http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 従米派があまりに惨めな自らの姿をカモフラージュするために、反中や嫌韓などをわめいている。
FC2ブログ

従米派があまりに惨めな自らの姿をカモフラージュするために、反中や嫌韓などをわめいている。 

「反戦な家づくり」9・11に思うに、戦後日本の政治思想の動きを概略的に分析しておられたが、「本当にそうだな~」と何度も思わせられた。
その中に、
従米派が偽右翼に流れているという現象がある。あまりに惨めな自らの姿をカモフラージュするために、反中や嫌韓などをわめいている。
という件があるが、石原慎太郎のシンパ達・所謂馬鹿ウヨたちの気持ちも、将にこういうものなのではないだろうか?

彼等は何時までも外国軍(米軍)に占領され続けている日本で愛国心を叫びたいが、
真直ぐに愛国心を叫ぶとなると、米軍に歯向かわねばならない。
しかし、世界一強い軍隊を敵に回す事は、彼等の性に合わない。
強いものの側に立って強がるのが、彼等の本性なのだから・・・・・

そういう愛国心を叫びたいがアメリカに立ち向かう勇気はない「ええかっこしい」で「へたれ」の馬鹿ウヨの心理を汲み取って、
アメリカのジャパンハンドラー達が、石原慎太郎に尖閣諸島で騒ぎ立てることを依頼したのだろう。
馬鹿ウヨたちは大喜びで、此れに飛びついてきた。
この騒ぎを大きくしたら、中国も黙っていられなくなるだろうから、
「上手くしたら日中間にドンパチを始めさせる事が出来るかもしれない。」とほくそ笑んでいるのは、
ジャパンハンドラーだけで、日本にとっては災難以外の何物でもないのに、
愛国心を売り物にしている馬鹿ウヨが、石原慎太郎の売国パホーマンスに全面協力している今の日本・・・・・

尖閣パホーマンスはアメリカが野田売国政権にさせた数々の悪事を隠す目的と共に、
「アメリカに立ち向かう度胸はないが、愛国心は叫びたい」という者達の虚栄心を擽って、中国と悶着を起こさせて
結果的に漁夫の利を得ようというアメリカ・ジャパンハンドラーの描いた、一挙両得のシナリオであろう。

今の日本の政界は売国に勤しむ者だらけの様である。
世界を席巻する金融資本に対抗しても、勝ち目はないのだからと、
彼等は最初から諦めて、売国に勤しんでいるのかもしれない。
売国で莫大な賄賂を得る事が出来たら、日本が滅んだ後も自分達だけは、何とか生き延びられるかもしれないと、
はかない望みを託して、売国政治家連は金融資本に恭順の意を表しているのかもしれない。
そんな売国政治家の隠れ蓑尖閣問題は、繰り返し繰り返しニュースで報道されている。
尖閣諸島の領有権にこだわっていたら、愛国心がある、と国民に錯覚してもらえるかも知れないと、
売国政治家やマスコミは自分達のやった悪事に震えながら、
国民の目が尖閣諸島にそらされる事を願って、洗脳に励んでいるのだろう。

先日来馬鹿ウヨ達は尖閣だけでなく、竹島問題にも飛びついたけれど、
今竹島問題は問題にして欲しくないアメリカの意向を汲んで、
マスコミは火消しに汲々としていた。
アメリカは日韓が手を組んで、中国に対抗して欲しいのに、
竹島問題などで日韓がもめたら、計画が台無しになってしまうという訳なのだろう。
最近公共電波では殆ど竹島の事が問題にされなくなっているようである。
この事実も、彼等領土問題を騒ぎ立てる輩が、本当の愛国心を持つものではない証左と言えよう。

本当の愛国心とは何かについては色々な考え方があるかもしれないが、
私は、私達国民は常に平和で共に豊かな生活が維持され、国民同士助け合っていたいと願う心ではないかと思っている。
日本国民統合の象徴として天皇を立てるのは、
国内が内輪もめで内乱になったりして、国民生活を脅かす事がないようにとの、配慮からであると思っている。
天皇は歴史的にそういう働きを何度も担ってきておられるから、
平和憲法を大事にされる今上天皇は尚更、日本国民統合の象徴として、有り難い存在であられると私は思っている。

Comments

「戦後史の正体」( 孫崎享)

「戦後史の正体」( 孫崎享)という本がベストセラーになったことからも、保守層も含めて米国従属を全く好ましいと考えている人は少ないと思います。 特に、安全保障面において、食料政策・エネルギー政策の自立路線を妨げている米国の圧力は問題です。

それでも、同盟国アメリカの在日米軍基地を、中国・北朝鮮、ロシア、(韓国?)に対抗する有効な手段として捉える見方は、かなりの共通認識として存在するのではないでしょうか。

伯爵様

コメント有難うございます。
「戦後史の正体」お読みになったのですね。
この種の本の中では大変なベストセラーになっているらしいですね。
私も読ませていただいた一人ですが・・・・・

この本の中で、岸さんや佐藤さんを自立派としておられる所には、ちょっと引っかかる所がない事もなかったのですが、でも外交文書を元に調べ上げて書かれたものだそうですから、細かい解釈に多少の相違はあるとしても、素晴らしいご本だと思いました。
重光さんや石橋さん等の骨のある政治家に続く人があったら、日本はこんなに永く占領され続ける事はなかったのでしょうにね。

尚、在日米軍の存在価値についての共通認識につきましては、おっしゃる通りでしょう。
国を挙げての洗脳効果と言うところでしょうが、私も長年そう思っていた「お人好し日本人」の一人だったのでした。

しかしアメリカは日本を守る為に日本に駐留しているのではないことは、最近あからさまになってきていますね。

日本に何かあっても、それに加勢するかどうかは本国の議会の承認を得ねば、米軍は何も出来ません。(米軍基地を襲われたら、反撃する事は出来るのかもしれませんが・・・・・)
それなのに集団的自衛権なんてのを結ばされたら、大変な事になるでしょう。
外国に攻めて込んでいる米軍が、その地の者に襲撃されたとしても、
日本はアメリカのように議会に計る事もなく、即時加勢させられる事になるのでしょう。
此れでは不平等も甚だしいと思います。

TPPに参加を強要されるのも、
集団的自衛権という名の下、アメリカの尖兵とさせられるのも、
原発にあれだけの過酷事故が起きても、脱原発を阻止されるのも、
米軍基地が日本に鎮座して、日本の政治を睥睨しているからなのでしょう。
米軍の要求に従わなかったのでしょう、大臣が屡不審死をしていますね。
これでは狼を恐れてライオンを家に入れているようなものではないでしょうか?

所詮軍事的に外国に守ってもらえると考える事が、大甘の考え方だとは思われませんか?
軍で守られるという事は、軍に自由を奪われると言うことと同意語となるのは、
武家政治の下、農民や町民が武士からどんな扱いを受けていたかを思い出したなら、大体想像がつくのではないでしょうか?

だからと言って私は軍国主義を思考すべきと思っているのではありません。
戦争などせずに解決出来る様に、日本は外交努力をするべきだと思うのです。

勿論、世界は日本のようなお人好し国家ばかりではない

在日米軍にしてもTPPにしても、主体は日本の問題なのだということです。 米国が「日本のために何かしてくれる」と考えるのなら、おっしゃる通り、それは大きな誤りです。 彼らはあくまで米国の利益のためだけに行動します。

それでも、在日米軍の存在によって、ある程度の抑止力が働いていることは否定できません。 それどころか、米軍を追い出して日本の自衛隊だけで防衛ということになれば、それこそ抑止力のために核兵器を持たなければならなくなります。

一般的に、「中韓との反目はアメリカを利するだけである」という見方は嘘だと思います。

http://d.hatena.ne.jp/mensch/20120903/p1

伯爵様

ご提示のページを見せていただきました。
安直過ぎるのは、このブログのブログ主さんではないかと思いました。

>「中韓との反目はアメリカを利するだけである」という見方は嘘だと思います。

そう思っている日本人が大勢居る限り、アメリカはやり易いでしょうね。


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1393-7cd20ccf

たった11年で忘れられた9・11事件

『何もない9・11報道の異常』 今日は、11年間も絶えること無く続く対テロ戦争の原因である9・11事件発生から11年目の記念日であるがマスコミは黙して一言も語らない。 新...
  • [2012/09/12 15:05]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

没落する欧米: 悲劇か喜劇か?

Paul Craig Roberts 2012年9月10日 ベトナム戦争中、スウェーデンは道徳心のある独立した国家で、徴兵を拒否するアメリカ人反戦活動家にとっての聖域を、スウェーデンは提供していた。ワシン...
  • [2012/09/12 21:23]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

日本一の無責任男たちが争う総裁選と維新の会

私はこの映画には少し遅れた年代なのです。 今朝、ラジオの文化放送を聞いていたら、ゲスト解説者のアーサー・ビナードが面白いことを言ってたね。 維新の会の話。 明治維新が素晴し...
  • [2012/09/13 19:14]
  • URL |
  • f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 |
  • TOP ▲