http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 世界の金融エリートの狙いは金だけではなかった
FC2ブログ

世界の金融エリートの狙いは金だけではなかった 


お金のしくみのヴィデオ

お金のしくみのヴィデオを見ると、国際金融資本と言われている金融エリートにとって、最終的な狙いは富を積む事ではなかったということが分かります。
最終目的は世界の実権を握ってしまうことなのでした。

以前に私は「人類が生きていけないくらいに地球環境が壊れても、お金の値打ちがあると思う?」 という記事を書きましたが、
金融資本の真の目的は別のところに有ったから、
世界中を有害物で汚染させて、実質的なお金の値打ちを下げる事になっても意に介さず、
ひたすら強欲振りを発揮していたのでしょう。

強欲資本主義と言っていましたが、欲は欲でも金銭欲ではなくて権力欲だったのではないでしょうか?
金融資本の元締め達の不満と、平安時代の武士の棟梁の不満とは似ている様です。
朝廷の権威を支えて来たのは自分達武士階級であるのに、藤原貴族から地下人と呼ばれ不当な扱いを受けてきたと不満を募らせていた武士たちと、
経済を実質的に支えているのは金融資本家である自分達ユダヤ人なのに、何かと侮蔑されしばしば迫害にさえ会わされてきて、怒り心頭になっていたと思われるユダヤ人達。

武士が国の頂に立つ世の中にしたいと、平忠盛が生涯かけて武士の地位向上に腐心し、
忠盛の築いた平家の地位を継いだ清盛は、父の志を継いで「武士が頂に立つ世を創る」と様々な努力をし、
武士でありながら天皇の外戚にまでなり、朝廷の権力を手中にした時、
彼は平家の武士達は恵まれた地位につけていましたが、
平家でない武士にとっては其れまでと何も変わらず、
武士が権力の中枢にあるからと言って、何も良いことはないということが、
地方の武士達をいらだたせ始めていました。

平家の横暴を垣間見るにしたがって、全国の武士達が次々に決起して、平家打倒を叫ぶようになって、
平清盛は怒り心頭に発したか熱病で急死してしまい、
清盛の死後平家は急速に没落してしまいました。

金融資本家群の平家とも言えるロスチャイルドが、
もう少しで世界中の国々の、主権を握れるかもしれない所まで来ようとしている今、
ロスチャイルド以外の金融資本家達は、危機感を抱いているのかもしれません。
すんなりとロスチャイルドに世界の実権を握らせてしまうことになったら、
ロスチャイルド以外の資本家達は、追っ付け潰されてしまう運命にあることが見えてきたのでしょう。

ユーロ危機にヨーロッパが揺れているのは、国民が目覚めたからでもあるでしょうが、
ロスチャイルドの仲間だった金融資本家達も、目覚めてきているからなのかもしれません。

日本でも安倍晋三や維新の会が選挙で勝つことを願っている勢力と、そうでない勢力がマスコミ界でも錯綜しているそうです。
日本人は今度の選挙で、国民の権利が守られる道を、見つける事が出来るかもしれませんね。

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
こちらこそ何時も済みません。
それから、貴ブログでは何時も勉強させていただいています。

今度の選挙、
鬼が出るか、蛇が出るか?
そう言えば、来年は蛇年でしたね。
今度の選挙では、例え蛇であっても出来るだけ良い蛇を選びたいものですが・・・・・

今年の漢字は金でしたが、
来年も又 金・金・金の世の中になるのでしょうか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1475-741b0253