http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 欧米に支配されてきた世界
FC2ブログ

欧米に支配されてきた世界 

シリア反体制派支援「あらゆる選択肢検討」 米大統領報道官
2013/2/28 
【ワシントン=吉野直也】カーニー米大統領報道官は27日の記者会見で、内戦状態が続くシリア情勢の打開に向け、反体制派への直接支援を検討する考えを明らかにした。武器供与の可能性について「あらゆる選択肢を分析している」と話した。28日に反体制派支持の有志国がローマで開く「シリアの友人」会合にケリー米国務長官が出席し、関係国と支援方法を話し合う。

 報道官は「米国は反体制派の支援を組織化し、強化することに焦点を絞っている」と述べた。直接支援に慎重だったオバマ政権の方針を転換する考えを示唆した。「市民の権利を守るために虐殺を繰り返すアサド政権からの政治的な移行を加速させなければならない」とも語った。

 防弾チョッキや装甲車両などの物資を反体制派に直接供与し、軍事訓練を実施する案が浮上している。欧州連合(EU)も反体制派への直接支援に乗り出す構えで、米とEUが足並みをそろえてアサド政権の退陣へ圧力をかける。


ケリー国務長官がシリア反体制派支援を決められそうである。
「市民の権利を守るために虐殺を繰り返すアサド政権からの政治的な移行を加速させなければならない」とも語ったそうであるが、
アサド政権が滅ぼされた後、シリアがカダフィーが殺された後のリビアのような状態になったら、
シリアの市民が今よりは少しでも幸せになると、欧米の政治家は本当に思っているのだろうか?
シリア市民救済は名目だけで、欧米がシリアを滅ぼしたいだけなのではないだろうか?
オバマ大統領は直ぐに、シリア攻撃をやってしまうと、余りに欧米の利益誘導があからさまになってしまうので、ちょっと時間をおきたかっただけという事なのでは?

シリア反政府軍に欧米が手を貸そうと貸すまいと、
政府軍と反乱軍だけで遣り合うままに任せていても、
シリアで悲惨な死を迎えさせられる国民の数に、差は余りないのではないだろうか?
手を差し伸べるならもっと早くに、反乱軍に戦闘中止をさせるべるだったのではないだろうか?
アメリカが今ここで手を出さなかったら、政府軍の方が勝つかも知れない状況になったから、
財政難で渋っていたアメリカもけちっていられなくなったから、
人道支援の顔をして、反乱軍に手を貸そうという事なのではないだろうか?

欧米に従順でない独立国には、
その国の不満分子を募って、反乱を起こさせ陰から資金援助し、その反乱を大きく育てる、反乱分子を応援する事で、反米権力者のいる独立国を滅ぼすという、欧米の何時もの手口なのだろう。

アメリカに従順な国において、不満分子が蠢いたりしたら不満分子を叩き潰すべく、
アメリカはアメリカのしもべであるその国の政府を応援するのだろう。
日本人は大人しいからどんな事があっても武力蜂起することはないから、
アメリカは日本を武力弾圧する事はしないで済んでいる。
尤も未だにアメリカの駐留軍が大量に駐留し続けているのだから、
今更日本に武力弾圧の必要もないのだろうけれど・・・・・

日本でもアメリカからの圧迫を少しでも排除し、
国益を重視する政治をしようとする政治家が表われたら、
日本のマスコミは、ある事ない事言い立てて、その政治家を叩き潰す。
多国籍企業や金融資本は、日本のマスコミに大量に広告を出して、
救国政治家になりそうな者をしつこく叩き続けさせているようである。

アメリカに日本を”只”で売ってくれる売国政治家が現れたら、
アメリカの金融資本が大喜びをして、保険のコマーシャルを大量に流して、
マスコミを通じてその日本の政治家を応援する。

今アメリカの金融資本は安倍総理出現に大喜びをしているようで、
日本のテレビにはアメリカの保険会社のコマーシャルが満ち溢れている。

アメリカは如何してこんな回りくどい方法をとるのかと言うと、
「世界中の何処であっても権力者に圧迫されている国民があったら、正義の国アメリカが「民主主義国」の先輩として、その国を応援してその国を民主主義国にしてあげる」、というのがアメリカの世界制覇・軍事介入の大義名分であり手段なのだから、
宗主国と言えども選挙で選ばれた属国政治家を、勝手に取り替える事を大ぴらにはしたくはないのである。
だから面倒でも、属国民の洗脳に手間が掛かっても手間を掛け、又惜しみなく大金をはたくのである。
尤も、洗脳されない属国民が大勢過ぎて手に負えない場合には、
仕方なく荒っぽい手段を採ったこともあったけれど・・・・・

愛国を叫びながら安倍総理は、究極の壊国・TPPに率先して参加をしようと意気込んでいる。
日本人はマスコミに誘導されてか、TPP参加賛成者が70%に上るという。
その報道が本当かどうかは知らないが、
壊国を愛国と詐称する政治家、
無人島(尖閣諸島)の為だったら、国民の生命と財産を犠牲にする戦争も辞さずと、息巻いていている安倍総理を支持する日本国民が多数あるという事なのだから、
TPP参加も喜んで賛成すると言っているというのも、もしかしたら事実なのかもしれない。

日本人は敗戦以降これまで幸運すぎたから、少し不運を味わってみたがっているのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1560-717c331b

報道しないメディアに決別を。 何が本当なのか見極めよう。

コンフェデ杯・・・ああ平幕の日本は横綱二人に負けて、最後は小結にも負けて三連敗。 でもこれは番付け通り。素直に現在の日本の実力を認めねばなりません。 この歌は日本の出鱈目
  • [2013/06/23 20:09]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲

白々しい嘘が罷り通るシリア情勢

アルアラビアネット(写真)によると混迷を深めるシリアでさらに深刻な情報がもたらされた。それによるとCIAと米特殊部隊が秘密裏に自由シリア軍を訓練しているというものだ。 ...
  • [2013/06/23 09:51]
  • URL |
  • 黄泉の国から |
  • TOP ▲

もし~だったら?

Paul Craig Roberts 2013年2月21日 “もし~だったら”という歴史は読み物として面白い。面白く、考えを刺激し、想像を促してくれる。歴史の転換点で、もし違う判断、決断や状況が勝っていた...
  • [2013/03/01 00:14]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲