を理解しつつ互いの疑問点をぶつけ合い掘り下げていくタイプの議論)

これとて簡単ではないのですが...

竹島について

竹島で生活してた人というか、その海域で漁等をしていた人たちです。
あなたが考えているほど竹島占拠による損害は軽くないですよ。
では、さようなら。

>東の回廊様
ええ、一番難しいのは「人に考えさせる」と言う事ですね。
わからないなりに考える、他人の意見を聞いたり、他人と論戦してみる。
これだけでも随分違う筈なのですが、実際問題は「左右双方の大半の人は固定的な観念に捉われて終わっている」と言う事になっています。

右の人達は破壊願望を明らかに持っていますし、左の人達は平和に対する拘泥が酷くて、軍事的な必要性に対してもアレルギーを起こします。
正直互いに嫌いあうのも当然の事かなと・・・。

まあ、実際問題一番必要な事は、子供の内に大人が良い手本を見せる事でしょうか。
ある一定の年齢になると、特に主義にのめっている人達は、その主義の真偽を疑う事すらやめてしまいます。

ともあれ、何より大切な事は公平であろうとする事です。
冷静ではなく、慎重でもなく公平と言う事です。

コメント有難うございます

v-208三輪様
私も、同感です。有難うございました。
v-206東の回廊様
私は、全員を賢くする事は、不可能であろうと言ったのです。
此処に書かれた三輪さんの言っておられるのと、ほぼ同じ意見です。
しかしながら、私は念のためもう一つ付け加えたく思います。
それは、誰かの意見を一度信じたら、後なんでも、丸信じするという姿勢は、非常に騙されやすい姿勢であるということです。
常に自分の頭で、相手の言っている事の意味、行っている事(それから想像できる結果)の意味、そしてその人は,本当に誠実な人であるかどうか等を、常に考慮し続ける習慣を持たなければならないのではないでしょうか?(自分の頭で考えるという事が最も重要だろと思います)
因みに私は、三輪さんが、中国や韓国の事を、殊更極悪人の集団の如くに言われる事に、戦争への準備を感じると言って、論争になってしまっているのです。
此処に書かれたご意見については、殆ど同じ意見でも、ほかの事では、又色々考えねばならない事も、多々有るのではないでしょうか?
個々の人が、個々に判断する習慣、偏向マスコミをかぎ分ける能力をつけること等々。
そういう事を含めて、政治を考える人が、有権者の何割か有れば、大分違うのではいかと思っているのです。
全員を求めたら、それこそ思想の自由を取り上げられることになってしますでしょう

なおき様

竹島で、生活していた人が、何人有ったかは知りませんが、諫早湾干拓工事で、豊饒の海を荒らされた有明海沿岸の漁師の数と比べたら、比較にならないくらいに、有明海沿岸の漁師さんの方が多いのではないでしょうか?
それも国がわざわざ何百億と言う、国民の血税をかけて、必要も無い干拓工事をした為に出来た被害だったのですよ。
この工事をする前には、反対運動も有ったというのに、それらを無視して強行したのです。
単に漁民の事に同情している人ならば、有明海の沿岸漁民のことのほうが、余程気になるはずですのに、(少なくとも、両方の事を言い立てているはずですのに)どうして、ずっと規模の小さい方の、竹島の問題ばかり言い立てるのか、考えられた事は無いのですか?(有明海の漁民に自殺者が続出していると言う話も聞きました)
其処に、単純で善良な青年を騙して、自分達の仲間に引き入れようとしている、別の意図を感じないのですか?

大体において、よろしいんじゃないでしょうか。

しかし、私は最近、最近の日本人というものは安易に流される性格であるので、厳格にも命と引き換えにするだけの確固とした主義を守るだけの訓練を受けたほうがよい、と思うようになりました。(この意味で9条の理念は厳格すぎるだけによい訓練になると思います。)

厳格さを避けてきたのが日本人だとするなら、それは間違っています(日本人自身の歴史の中にもそういう厳格なところはあるのです)。しかし、命と引き換えの崇高な理念を守っていくだけの経験を歴史の中でしてきたのかというと、そうではないような気がします。

日本人は自己の「名誉」や「血縁」は守るでしょうが、人間にとって外的な介入である「啓示」に近いものは守ることはなかったのではないでしょうか。それは日本人にとって理解の出来ない恐怖そのものでしかないような気がします。

西欧もアメリカも、このような啓示を経験したのであり、その上で現実も理想も語っているのでしょう。ブッシュですら戦争の動機を「エピファニー」であると言いました。

ブッシュの「エピファニー」と言う言葉の使い方が間違っていると言うことは西欧的伝統の中にいない日本人ですら理解できますが、日本人はそれに対して批判をする道具立てを、そもそも持っていないし、持とうともしていない、と言う無力感をこそ感じてもいいように思います。

日本とそもそも土台が違うのですが、そうであればこそアメリカとの対等な関係は最初から無理だと思うべきではないでしょうか。

ここのところ忙しいので、あまりコメントできなくなっていますので、簡単に過ぎるところはあしからず。

mx様

コメント有難うございました。
エピファニーという言葉を検索してみました。
epiphanie
「キリストの降誕」、神聖なるものの顕現。
直感的な真実把握。本質を明らかにする発見、本質をあらわにする光景[瞬間]。(『リーダーズ英和辞典第2版』(研究社)より。)

となっていました。
 それで私は思ったのですが、
”哀れなるかなネットウヨ”という詩を書いた時、朝起きてすぐで、そんなに案を練ったわけでもないのに、すらすらと詩を書く事ができたのが、一寸不思議な気がしていたのでした。
そして、あの三輪さんが、私のエントリーをエラク誉めてくだり、その後娘から「アレント」を読まないかと勧められる、
これらは、エピファニーというものの働きだったのかも知れないと、思えて来たのでした。
天も動き出されているのかも知れないという気がしてきました。

お忙しい中を、色々ご教示有難うございました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/162-4f9e3e6a

絶望の深さを克服できるか

朝日新聞社が発行している論壇誌「論座」の7月号の投書欄「読者の広場」に、下記のような投書が掲載されていた。左翼は何をしているのか?  いったい何をしているのだろう。非正規雇用、負け組、フリーター、ワー
  • [2007/06/06 12:48]
  • URL |
  • きまぐれな日々 |
  • TOP ▲

阿房宮の秘密

今朝のスーパーモーニングを見て初めて知ったので、今頃何を言っていると思われる方も多いかと思いますが、驚いたのであえて書きました。あの無駄であるだけでなく、今も赤字を出し続けている物もあるという、阿房宮の様

松岡農水大臣の暴言

水浦征男(長崎市・神父) 諫早湾干拓によって壊滅状態の有明海の漁業を救え (2007.4.10)________________________________________ 松岡勝利農水大臣といえば、諫早湾干拓事業のゴチゴチの推進派です。彼が、干拓