Dendrodium 官民は現在主権獲得戦真っ最中
FC2ブログ

官民は現在主権獲得戦真っ最中 

新ベンチャー革命がオスプレイ日本配備強行:今の日本は民意を平気で無視する国家に成り下がったが、国民にも責任の一端があるで言っておられるように、
政府が国民の声をこんなにもアカラサマに、次々と踏みにじって行くようになったのは、
官僚利権を抑え公務員改革をしようとしていた鳩山政権が、潰されててからのような気がします。
国民は鳩山総理を「贈与税不払いの脱税人扱い」小沢幹事長を「犯罪者扱い」するマスコミ報道に、
殆ど疑問も持たずに、
鳩山氏や小沢氏の犯罪者というレッテルを、そのまま受け入れてしまっていました。

ここで官僚と国民(の代表である政治家)との間の勝負は付いてしまったのだと思います。
政治家達は現在の日本の状態を改善するには、公務員改革が必要だという事は重々知っていたけれど、
公務員改革に邁進した鳩山・小沢両氏が、官僚組織に嵌められ墜落させられた事をつぶさに見せられ、
政治家達は完全に怖気づき、戦意を喪失してしまったのでしょう。

今の国民無視の政治も、野田総理という嘘吐き政治家とその一派がやっているのは確かでしょうが、、
其れを教唆しているのは、隠然たる勢力を誇る官僚組織であることは間違いないでしょう。
(その官僚はアメリカに教唆されているのかもしれませんが・・・・・)

原発反対やオスプレイ導入反対で、国民が大掛かりなデモをしていても、
国民の願いを無視して強行されてしまったら、国民には手も足も出ないという現実に、
彼等(政・官・外圧)はますます自信を得て、
ますます国民無視の政治に邁進している様に見えます。

昔から権力者達は権力争いに、命がけでしのぎをけづって来ていたことを思うと、
政治の世界というのは殺るか殺られるかの世界であるものの様です。

私達の国は民主主義国だし平和憲法で守られているから、
政治家や公務員達は民主主義と平和の掟を、守ってくれるだろうと思い込んでいましたが、
其れは甘い考えだったのかもしれません。
政治の世界は殺るか殺られるかの世界である事に、変わりはなかったもののようです。
彼等は今主権を国民から奪い取ろうと、躍起となっています。
一度取り上げられた主権を奪い返すのは、主権を守るよりもっと大変な事になるでしょう。

私達国民は主権者になるために、戦った記憶がなかったから、
主権を守らねばならないという考えが、余りなかったのだと思いますが、
民主主義国では国民が主権者であるからこそ、
国の為政者は社会福祉や国民の安全のために、配慮せねばならないという枷が出来ていたのでした。
私達が主権者である事を放棄してしまったら、
日本の社会制度は今とは較べものにならないように、
国民にとって厳しいものになるのではないでしょうか?

遂には権力者がその地に屋敷を建てたいと思ったら、住民は武力で追い払われる秀吉の頃のようになって、
居住の自由だって脅かされる様になってしまうのかもしれません。

私達は現在主権者としてもっている権利の有り難さを、再確認せねばならないのではないでしょうか?
権力者に主権を奪われたら如何なるか?
恐ろしい事になるのだという事を肝に銘じて、現在の政治家官僚の横暴を、見逃すかどうかを決めねばならない時に来ているのかもしれません。

将来私達が、現在の日本の事を思い出したとき、
「あの頃の日本は天国のようであった」と思う日を、招き寄せない努力を今しておかないで、
権力者に任せっぱなしにしていたら、彼等は何をするか分からない人たちであるという事を、
原発再稼動・オスプレイ導入で、私達は思い知らされています。

あの凄まじい悲惨な原発事故を起こした直後から、原発再稼動を画策している人たちなのですから・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1414-72f45e0f

アメリカ基地帝国に、どう対処すべきか 駐留軍受け入れ国に対する控えめな私案

チャルマーズ・ジョンソン 2009年7月3日 TomDispatch アメリカ基地帝国は、年間1020億ドル、既に世界で最も金のかかる軍事事業であるにもかかわらず、更に高価になろうとしている。まず手始...
  • [2012/10/03 23:02]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

広島〜チェルノブイリ〜福島にかかわる悪魔たちの系譜 重松逸三〜山下俊一〜田中俊一

昨日はこのニュースが駆け回った。 ああ、やっぱりな・・・、日本の原子力村は産官学全て繋がって人間の命を軽く見ている悪魔集団なんだ!!というのが率直な感想。いまさら何を報
  • [2012/10/04 09:35]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲