http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 天皇陛下79歳のお誕生日
FC2ブログ

天皇陛下79歳のお誕生日 

天皇陛下79歳に 会見 被災地、沖縄に強い思い

2012年12月23日 朝刊
 天皇陛下は二十三日、七十九歳の誕生日を迎えられた。これに先立つ記者会見で、今年二月に受けた心臓の手術について「手術を決めたのは、心筋梗塞の危険を指摘されたからでした。東日本大震災一周年追悼式に出席したいという希望をお話しし、それに間に合うように行っていただきました」と述べ、あらためて被災者の慰霊やお見舞いへの強い気持ちを明らかにした。


 昨年は、気管支肺炎などによる入院で誕生日も文書による感想の発表となり、陛下の誕生日会見は二年ぶり。手術後、公務に取り組んでいるが、会見では「今のところはこのままでいきたい」と公務の削減を否定した。


 体調については、リハビリテーションの成果でテニスをしても手術前のように「球を打てるようになったような気がしています」と話した。


 今年印象に残っていることとして、まず二度目の冬を迎えている震災の被災者を案じ、震災関連の死者が二千人を超えたことに「地震や津波を生き抜いた人々が、医療などが十分に行き届かない状況の中で亡くなったことはまことにいたわしいことと感じています」とした。また、ロンドンオリンピックや山中伸弥教授のノーベル賞受賞に触れた。


 陛下は二月十八日に手術を受け、三月四日に退院。一週間後の同十一日に東京都内で行われた追悼式に皇后さまと出席した。五月には両陛下で仙台市の仮設住宅を訪れ、十月には福島県川内村で福島第一原発事故による放射能汚染の除染作業を視察している。


 また、今年十一月の沖縄県訪問の感想を問われると、皇太子時代から九回目となる訪問を通じて「沖縄に対する理解がさらに深まったように思います」と述べた。


 陛下は訪問のたびに戦没者墓苑に足を運ぶなど、戦時中の沖縄の苦難に向き合っている。今回の会見でも一九四五年の地上戦の記憶が薄れていくことを憂え、「沖縄の人々が被った災難は、日本人全体で分かち合うということが大切ではないかと思っています」と語った。


    ◇


 会見全文は東京新聞ホームページに掲載します。

◆高齢自覚も「公務このまま」 公平性の原則重視


 来年、八十歳を迎えられる天皇陛下。今回の会見でも「高齢のため転びやすくなることなど考えてもみませんでした」と老いを自覚した言葉があった。それでも、公務をほかの皇族方と分担するなどの負担軽減について「今のところしばらくはこのままでいきたい」と自ら務める考えを明言した。


 陛下は会見で天皇の務めについて、憲法に定められた国事行為や、象徴という立場から公的に関わることがふさわしいと考えられる行為-に分類。陛下が高齢になってから、象徴としての公的行為をどこまで軽減できるかが問題となってきた。


 宮内庁は二〇〇九年一月、式典での「お言葉」の多くを廃止するなど、負担軽減策を発表した。


 これに対し、陛下は一〇年の誕生日会見で「これ以上大きな負担軽減をするつもりはありません」と述べ、心臓の手術後も公務は減らしていない。むしろ、療養中に積み残した行事もこなし、六月ごろから手術前と変わりなく、公務に追われている。


 公務を減らせない理由は、陛下が「公平性」を重視しているからだ。今回も「公平の原則を踏まえてしなければならない」と述べ、公的行事を選んで出席をとりやめることに否定的だった。負担軽減は、個々の行事の時間を短縮したり、日程を詰め込みすぎないようにしたりする方法にとどまっている。


 宮内庁の羽毛田信吾前長官は今年六月の退任会見で「例えば(陛下が)八十五歳というときに、象徴天皇としての地位とその活動をどう考えるか」と話した。心臓の手術で陛下の健康面の不安は一応解消されたが、負担軽減をどう考えていくかが今後も問われる。


天皇陛下は79歳になられた。
今朝テレビで最近の陛下のご様子を映していたが、
お顔の色艶もすっかり良くなられ、ちょっとふっくらとした感じになっておられるようにお見受けした。
今年2月の心臓手術の経過がよく、お元気を回復なさった事がはっきりと表われているお姿だと思った。
陛下のご健康を気遣って色々の案が出ているようであるが、
陛下がご公務をご自分でこなしたいと仰るのであれば、お心のままにして頂くのが最良なのではないだろうか?
人は仕事をせねばならない時ストレスが起きる事もあるかもしれないが、仕事をする事によって生きる意欲が増し、元気で居ることが出来るという反面もあると思う。
陛下のご意思に反してお仕事をお取り上げするような事をしたら、陛下のご健康にとって必ずしも良い結果を生む事にならないかもしれない。

お仕事を軽減して差し上げるのが良いか、
お気持ちのままになさっていただくほうが良いか、どちらが正解であるかは誰にもわからないことなのだから、
ここは陛下のご意思のままにしていただくのが最良の選択なのではないだろうか?

「陛下にはこれからも出来るだけ長く、お元気で私達国民を見守っていて頂きたい」
天皇陛下に対する私の願いは、そのことだけの今日この頃である。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1496-5ad1ea32

クリスマスイヴ

帰省の切符はいつもみどりの窓口で買うことにしている。自販機でもいいのだけれども思わぬ割引切符があったりして駅員さんがむしろそれを勧めてくれるから。  今回も窓口に並んだ
  • [2012/12/24 14:05]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲

天皇陛下:79歳の誕生日 「公務このままで」  でも、公務は皇太子へo(^-^)o

おめでとうございますm(..)m 今日は天皇陛下の 79歳誕生日ですね。 来年は傘寿に(  ゚ ▽ ゚ ;) 天皇陛下:79歳の誕生日 「公務このままで」 天皇陛下は23日、79歳の...
  • [2012/12/24 18:01]
  • URL |
  • 自分なりの判断のご紹介 |
  • TOP ▲