http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 都知事を辞めた石原慎太郎は、政界からも追放しよう
fc2ブログ

都知事を辞めた石原慎太郎は、政界からも追放しよう 

石原都知事、辞任へ 新党結成、衆院選立候補を検討
午後のニュースで石原慎太郎が知事を辞めて新党を作るという報道をしていた。
石原慎太郎の後ろには嬉しそうに笑っている橋下大阪市長がいたが、
東西の小悪魔がしたい放題して喜ぶ日本に等したくないものである。

都知事辞任と聞いた時私が一番に思ったのは、此れで築地市場が豊洲に移される恐れは、消えたかも知れないという事だった。
日中関係が今のように悲惨な状態になったのも、石原都知事がアメリカの一部の者の要請を受けて、尖閣諸島を購入すると言い出したことが切欠であった。
今度は国会議員になって日中間に戦争状態を作り出そうと、彼は目論んでいるのかもしれない。
石原慎太郎のような人非人を政治家等にしていたら、国民はどれだけ被害を受けることになるか知れたものではない。
経済界も石原慎太郎のせいで日中間が冷え込み、大損害を被ったらしいから、
もう石原慎太郎の太鼓持ちはしたくないだろう。
しかし一部には戦争景気を待ち望んで、石原慎太郎の応援をするマスコミもあるのかもしれない。

彼は国会議員になって更に、国に迷惑をかける悪さを企んでいるのかもしれない。
彼の選挙区の方々には「そうは問屋がおろさない」と、頑張って石原慎太郎を落選させていただきたいものである。
せっかく石原慎太郎が東京都知事を辞めてくれたのだから、
この機を逃さず、ちゃんと彼を政界から葬り去って終いたいものである。

Comments

こんにちは。
石原さんの定見の無さには呆れるばかり。
息子も絡んだオーム事件で国会議員を辞めてほとぼりを冷まし、オリンピックで好き放題金を使いその決算書は不明?中国が嫌いといいながら北京オリンピックに参列・・・最も貴賓席の端っこで小さくなっていたが・・・。
国がやらないからと散々煽った尖閣購入。ヘリテイジ財団で祭り上げられ一躍英雄気取り。その後の日中間の混迷と経済面での両国に与えた致命的な冷え込みは、いまや世界的な経済問題となってしまったがわれ関せず。
息子が自民総裁・総理大臣の目が有ったのでもう飽きてしまった東京都知事はしばらく続けるといい、息子が総理になれなかったからと今度は馬鹿親が政界復帰とか?
 こんな「ク○ジジィ」誰が投票するかってんだよね。石原軍団総出でまた西部警察よろしく華麗な選挙応援でもするのかね?
 私は西部警察というか石原軍団という連中のどこが「かっこいい」のかさっぱりわからない。昔からちょっと足りない人たちの紙芝居と言う感じ。この人たちの応援で受かるというならばまだ「AKB」の方が説得力がある。
 都民は辞めてくれて万々歳だけれども、こんな馬鹿を選んだのも都民だから、もしかしたら国会に再びということもあるでしょう。
選ぶほうも選ばれるほうも頭の毛が三本足りない。これが日本の縮図ならば・・・もう田舎に引っ込んで、自給自足の晴耕雨読しかないと、半分諦めもするんだなぁ。

kappa様

コメント有難うございます。
詳しい人が石原慎太郎の悪行を数え上げたら、限がない位あるらしいですね。
あんな人間が東京都知事に4度も選ばれるなんて、あきれる限りですが、
という事は国会議員の目もあるかも知れにと言うことなのでしょうか?
いやだな~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1438-4b943da6

石原君の往生際

 読んでいただいている方ならご存知の通り、塾頭の最も忌み嫌う意見の持ち主が石原慎太郎である。しかし、同じ時代を生きてきたので言葉の断片部分では共感するところもあ

「維新」支持率うなぎ下り? 東の石原慎太郎、西の橋下徹

『マスメディアが報道しない空白部分(真実の闇)』 報道されない空白部分に、何故か大事な真実が隠されていた。 貴乃花以上の25回も優勝して名誉一代年寄の資格があったモンゴル...
  • [2012/10/27 12:47]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

石原新党:都知事辞職、衆院選出馬を表明 今日は「反原子力デー」

今日は「原子力の日」 と、それに因んでの 「反原子力デー」。 国策にからんでは それぞれに意見は あるものですが、 政治家についても 同じことと言える ものかは疑問に思い
  • [2012/10/27 00:10]
  • URL |
  • 自分なりの判断のご紹介 |
  • TOP ▲

世界を一層危険にするのに熱心なジュリア・ギラード

johnpilger.com 2012年10月25日 オーストラリア議事堂は床磨きの匂いが漂っている。板張りの床は鏡のように輝き、首相や、かつらをつけた裁判官や総督達の風刺画のような肖像画を映している...
  • [2012/10/25 19:02]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲