Dendrodium 12月にあるかもしれない国民への目くらまし
FC2ブログ

12月にあるかもしれない国民への目くらまし 

飯山一郎さんが野田総理は12月になって。選挙戦が始まったら何か仕掛けてくるのではないか。
「めぐみカード」とか・・・・・と書いておられた。
植草一秀さんも「詐欺師宰相は2月初旬に何かを仕込んでいる」という記事を書いておられ、
其れはロシアの事か北朝鮮の事か・・・・・
と書いておられる。

「めぐみカード」
飯山一郎さんは今年1月「横田めぐみさんと金正恩」という本を出しておられる。
その本によると横田めぐみさんは、金正恩のお母さんなのだそうである。
飯山さんのブログでこの記事を初めて目にした時、
まさかそんな好都合な事があるはずがないと、私は思ったのだけれど、
横田めぐみ
この写真を見比べると、鼻 口 顔の輪郭のふっくらしているところ等がとてもよく似ていて、
この二人が親子だと言う説が、嘘でないかもしれないという気がしてきていた。

昨日のテレビニュースで横田夫妻に、めぐみさんのことを調査する為に北朝鮮に行かれるよう、
複数のところから要請があるが、横田夫妻はそれに余り乗り気でないという報道をしていた。

一日千秋の思いで娘めぐみさんの消息を求めておられた横田夫妻が、
めぐみさんの情報を求めて北朝鮮に行かれるよう誘われたら、
一も二もなく喜んで同行されるかと思えば、
横田夫妻は北朝鮮行きを拒んでおられるのだそうである。

このニュースを見たとき、やっぱりめぐみさんが金正恩氏のお母さんであると言うのは、本当かもしれないと感じたのだった。
横田さんご夫妻は自分たちが北朝鮮に行くことで、娘や孫に迷惑が掛かりはしないかと心配しておられるのではないかと思えるからである。
北朝鮮人にとって現在の最高指導者の母親が、日本人でしかも拉致被害者であった人であるという事が、
どういう意味を持っているのか、ご両親としたら一番心配なことであると思われる。
もしかしたら北朝鮮国民からトンでもない反感を買う事になって、
娘や孫の身に危険が及ばないとも限らないと、
心配が先にたって、横田さんご夫妻は朝鮮に行く事を、拒んでおられるのではないだろうか?
そうでなかったら、あんなに心配してこられた愛娘めぐみさんのことが、ほんの少しでも分かるかも知れないチャンスを、みすみす放棄される理由が思い浮かばないのである。

そして政府は横田めぐみさんのことを報道して、
国民の目を眼前の政治選択から奪って、
厳正な国民の審判から、身を交わそうと目論んでいるのかもしれない。

私達はどんな報道を見せられても、政府の術に嵌められないようにしたいものである。
この選挙を逃したら、後4年間はめぐってこないかもしれない国会議員を取捨選択するチャンスなのだから・・・・・

Comments

ニセ科学

飯山一郎氏ですが、彼が主張する乳酸菌で放射能を除染する話は丸っきりの荒唐無稽な偽科学ですよ。
細菌類は原子核を壊変して放射能を出さない核種にすることはありません。細菌などの生化学反応は0.1eV(電子ボルト)とか0.01e1Vで原子核壊変に必要なエネルギー1MeV(メガ電子ボルト=1000キロ電子ボルト)から10MeVに比較してあまりにも小さいエネルギーです。
本当に菌が原子核壊変を起こすほどのエネルギーを出せるなら、逆に作用させれば乳酸菌で原子爆弾も作れることになります。
事実であれば大変であり、世の中がひっくり返って仕舞います。
横田めぐみさんの娘のキムへギョンさんと北朝鮮トップとが兄妹であるとの説も、事実であれば面白いがこれは乳酸菌による放射能の除染の話と同じ程度の話であり荒唐無稽過ぎているでしょう。

宗純様

コメント有難うございます。
やっぱり事実とは違いますか。
でも写真は似ていますね。
他人の空似と言うこともあるでしょうけれど・・・・・

政府があるが議会がない1ヶ月

めぐみさんですが大人の写真ではなく13歳の少女時代ですよ。
大人のめぐみさんと比べてなら少しは信憑性もあるが、子供と大人では顔立ちが違っていて当たり前。
逆に似ているなら、お二人が全く違うとの根拠になります。
救う会の方針が根本的に違うのです。
彼らは、『騒動を起こす』ことそのものが目的なのかも知れませんよ。
大人のめぐみさんですが写真は広く公開されているのに、これではなくて子供時代の写真しか運動では使わないから、皆さんが勘違いしているのでしょう。

現在ですが、参議院は残っているが、下院の議会は無いのですが、面白いことに野田政権は残っているのですよ。
現在野田佳彦は日本国首相としてカンボジアで開かれている国際会議に首脳として訪問中。
考えてみると不思議ですね。
解散したのは16日ですが、予告したのは2日前の14日。
この間の15~16日はモンゴルでの日朝会談が4年ぶりに開けれていたが、北朝鮮側の責任者のソン・イルホ大使は『もちろん拉致問題も協議しました』と語っている。
 Q.進展あったと考える?
 「私はあったと考えます」
 Q.拉致問題についても?
 「そのとおり理解してもらえればいいです」
4年ぶりに再開した日朝局長級協議を「建設的な雰囲気で進んだ」と評価しました。
その上で、これまで「解決済み」としてきた拉致問題を議題としたことを認めるとともに、「協議に進展があった」との考えを示しました、と報道されています。
野田佳彦ですが首相就任以来、一貫して救う会の青バッジをつけていたが、プノンペンでは付けていない可能性がありますね。
青バッジの意味は、極右の安倍晋三などと同じ北朝鮮バッシングを徹底的に行う(ナショナリズムを煽る)との決意表明に近い政治的なパフォーマンスですよ。
その結果は、ご存知のように4年間もの完全な日朝両国間の鎖国状態。
選挙結果がわかる1ヶ月後でないと議会側は動けないが、その権力の空白を突いて、日朝国交回復などの動きが出てくる可能性もありますね。
日朝国交回復は議会の反対で普通なら不可能。
『死んだ気でやる』なら大概のことは不可能ではないが、現在の野田政権は既に死んでいるのですから逆に『怖いもの無し』で、何でも出来る。

宗純様

民主党が衆議院議席の半数割れしていても、選挙が済むまでは、野田佳彦氏は総理大臣でい続けるのですよね。
彼が死んだ気でやるとしたら、自らの延命策以外の何ものでもないでしょうから、
何を遣るにしても米国の意向を汲んでやると言うことなのでしょうね。
(死んだ気で延命策と言うのも変ですが・・・・)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1461-bf6dbb90

アメリカ大統領選挙とシリア

Thierry Meyssan 2012年11月16日 Information Clearing House アメリカ大統領選挙を世界で最も強力な民主主義の活力の更なる証明だとして、西欧や湾岸のマスコミは讃美した。これと対照的に、年頭そ
  • [2012/11/17 18:14]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

祝!首相復帰予測の安倍晋三お馬鹿発言で円が81円台に低下

『円が対ドルで7カ月ぶり安値、自民党総裁発言で=NY市場』 15日のニューヨーク外国為替市場では、前日に続き円が対ドルで1%超下落し、約7カ月ぶり安値をつけた。自民党の安...
  • [2012/11/18 10:49]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲