http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 原発事故 明日はわが身かもしれないのに・・・・・
FC2ブログ

原発事故 明日はわが身かもしれないのに・・・・・ 

脱原発についてのライ麦狼さんとの問答がまだ続いているようです。
ならばこそ、kappaさんにしても他の人にしても、ヒステリックにならなくてもいいのに……
技術的なコトや、丁寧なプレゼンテーションをすると、何か問題があるんですか?

というライ麦狼さんの呼びかけに私も、返事コメントを書きました。
(コメント再掲)
ライ麦狼様
貴方のお立場はよく分かりました。
でも、原発での発電を続けるかどうかの議論に、経済性を最優先する事に対して、私は違和感を持っています。
「人の命と、お金とどっちが大事なのか」という事なのではないでしょうか?
其処をあいまいにして、経済的に成り立つかどうかを議論の優先課題にしてしまうと、
アメリカの意に背くと、日本はやばい状態になるから・・・・とか色々な事情で、
国民の生命と財産を、地震国日本での原発稼動という恐ろしい事態に引き込んでしまうから、
経済性を抜きにして、日本人の命を守る気があるのなら、原発は止めねばならないという結論を先に言うのです。

水泳をしている河の上流から、毒薬らしきものが流れてきているのに、毒薬の成分を云々しておれましょうか?
大急ぎで河から上がって、その他の事はそれから考えると言うのが普通ではないでしょうか?

地震国日本の原発は、原発事故を再び起こしたら、国民の大部分をを再起不能の病弱な体にしてしまう恐れがあるだけでなく、国の浮沈に関わることであり、原発を止める事が喫緊の課題である、
とは思われない貴方の考え方の拠り所は、どこにあるのでしょうね。
[2012/12/22 08:47] URL | 和久希世


このコメントを書いた後で、
脱原発派と原発推進派又は場合によっては推進もやむをえない派との、
根本的な違いに気が付いた次第です。
その違いは、「命とお金と自分の損得」との相関関係であるのではないでしょうか?

経済の為には多少のことはと言う時、
その多少の事としてかたずけられる酷い目に会わされる者は、その論者以外の誰かの事なのです。
原発事故が起きる以前は、原発作業員の非人道的な働かされ方が、原発の問題点となっていましたが、
原発立地地域のお医者さんは、その実態を薄々は感じておられただろうけれど、見て見ぬ振りをしておられたようです。(こちら
自分が直接酷い目に会うのでなかったら、
見てみぬ振りをしていた方が、自分たちは今までどおりの幸せな生活が続けられるから、
知らぬ振りをしていようとそのお医者さんは思ったのでしょう。

今経済界の人たちが、昨年あれ程酷い原発事故が起き、未だにくすぶり続けているにもかかわらず、原発推進を叫んでいるのはおそらく、
●自分達が原発事故で、酷い目に会う事はなかろうという事
●もし、原発が廃止される事になり、電力会社が倒産という事になったら、経済界に与える影響は半端ではない。
●又日立や東芝は原発を創るシステムを買っているから、脱原発となって海外に売り込む事が出来なくなったら、投資したお金が総て水泡に帰してしまう。

脱原発などを選んだら、どれ程大勢の投資家が大損をするか知れたものではない等の理由で、
世界中の投資家を守る為にも、現在の経済システムを守る為にも、なんとしても日本には原発を続けてもらわねばならない、という訳なのでしょう。
アメリカが日本の脱原発に異を唱えるのは、投資家や自分達の投資資金を守る為というのが、一番大きな理由なのではないでしょうか?

しかし彼らの資金が守られるのは、原発の過酷事故が今後絶対に起きない時だけの事なのです。
日本で原発を続けるという事は、何時地震で原発が再び爆発するか分からない状態にある事を無視するという事なのに、
経済優先論者達は、事故は絶対に再び起きないという事を前提として、原発の経済性を主張しているのです。

日本の場合、危険なのは稼働中の原発だけではなく、
使用済み核燃料のプールが、原発よりもっと危険な状態に置かれています。
現に東電福島第一原子力発電所内の4号建屋の使用済み核燃料プールは、
破壊された原発建屋の中で、もし震度7以上の地震に襲われ建屋が崩れたら、使用済み核燃料千数百本が空気中に放り出される事態に置かれているそうです。
もし何かの加減で、使用済み核燃料プールの水が干上がったら、使用済み核燃料は大爆発を起こし、その爆発力によって、他の原発や建屋に保管されている使用済み核燃料も連鎖爆発するので、
北半球は人の住めない状態に陥るだろうと言われています。

福島原発の4号建屋の使用済み核燃料が、無事に回収できたとしても、
日本が原発を続けている限り、再び何処で地震が起き悲惨な原発事故が起きないとは限りません。
その時日本人だけでなく世界中の人々が、放射能で即死させられたり、病気にされて緩慢に殺されたりするかも知れないのに、
今、被害を受けているのは福島県人で自分ではないというだけで、
脱原発を選ぶかどうかについて、エネルギーシフト等冷静に考えて、決めるべきであるという議論をしている人は、
自分は原発事故の被害者には、絶対にならないと思っているからに過ぎないからだろうと思います。

東電福島原発が起こした事故を確りと検証したら、
原発は即時停止にし、原発の遺物(原子炉、使用済み核燃料、その他諸々)は一刻も早く、出来るだけ安全な確納をせねばならない物であると、日本人なら絶対思うはずだと私は思うのです。

だから私達は、事実を報道しないマスコミに怒り、
国民の目を原発事故からそらさせようとしている報道に、怒りを感じるのです。
其れを能天気な経済優先論者は、ヒステリックと感じるのでしょう。
大急ぎで逃げねばならない時、急げと急かせるのを、ヒステリックと呼ぶとしたら、
逃げ遅れる恐れがあるというのに、ぐだぐだと理屈をこねている人のことは、なんと呼べば良いのでしょう?

原発近くで開業していたお医者さんたちも今では、他人事と思って原発作業員達の苦しみを、見てみぬ振りをしていた事を、後悔しておられる事でしょう。

明日はわが身かもしれないという事を考えないで原発を論じる人は、
賢いようで、底抜けの能天気な人なのかもしれません。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1495-d1be5fd3

安倍晋三、歯舞・色丹二島返還で日露平和条約締結、政府紙幣の発行

    (財務省発表の日本の税収総額の推移) 日本国の税収は経済規模の推移と完全に同調しており最大のピークはバブル経済絶頂期の1990年1991年である。 二番目のピーク...
  • [2012/12/24 11:12]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲