http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium アメリカにも核の頸木
FC2ブログ

アメリカにも核の頸木 

ハンフォード核施設の汚水流出、ワシントン州知事が強い懸念
2013.02.16
(CNN) 米ワシントン州のジェイ・インスリー知事は15日、同州南東部ハンフォードの核廃棄物貯蔵施設にあるタンクから放射性物質を含んだ液体が年間150~300ガロン(約560~1200リットル)ずつ流出していると発表した。

インスリー知事は、この流出が直ちに公衆衛生上の危険をもたらすわけではないとしながらも、「大変毒性の強い放射性物質がワシントン州の地面や地下水に流れ込んでいる。これを食い止めるため、断固とした方針で対処する必要がある」と述べ、放置するわけにはいかないと語った。

これを受け、米エネルギー省のスティーブン・チュー長官は、インスリー知事を召喚。インスリー知事は来週、ワシントンDCに飛び、チュー長官と会談するとしている。

インスリー知事の事務所によると、タンクは1940年代に作られた一重殻タンク(貯槽が1枚の鋼板で作られている)で、約44万7000ガロンの汚泥が貯蔵されているという。ハンフォードの貯蔵施設には177のタンクがあり、そのうち149は一重殻タンクだという。


ハンフォード貯蔵施設はシアトル市から南東へ約三百五十キロのところにあり、コロンビア川がすぐ傍を流れている所にある。
ハンフォード
核廃棄物貯蔵施設にあるタンクから放射性物質を含んだ液体が年間150~300ガロン(約560~1200リットル)ずつ流出しているそうであるが、タンクに穴があいているのだろうか?
このタンクは一枚の鋼板で作られているそうであるが、それが2枚であっても3枚であっても、
形あるものはいずれ滅ぶの箴言どおり、いつかはタンクに穴が開く事は避けられなかった事だろう。

ハンフォードのすぐ傍にはコロンビア河が流れていると言う。
放射性物質は地下水を通りコロンビア河に入り、河を伝って広い地域に広がってしまう事だろう。
核開発が始まってから70年以上経つアメリカでは、様々な核廃棄物貯蔵施設が創られている事だろうが、それらが皆老朽化していることだろう。
アメリカでは核廃棄物の厄介さが、これから次々あらわになっていく時期に来ているのだろう。

日本の脱原発を阻止したアメリカ人で構成される圧力団体があるらしいが、
その人たちの本国アメリカは、核の遺物に悩まされ初めているらしい。

日本ではこれからも原発を続ける為に、使用済み核燃料再処理工場を運営する予定にしている。
今はどちらもトラブル続きだけれど、もし再処理工場と高速増殖炉が予定通り機能するようになったとしても、
使用済み核燃料再処理工場が本運転になったら、高濃度の放射性廃棄物の溶け込んだ大量の硝酸廃液が作り出される。
又出来たMOX燃料は高速増殖炉で使っても、再び使用済み核燃料になるから、始末せねばならない厄介な物になってしまうのは、使用済み核燃料のままと同じなのである。

永遠に続く放射能の頸木。
原発推進勢力の人々は、この世を自分達の時代で終わらせようと思っている人々なのだろうか?
どうせ程なく終わる地球だから。どれ程の毒を残してもどうという事はない、と考えている人々なのだろうか?

幾らなんでもそんな無責任な人々はないと思う。
初めから地球を食い潰そうとの野心などないのに、行きがかり上そうなりかかっているけれど、
原発を止めた後の自分達の身分が心配で、止めさせられなくなっているだけだと思う。
太平洋戦争末期の軍部や大本営のように、
原発村の人々も祖国をぼろぼろにしてしまってからでしか、已める事の出来ない不甲斐ない人々の集まりなのだろうか?
過ちを改めて憚るなかれ、
悔いを千載に残さない為に、
原発村の人々には、改める勇気を持ってほしいものである。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1549-206fbe9f

ダニエル・エルズバーグによるMade Love, Got Warまえがき:父親は原爆用プルトニウム工場の設計者だった

(父親は原爆用プルトニウム工場の設計者だった!=この見出しは本文にはありません。)  第二次大戦の間、父親はフォードのウィロウ・ラン工場、つまり陸軍航空隊用のB-24爆撃機を製...
  • [2013/02/17 21:23]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症の異常事態

『北朝鮮核実験騒動に紛れて福島県が小児甲状腺癌3人目を発表』 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査の検討委員会が13日、 福島市内
  • [2013/02/18 11:22]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲