Dendrodium 米有力紙 尖閣問題の棚上げを主張

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米有力紙 尖閣問題の棚上げを主張 

米有力紙 尖閣問題は棚上げすべき
1月27日 9時43分
アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは26日付けの社説で、沖縄県の尖閣諸島を巡る日本と中国の対立について取り上げ、不測の事態から日中間の軍事衝突に発展する可能性に懸念を示したうえで、「当面はこの問題を棚上げすべきだ」として、鎮静化に向けてアメリカも支援すべきだという考えを示しました。

ワシントン・ポストの社説は、尖閣諸島を巡る問題について「日本と中国の間でこれまで棚上げされてきたものの、去年9月に日本政府が島を国有化したことで中国側に激しい反発の口実を与え、中国による挑発行為がエスカレートしてきた」と指摘しました。
そして、不測の事態から日中間の軍事衝突に発展し、日本の同盟国であるアメリカが介入を余儀なくされ、衝突に巻き込まれる可能性が以前より増していると懸念を示しました。
その一方で、社説は公明党の山口代表が25日、安倍政権の幹部としては初めて、中国の習近平総書記と会談したことについて「事態の鎮静化の兆しだ」と歓迎しました。
そして、来月訪米する予定の安倍総理大臣に対し「中国側の挑発に応じるのではなく、緊張緩和の道を探るべきだ」とするとともに、「当面はこの問題を以前のように棚上げすべきだ」と訴え、鎮静化に向けてアメリカも支援すべきだという考えを示しました。


尖閣問題は此れで一件落着という事になるのかな。
平地に乱を画策する者達によって、日本はトンでもない羽目に陥りそうだったが・・・・・

しかしその代わり、アフリカ戦線に参戦せよとの要請が、アメリカから出るかもしれないが、安倍総理はそれに唯々諾々として従うのだろうか?
そんな事をしたら、日本は悪辣な西欧列強の一味であると、表明するようなものなのに・・・・・
そんな事をしたらアフリカで働く日本人の身は、今以上に危険な事になるだろうに・・・・・

軍隊が現地従業員を個々のテロから救う事が出来ないのは、アルジェリア人質事件で証明済みではないか!
(アメリカ人人質も英国人人質も殺されているそうである。)
アフリカを軍隊で蹂躙したら、個々のテロリストを殺す事が出来たとしても、現地の人に恨まれて新たにテロリストが生まれるだろうから、テロは増えこそすれ減る事は有り得ない。

其れは大東亜戦争中に日本軍が経験した事で、心底懲りている筈なのに・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1528-a7270f9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。