Dendrodium 皇室バッシングに思う

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室バッシングに思う 

皇室ウイークリー両陛下の“側近”が交代 皇太子ご夫妻、3年ぶりスキー 
によると、天皇陛下の侍従や皇后陛下の女官には、以前から金融関係者を重要なポストにつけていたらしい。
元保険会社勤務の侍従は今回退職されたそうであるが、
皇后陛下の70歳の女官長が(多分高齢を理由に)今回辞任され、
同じ70歳の人が新女官長になられたそうである。(高齢が辞任理由ではなかったのかな?)
新女官長は国際金融コンサルタント事務所勤務の前歴を持つ人だとか・・・・・

皇室問題が今混迷を極めているようであるが、
今回の人事を見ると、
皇室に国際金融資本の魔の手が伸びているのかも知れないという疑いは、どうやら本当だった様である。

何故日本の皇室に国際金融資本が関心を持つのか?
其れは天皇陛下の日本国民に対する影響力が、今も大きいと思っているからに他ならないだろう。

ネットでは雅子妃バッシングが有名であったが、
最近は皇太子退位論が大っぴらに言われる様になっている。
又雅子妃バッシングへの対応が悪いと言って、
天皇皇后両陛下に対する反感も醸成されている。

天皇皇后両陛下は皇太子時代、戦後初めて沖縄を訪問された時、
姫ゆりの塔で両殿下のお命が危険に曝される事件があったときも、(姫ゆりの塔事件
沖縄の人々の心に寄り添い、沖縄訪問の日程を一切変更される事なく、
命がけで沖縄の人々への謝罪をなさった、素晴らしい勇気と気概を持ったお方である。
又天皇陛下は国民に語りかけられる時には何時も、
憲法を守り平和を守りたいというご意向を述べて下さっている。
其れなのに雅子妃擁護を唱える人々の中に、
こんな素晴らしい天皇皇后両陛下を、能無しあつかいする人々が大勢有る事を最近知り、驚かされているのであるが・・・・・

日本人の何もかもを奪い去ろうとしている国際金融資本は、
この素晴らしい今上陛下の下に、国民が集結する事を防ぎ、
将来日本にさせ様と計画している戦争に、協力する見込みのある人物を、新しい天皇に挿げ替え様と、
以前から画策してきていたようである。
もしそんな人物(金融資本由来の戦争に協力する天皇)に挿げ替えが出来ないときには、
天皇に対する日本国民の敬愛心と団結心を粉々に砕いて、
天皇のカリスマを無力化してしまおうというのが、国際金融資本の計画だったのではないだろうか?
日本国民が天皇の下に団結して、国際金融資本の魔の手を振り払おうとしたら厄介だろうと・・・・・

私が天皇制を日本に残すべきと考える最大の理由は、
天皇の居られる方を正統な政府と見る日本人の習性が、
歴史的に内乱を防ぐ働きをしてきた事など、
天皇のご存在が日本民族にとって、大変有用であると感じるからである。
勿論先の戦争では昭和天皇が旗頭になられたし、
日本にも武士が抗争する戦国時代があったし、南北朝時代もあったから、
天皇の存在が完全に民族の不幸を防ぎ得るとは、言えないかも知れないが・・・・・

しかし、明治維新や先の敗戦の時、それほどの混乱を経ずに、新しい時代を迎える事が出来たのは、
天皇の国民に対する影響力のお陰であったことは間違いないと思う。
だから私は天皇制は日本人にとって掛け替えのない寶として、
大事に守って行くべきなのではないかと思っているのである。

Comments

当時も奇怪と感じましたが

天皇即位二〇周年の奉祝にEXILEが起用された時に「なんて奇妙なことがまかり通ったものだ」と思ったのを思い出します。
国家統合の象徴である天皇の奉祝に「国外追放」や「亡命」というの名を持つアーティストがよりによって選ばれる、という奇怪な状況に対して国民は特に意思表示をしませんでした。少なくともマスメディアでは話題にもならなかったと記憶してます。
今思うと、このとき既に伏線が敷かれていたのかも知れませんね。

国際金融の意味を取り違えているのでは・・・

初めまして。

>皇室ウイークリー両陛下の“側近”が交代 皇太子ご夫妻、3年ぶりスキー 
によると、天皇陛下の侍従や皇后陛下の女官には、以前から金融関係者を重要なポストにつけていたらしい。
>元保険会社勤務の侍従は今回退職されたそうであるが、
>皇后陛下の70歳の女官長が(多分高齢を理由に)今回辞任され、
同じ70歳の人が新女官長になられたそうである。(高齢が辞任理由ではなかったのかな?)
>新女官長は国際金融コンサルタント事務所勤務の前歴を持つ人だとか・

>今回の人事を見ると、
皇室に国際金融資本の魔の手が伸びているのかも知れないという疑いは、どうやら本当だった様である。

国際金融コンサルタントというのは、
資産運用で外国の銀行などの金融商品を利用したいが、知識も情報もないし、言葉も分からない・・・という人達にニーズに合った海外の金融商品を紹介、詳しく説明して希望があれば、手続きのお手伝いをする会社ですよね。
日本は不況になって、大金を預けても大した利息が付かない低金利の時代に突入。
まとまったお金を元に増やしたいが、ハイリスクハイリターンの金融商品には手を出したくない、不動産投資や株の売買もちょっと、手堅く増やしたいという人達が外国の銀行に目を向けるようになりました。
国際金融資本とは直接関係ないでしょう。

角川ソフィア文庫の「知っておきたい日本の皇室」によると、
新女官長は獨協大学外国学部フランス語学科卒、女官の最年長でした。
他5人の前職は、駐日英国大使館勤務、フリーの通訳、国立極地研究所隕石資料部門事務補佐員、駐日フランス大使館勤務、デザイン会社勤務です。

侍従長や女官長には海外経験が豊富で語学が堪能な人が選ばれています。
前侍従長、現在の侍従長は大使経験者、前の女官長は大使夫人でした。
国際的な仕事で海外事情に精通している、身元が確かで口が堅い職種となると限られます。

天皇や皇族には法律の知識が必要ということで、皆様大学や個人的に学者を招いて学ばれています
侍従にも法律の知識が必要となると、官僚や官僚出身の大使は皆条件を備えていますが。
法学部出身で一般企業でも法務関係の仕事をしていた人となると、これまた非常に限られると思います。
保険会社はその仕事柄、法務関係の部署があるので、法律の知識を条件とした可能性があるでしょう。

そして、もう1つ。
学習院は昔から金融機関への就職率が高いそうです。
良家の子女が通う学校ということで、身元の確かな人物を雇いたい金融機関の採用が多いという話。
清子様の夫黒田さんも法学部出身で最初の就職先は銀行でした。
侍従や女官を一般から採用する場合は、信頼できる友人、知人か、その紹介。
学習院繋がりで探すと、金融関係の人になる確率はかなり高そうです。
会社経営者は対象外ですから。


海坊主様

コメント有難うございます。
無知をさらけ出してしまいますが、エグザイルにその様な意味があるのは、全然知りませんでした。
「国外追放」や「亡命」という意味があるのですか!
それだけでも「怪しからん」と、怒らねばならない所ですね。

その上にあの記念式典では、
11月半ばの夜間だというのに、
ご高齢の両陛下を、吹きさらしの橋の上に長時間お立せして、遠くからエグザイルをお聞きいただいていたのでした。
いくらエグザイルがいいからと言って、酷過ぎるではないかと、私はそちらの方ばかりを気にしていたのですが、
あの記念式典は幾重にも両陛下を軽んじ傷つける計画だったのですね。

こんな事を無条件で許し協力する宮内庁に、常時見張られておられる皇室の方々のご苦労の大きさが、
今更ながらに感じさせられました。
宮内庁とは想像していた以上に恐ろしいところだったのですね。

モーリ様

コメント有難うございます。
宮内庁の人事にお詳しいのですね。
微に入り細を穿って・・・・・

全部を読んでないので、迂闊なことは書けませんが、和久さま仮想敵をごちゃごちゃにしておられるのでは。
「皇太子妃を応援すると言いながら皇后陛下のあれこれをあげつらうのは、周り回って皇太子妃のためにならない」と乗り込んで行かれたときのコメント欄の荒れようを覚えてるのですが、どうも、そのような印象を受けます。
あの時は某所に飛んで行き、何様気取りで皇后陛下を批判しているのかと和久様の指摘は正しいと思いました。
じっさい、あれでは皇太子御一家を応援するどころか、迷惑邪魔でしかなく、実は両家を分断し皇太子御一家を孤立化させる別の目的をもっているのかとすら見えました。反省したのか苦情が多かったのか現在閉じているのは、皇太子御一家にとっても悪くはない。

けれども、現在和久様が議論をされてる人達おもに桜の記章様が指摘されることは一理あります。
皇太子御夫妻が批判されるのに必ず引き合いに出される、実家との関わりや、御慎みの日に静養していたや、贅沢趣味などは、たった数十年前に全部もっと大々的に当時の皇太子御夫妻もされていたこと。
その記憶が残っている人もまだいるのに、嘘の情報を大量に吹き込んで誤魔化してしまおうとするダブルスタンダードなマスコミだか宮内庁だか、それに乗じて賛美に酔っている人を無批判に放置すれば、いずれ民主主義が腐っていき、我々国民がしっぺがえしを食らうと警告されているのだと理解してます。
自分達のストレス発散のために高貴な人を笑いものにしているような某所とは違い、皇居の落書きで書かれる程度の内容は、誹謗中傷ではなくマスコミの報道姿勢を検証するために必要です。
役人とマスコミは自分たちの利害が一致すれば、平気で嘘を垂れ流し国民を洗脳しますからね。
>命がけで「たとえ朝敵の汚名をきるとしても言わねばならない。」と決心せねばならない程の、酷い事を天皇陛下が国民に対してなさろうとしている時に限ると私は思っています。
これでは遅すぎることは和久様ならおわかりのはず。TPPも政府とマスコミ一体で進んで逝ってしまい、国民が声をあげる機会すらななかったではないですか。

通りがかり様

貴女は皇居の落書きにコメントしておられた通りがかり様ですか?
あの時の通りがかり様は、自分は通りがかりに過ぎないから・・・・・と、名前を楯に取った発言をしておられましたが・・・・・
あれから私は通りがかりと名乗る方とは、まともに話す事は出来ないと感じているところです。
次回もしコメントを下さる時には、何か固有の名前をつけて頂きたく存じます。
(通りがけという名前のままでしたら、削除させていただく事になるかも知れません。)

さて、天皇陛下は国民の象徴で、政治に口が挟めない事になっているお方ですから、
批判が遅れて手遅れになるという事は考えにくいし、
天皇の国民統合の能力を削ぐ恐れより、手遅れになる恐れの方が重大だとは私には思えません。

通りがかり様のままでしたので、約束どおり削除させていただきました。

貴方という字に変えるべきかなと思ったのですが、
つい変換で最初に出た「貴女」のままにしてしまいました。
ご容赦を。
(この文字にこだわられたのは、嘘婆ではないと仰りたかったのでしょうか? そんな風に思ってはいませんでしたが・・・・・)

>下品な言葉で高貴な人を侮ることは論外であるけれど、上品な言葉で一切の批判も禁じてむやみやたらを称賛するのも馴れ馴れしく失礼です。昭和天皇は「批判もまた民の声」と受け止めておられたとか。その度量も今上陛下にないと決めつけているのも同じ。

上記ご意見に関しては、
日常茶飯事や日常茶飯事+@位の事で、国民があ~だこ~だと、悪口合戦をしていたのでは、
皇室の権威等風前の灯で、天皇制のメリットが無くなると思い、私は反対しているのです。
スペイン王女の婿殿のように、公金に手をつけたりしたような場合には、
皇族であっても国民は、思いっきり叩いたら良いと、私も思っていますが・・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

> 西田様のところから参りました。
> 西田様もご皇室を崇拝しておられる方でしたのに、何時の間にやらラジカルな輩に乗っ取られた感がありますね。
> 和久様が孤軍奮闘しておられるのを手に汗握って応援しておりました。
> 私はこの程度のことしか書けないので、西田様のところで応援書きすることは出来ませんが、エールを送りますので頑張ってください。

**********
コメント有難うございます。
そう言って頂いて、本当に嬉しいです。
西田様は色々な意見を出し尽くさせようとしておられるのではないでしょうか ?
西田様は懐の深い方だと思います。

それにしても、
天皇制を利用しようとしており、利用できなかったら潰そうとしている輩が、宮内庁に屯している事を考えたら、
両陛下の苦しいお立場も分かりそうなものですのにね。

でも私は「もう説得する事は諦めました。」と書きましたので、
後は何方かが引き継いでくださると思います。

今朝見ましたらモーリ様が彼等の主張に対して、可也説得力の有る反論を書いて下さってましたが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1599-ac69962c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。