http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 日中国交正常化への動き
FC2ブログ

日中国交正常化への動き 



岸田外相:日中外相会談の早期実現を模索
毎日新聞 2012年12月27日 10時57分( 岸田文雄外相は27日未明の就任記者会見で、沖縄県・尖閣諸島の国有化をめぐり緊張が続く日中関係について「大変重要な2国間関係だ。外相間においてもしっかりとした意思疎通を図っていかなければならない」と早期の外相会談を模索する考えを示した。時期については「相手のある話だ。これから具体的な日程を検討していきたい」と述べた。

 尖閣諸島の領有権については「歴史的、国際法的に我が国の領土であることは間違いない。断固たる態度で臨む」とした一方、自民党が衆院選公約に掲げた公務員常駐化の検討に関しては「尖閣をどのように維持管理していくか、具体的な方法はこれからしっかり検討していきたい」と述べるにとどめた。【光田宗義】



安倍新内閣:関係改善への期待感を表明…中国外務省
毎日新聞 2012年12月26日 19時13分


 【北京・成沢健一】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は26日の定例記者会見で安倍新内閣発足について「両国の間に存在する困難を克服し、中日関係を正常な発展の道に戻すように努力することを希望する」と述べ、関係改善への期待感を表明した。

 華副局長は「中日は互いに重要な隣国であり、健全で安定的な関係は両国の根本的な利益に合致する」と強調。沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる問題に関し「領土と主権を守る中国側の意志は決して揺るがない」と日本側をけん制しつつ「当面の急務は日本側が誠意を示し、対話と交渉を通じて問題を解決するために中国側とともに努力することだ」と訴えた。

 国営中国中央テレビも26日、東京の特派員のリポートや北京の専門家の談話を交えながら安倍内閣の顔ぶれなどを紹介。安倍氏が今のところ対中関係改善に向けて現実的な対応を取っているとの見方を伝えた。


中国との関係改善は、日本の財閥にとっても喫緊の課題だから、
幾ら安倍さんでも、経団連の意向を無視して、中国との関係を故意に悪化させる事はないのかも知れない。
尖閣諸島については、両国とも国としての面子もあるだろうから、
先人の知恵を大事にして、改めて棚上げを確認することにしたら良いのではないだろうか。
何とか外交努力で、穏便に日中の国交を正常化してほしいものである。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1500-43dad2bd