http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium アルジェリア政府人質解放作戦断行
FC2ブログ

アルジェリア政府人質解放作戦断行 

アルジェリア軍が救出作戦、人質一部解放か 死傷者多数の報道

救出作戦の事前通告なし 英が不信感
 アルジェリア軍による17日の人質救出作戦について、キャメロン英首相の報道官は同日、英国への事前通告がなかったことを明らかにし、「事前に知らせてもらった方が望ましかった」とアルジェリア政府の対応に不信感をにじませた。

 キャメロン首相は18日にオランダで予定していた欧州連合(EU)との関係をめぐる演説の延期を決定。事件への対応を最優先する構えだ。

 ロイター通信によると、キャメロン首相は17日、アルジェリアのセラル首相と電話会談し「非常に憂慮すべき深刻な事態だ」と懸念を伝えたという。

 人質の安否をめぐる情報が錯綜(さくそう)する中、キャメロン首相は「状況は危険で流動的」と指摘。多数の人質が死亡したとの一部報道も踏まえ「さらに悪いニュースもあり得るとの覚悟が必要だ」と国民に呼び掛けた。(共同)
[2013年1月18日10時28分]


アルジェリアのセラル首相は、可也過激な人物のようで、
人質事件解決に人質の人命救助優先を無視し賊を殲滅させる事を優先して、
生き残った人質を救出すれば良かろうとばかりに、強引な手法を取って世界中を驚かしているようである。
中でもイギリスのキャメロン首相は、イギリス人の人質が殺されたかもしれないと、ひどくお怒りのようである。

アメリカは「賊を殺す為だから仕方ない」とパキスタンやイエメンで、何百人もの民間人を誤爆や巻き添えで殺す事になる「無人機」での空爆を続けているけれど、イギリスのキャメロン首相が此れに抗議したという話を聞いた事がないが、
アルジェリアの人質救出作戦では、無茶苦茶お怒りのようである。
外国人は幾ら殺されても良いが、英国人は一人でも殺されたら大変だという事なのだろうか?

それとも配下のナイカイダが殺されると、キャメロン首相は怒っておられるのだろうか?
「此れではマリのアルカイダへの反感よりも、アルジェリアへの怒りのほうが大きくなってしまうではないか!」とキャメロン首相は、セラル首相に怒っておられるのだろうか?

安倍総理もアルジェリアへの懸念を表明されているそうであるが、
あの危険な原発が活断層の恐れがある土地大飯で稼動されているのを知りながら、
止めるべきだとの意向さえ示されない。
又被爆地福島にマヤカシの除染作業をするだけで、避難もさせないで住み続けさせている現状を、
見てみぬ振りをして見殺しにしておられる安倍総理が、たった5人の命に、そんなに心を痛められるとは信じられない。

今の政治家は国民に対して慈悲心のかけらもないのに、自己宣伝に利用価値のあるときにだけ人命尊重を言い立てる、偽善者だらけである。

「小慈小悲もなき身にて、名利に人師を好むなり」という言葉を、親鸞聖人は残しておられるけれど、
慈悲深く誠実な人ほど自分自身に厳格だから、この様な感慨を持たれたのだろう。
「聖人は世界に一人でも不幸な人があったら、自分が至らないからと自身を責められる」という話を聞いたことがあるが・・・・

民主主義では選挙で選ばれなければ政治家になれないので、反省心なく自己宣伝を平気でする者ほど政治家になりやすいという弱点がある。
政治家に偽善者が集まり易いのは、選挙制度という政治家選別手段の弱点のせいもあるのかも知れない。

追記
人質事件勃発報道の当初、日本人人質は5人と見られると言っていましたが、
さっき(18日午後1時半ごろ)聞いたニュースでは、日本人人質は17名で、無事が確認できたのは3名のみとの事でした。
現地は大変な状態らしいです。

又、別情報では
アルジェリア軍の攻撃により、武装勢力15名と人質34名が死亡したとの事

Comments

ほくそ笑む奴らども

テロに法的テロで応じた結果、悲惨なこととなりました。
お亡くなりになった方々の冥福をお祈りします。
しかし、この惨劇をも手前の欲望を満たす手段としか見ない人でなしどもがいると思うと、悲しみを闘志に替えざるをえません。

早速
「邦人保護のため自衛隊の派兵を!自衛隊の増強を!海外展開の自由を!」
と主に自民党の政治屋によって叫ばれています。
東日本大震災の時は、悲しいフリをしただけだったのでしょうか。
マスコミも
「テロとの戦いだから犠牲はしょうがない」
「これくらいの死で動揺するのは日本人だけ。お前ら非常識なんだよ!」
とまるで情とか、平和への渇望とかがありません。

安倍の帰国が全てが終わったあとであるのは、安倍に「国民をあっさり見捨てた首相」という汚名をとらせないための側近の配慮でしょうか。

>「邦人保護のため自衛隊の派兵を!自衛隊の増強を!海外展開の自由を!」
と主に自民党の政治屋によって叫ばれています。
東日本大震災の時は、悲しいフリをしただけだったのでしょうか。

自衛隊の海外展開と、東日本大震災は、特に関係ないのでは?
もちろん、テロや戦争に限らず、海外での災害で日本人の救出や移送が可能になって欲しいとは思っています。

十澄様

コメント有難うございます。
東日本大震災の時は兎も角として、原発の過酷事故が起きたときは、自民党の幹部だった輩はきっと肝を冷やした事でしょう。
自分達の責任が問われる事を一番に心配し、検察を動かさない対策を練ったのではないかと思います。
原発を創らせた責任者が責任を問われない為には、原発村の力を維持せねばならないと言う、切羽詰った思いも、原発推進派の原発推進の動機のひとつになっているのではないでしょうか?

太平洋戦争のとき、飽くまでも戦争遂行を唱えた者たちは、自分たちが如何に酷いことを続けてきたかを一番よく知っていたから、その責任が問われる事態を避けたいが為に、国民に竹やりででも戦争を続けさせたかったのではないでしょうか?

罪を隠す為に更なる罪を重ねる。
被害者は堪ったものではありません。

外国に酷い事を遣られ続けてきた国の民の、堪忍袋の緒が切れた人々の命がけの反逆は、
戦後70年近く平和に過ごさせて貰って来た日本人には、想像を絶するものだろうと思います。

此れを抑える為に日本が自衛隊を送るように法改正し、やがて軍隊にして欧米諸国と共に、攻めて行くようになるとしたら、日本もえ欧米植民地主義の片割れであると宣言する事になりますね。

そうすると、鬼畜米英と言ってアジアの被害者諸国の代表のような顔をして戦ったあの戦争の意味、略奪者英米からアジアを守る為に団結して大東亜共栄圏を創ろうと言っていたあのスローガンは真っ赤な嘘で、本当は欧米と同じように、利権欲しさの略奪戦争だったという事を、問わず語りに表明してしまう事になりますね。

あの戦争を美化したい人々が今の安倍政権がしようとしていることに平気だなんておかしいですよね。
というより安倍さん自身も、あの戦争を美化したい人の中のお一人ですから、
今遣ろうとしておられる事は、矛盾撞着していますよね。

結局、欧米の戦争に唯々諾々と乗るような政治屋を、愛国者だと信じている馬鹿ウヨこそいい面の皮と言うことでしょう。

匿名様

コメント有難うございます。
>自衛隊の海外展開と、東日本大震災は、特に関係ないのでは?

関係ないといえば関係ないかもしれません。
しかし今の計画では派兵されるのは自衛隊だけのようですが、政治屋連中が将来的に導入を目論んでいるらしい徴兵制で、強制されるかもしれない若者達が、大変な思いをせねばならなくなるという意味では、共通点もあるかと思います。
つまり、国民の困難を取り除こうとする意欲よりも、国民を困難に貶めても自分達の栄耀栄華を優先させる、今の日本の政治屋達の慈悲心のなさという点では、共通しているのではないでしょうか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1519-f75524a7

計画的な出来事:フランスのマリ侵略、アルジェリアに飛び火

Tony Cartalucci Global Research、January 17、2013 まさに予想した通り、北アフリカの国マリへに対して進行中のフランスの“介入”は、2011年に、リビア不安定化が成功して以来、この地域で、欧米
  • [2013/01/21 07:23]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲