http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 原発事故直後の福島では、放射能安全キャンペーンがなされていた
FC2ブログ

原発事故直後の福島では、放射能安全キャンペーンがなされていた 

「駄目なものは駄目なのです」が福島県人の掟なのに? に当時の福島で何が行われていたか、詳しい事情を何も知らない私は、
「駄目なものは駄目なのです。」と言って、なりふり構わず放射能の少しでも薄い地域に、集団で逃げ出していたら、政府の対応も少しは変わっていたのではないかと、私は残念で仕方ないのだけれど・・・・・
と、如何して福島県人は原発事故のあとすぐに逃げなかったのだろうという疑問を書いてしまいました。
此れに対するコメントで、福島県在住の十澄 様から詳しい事情を教えていただいて、政府が福島県人を見殺しにしたという説は、大げさでもなんでもなく、事実だったのだと改めて知った次第です。

事前に用意していたヨウ素剤の配布を、事故直後如何してしなかったのか?というのがずっと疑問のままだったのですが、如何してヨウ素剤の配布を怠ったのかも、十澄様のコメントを見せて頂いてその理由が分かった気がしました。
「放射能は危険でない」という嘘を、嘘だと感じさせないために、配るべく用意していたヨウ素剤の配布をも取りやめにしたのでしょう。
住民の健康被害を食い止める為に既に用意されていて、新たな出費が要る訳でもないヨウ素剤の配布まで怠るとは、何と酷い仕打ちでしょう。
自分達の嘘がばれない為だったら、住民の健康の為に重要な事と分かっていても、平然とカットしてしまうとは!

危ない原発を止めさせた佐藤栄佐久知事の後を受けて、知事になった原発事故当時の福島県知事が、
現在も福島県知事として居座る事が出来ている理由は、政府の福島県人見殺し政策に協力した所為なのかもしれません。

十澄様のコメントをここに再掲させていただきます。

>どうして子供をつれて避難せずに、大人しく放射能濃度の濃い地域で暮らしているのだろう。

あの震災、原発事故を目の当たりにし、今も福島県に住む県民の一人としてお答えさせてください。
まず原発事故直後より激しく展開された、今もされている放射能安全プロパガンダがあります。
「パニックを防ぐ」「被災者を励ます」
という美名のもとに、ライフライン崩壊による飢え、渇き、暗闇に弱りきり、とにかく何か確かな声が聞きたい!という県民の精神につけこんできたのです。
核の呪術師・山下俊一の
「一日中外でハダカででもいない限り、何の心配もありません(ママ)」
という放送が本当に一日中響き渡ってました…。
こういったプロパガンダにより、まず最初の避難の機会が大きく失われました。それでも交通網の復活と、外部の情報が入るにつれ避難する方が増えてきます。
すると今度は「逃げる者は弱虫、裏切り者」キャンペーンがまたも地元マスコミ主導で開始されました。

子供が調子悪い?それは放射能を怖がりすぎるお前のストレスが伝わったんだ!

福島の農産物は安全だ!なのにお前らが逃げたら「風評被害」を助長するだろうが!

福島ナンバーで走ると石ぶつけられるぞ!おまえらの生きられる場所はここしかないんだよ!

このキャンペーンには、最初の安全プロパガンダに洗脳された人々も乗ったから始末が悪いのです。今では「これ、危ないんじゃ…」とつぶやくことすら憚れるようになってしまいました。

そして今にいたるや
「オレのところは断固反対、よそはどうでもいいや…むしろ、ヨソも苦しめ」
と自民党を圧勝させるほどに、福島県民の心もち、政治意識は畸形になってしまった、というわけです。
[2013/01/07 19:55] URL | 十澄

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1509-9da1ff8e