http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 米兵の日本国民蹂躙姿勢に、日本政府はどう向き合う?
FC2ブログ

米兵の日本国民蹂躙姿勢に、日本政府はどう向き合う? 

沖縄:米兵が民家侵入し傷害…外出禁止令破る 県警捜査
毎日新聞 2012年11月02日 11時26分
 2日午前1時前、沖縄県読谷村古堅(ふるげん)の居酒屋から「米兵らしき男が酔って暴れている」との110番があった。その後、米兵は1階の居酒屋からビル3階の女性会社員(41)宅に侵入し、屋内にいた女性の息子(13)=中学生=の左ほおを殴打したとみられる。米兵は民家の窓から出ようとして転落、負傷したため、米軍基地内の病院へ搬送され、そのまま入院した。沖縄県警は住居侵入と傷害などの疑いで捜査している。

 在日米軍は、先月16日に米海軍兵2人が起こした集団強姦(ごうかん)致傷事件を受け、19日に日本に駐留するすべての米軍兵士に対し夜間外出(午後11時〜翌午前5時)の禁止令を出したばかり。外出禁止時間帯の事件のため、米軍に対する反発や、垂直離着陸機MV22オスプレイの強行配備への反発が沖縄全体で更に強まるのは必至だ。

 沖縄県警によると、所持していた身分証明書から、嘉手納基地(同県嘉手納町など)に所属する24歳の米兵で、米軍も米兵と認めているという。侵入した民家は鍵が掛かっておらず、米兵と男子中学生に面識はなかった。米兵は民家内のテレビなども蹴って壊したといい、器物損壊の疑いもある。男子中学生も米兵も重傷ではないという。

 米兵の身柄については、県警と米軍の間で今後、調整する。しかし、日米地位協定により、日本側への身柄引き渡しが実現するかは不透明だ。

 ニライ消防本部(同県嘉手納町)によると、同日午前1時3分に県警から通報があり、救急隊員が現場に駆けつけた。通常、外国人の場合は本人に確認を取った上で近くの米軍の海軍病院(同県北谷町)へ搬送している。今回も米兵本人が了解したため、同1時33分に海軍病院へ搬送した。搬送時、米兵は意識があり、全身の痛みを訴えていたという。【井本義親】


酷いものである。
米兵による日本人女性強姦事件への反省を示す為に、米軍は米兵の夜間の外出禁止令を出したのだろうに、
禁止令が出て半月も経たないうちに、夜間外出禁止令を破った上に、
その米兵に対して何も悪い事をしていた訳でもないのに、深夜1時過ぎ突然日本人の家に押し入り、その家の住人(日本人少年)に乱暴を働いたのである。

これはオスプレイ導入反対の県民の意思を無視して導入した米軍が、
導入時に取り決めた運用規則を忽ちに破って、
時間制限や高度制限の取り決めを無視した飛行訓練を、米兵にさせているのと好一対である。

今回の米兵の乱暴狼藉は沖縄県民無視の米軍の意思が、末端にまで浸透しているから起きた事件である様に私には感じられる。
日本政府が今回の事件でも、ちゃんとした対応(抗議)をしないでお茶を濁しておくような事をしたら、
米軍の沖縄県民 延いては日本国民軽視は、どんどんエスカレートしていく事だろう。

民主主義国日本の公務員(政治家・官僚)はその役目を体して、
真面目に米軍に抗議してくれるだろうか?
此れでは日米安全保障条約の下、米軍は日本人を守る為に居るという嘘が、ばればれの事態となるが、
もう国民の気持ち等どうでも良いというレベルにまで、公務員の気持ちは様変わりしてしまっているということなのだろうか?
これからは上級公務員試験の名称を、国民統治権益取得試験と変えねばならなくなるのかもしれないが、
それでは国民主権という憲法に反するのではないだろうか?
それで彼等は憲法も変えたがっているというわけなのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1446-ccfda66b

アメリカ軍はなぜいまだに沖縄にいるのか? 1997年4月

JPRI Critique Vol. 4 No. 2:1997年4月特別報告:沖縄とアメリカ軍 アメリカ軍はなぜいまだに沖縄にいるのか? チャルマーズ・ジョンソン ジャパン・タイムズ編集者宛の手紙(1997年2月16日)で、アメ...
  • [2012/11/02 15:38]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

石原慎太郎とカルト宗教(オウム)と暴力団(住吉会)

『国会勤続25年表彰で突如辞任した石原慎太郎』 1995年(平成7年)4月14日石原慎太郎は勤続25年表彰の晴れがましい国会壇上で、何故か『日本の政治は駄目だ。失望した』...
  • [2012/11/03 11:24]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲