Dendrodium 南極のオゾン層回復の兆し

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極のオゾン層回復の兆し 

南極のオゾン層回復の兆し 国連「軌道に乗りつつある
 紫外線をさえぎって、皮膚がんなどのリスクを減らすオゾン層に回復の兆しがあることがわかった。国連の世界気象機関(WMO)が14日、オゾン層破壊の原因となるフロンガスなどを規制する国際的な枠組み「モントリオール議定書」の採択から25周年を迎えるのを機に発表した。

 南極上空では9月ごろ、オゾン層が特に薄いオゾンホールができる。発表によると、13日現在のオゾンホールの面積は約1850万平方キロで、昨年同時期より約2割小さくなった。最終的に、2010年よりは大きいものの、11年よりは小さくなる見通しだ。

 オゾン層が減少すると、有害な紫外線が地上に多く届き、皮膚がんや白内障などのリスクが増し、1980年代ごろから、世界的に問題になった。しかし、87年9月16日に採択されたモントリオール議定書に基づいて冷蔵庫などの冷媒として使われるフロンなどが規制され、ここ10年ほど大気中で減少している。


何かと暗い情報が多い昨今に、珍しく明るい話題があった。
電気製品に使われるフロンガスにより、どんどんオゾン層が破壊される一方であったが、
今年は昨年同時期より2割ほどオゾンホールが小さくなったそうである。
わずかずつでもオゾン層の破壊が減少に向かってきたならば、何十年か後にはオゾン層が回復する日が来るものと期待出来るだろう。

地球上の放射能汚染も少しずつでも減少させる為には、一日も早く世界の脱原発を実現して、
放射能汚染を今以上に酷くしない為の、世界協定を作るべきなのだろうけれど・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1397-c2816065

牧水忌 南極のオゾン層回復の兆し  「柳条湖事件」の18日に反日デモ拡大の恐れ

メディアではあまり 取りあげられて いません。 NHKと朝日ぐらい。 身近の尖閣、うんと 身近の総裁選とか Hiroと上戸彩さん の結婚のほうが話題 なんでしょうね。 南...
  • [2012/09/17 15:02]
  • URL |
  • 自分なりの判断のご紹介 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。