http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium オスプレイ反対沖縄県民大会に10万人
FC2ブログ

オスプレイ反対沖縄県民大会に10万人 

オスプレイ配備に反対、沖縄で県民大会

 アメリカ軍の新型輸送機、オスプレイの配備に反対する沖縄の県民大会が、普天間基地を抱える宜野湾市で始まりました。

 「県民大会が開催されている宜野湾海浜公園です。県民大会は午前11時から始まり、多くの県民で埋め尽くされた会場では、現在も共同代表による、あいさつが続いています」(記者)

 この大会は、来月にも予定されている普天間基地へのオスプレイの配備反対を訴えるもので、代理を含め、県内41、すべての市町村長が出席しています。

 この中で、市町村や経済界の代表らが、住宅地に囲まれている普天間基地に安全性が確保されていないオスプレイを配備することに対し、強く抗議しています。

 「未来の子どもたちのために、私たち県民のために、やっぱり危険なものは持ち込んで欲しくないと思います」(参加者)
 「本土の人は沖縄のことをどう思っているか分からないが、沖縄はこんなに反対しているという意思表示ですね」(参加者)
 「何もしないのは受け入れてもいいと言っているような感じがして、それは嫌だったので、何かしたいという気持ちで参加しました」(参加者)

 大会は、日米両政府に「レッドカード」を突きつけるという意味で、「赤」がシンボルカラーとなっていて、会場は「NOオスプレイ」と書かれたプラカードや横断幕のほか、参加者が身につけた「赤」で埋め尽くされています。

 大会では、このあと、オスプレイ配備計画の撤回を求める決議を採択する予定で、実行委員会では12日に上京し、日米両政府に直接、要請することにしています。(09日11:30)


オスプレイ配備反対県民大会が沖縄県宜野湾市で始まった。

朝日放送でもこの大会の模様を報道していたが、参加者の人数を聞き漏らしたので、ネットで調べてみたら、

オスプレイ配備反対県民大会に10万人 2012/9/9 12:09
オスプレイ配備反対の沖縄県民大会の実行委員会は、正午前の時点の参加者を10万1千人と発表。


の記事があった。
正午時点で10万1千人と言うことだから、これからもっと増えるのかもしれない。
こんなに大勢の人がオスプレイ反対集会に足を運んだのは
アメリカ兵の間で「未亡人製造機」と綽名されるくらいに事故が多かったオスプレイを、
只でさえ危険とされている普天間基地に導入しようと言うのだから、
沖縄県民の危機感は頂点に達したからではないだろうか?

朝日放送のオスプレイ反対集会中継時、森本防衛省が質問に答えて、
「安全性について確認して、丁寧にご説明していきたい」とか何とか言って誤魔化していた。
森本防衛相にオスプレイを断る選択肢は、全然ない模様であった。

原発の時もそうであったが、
原発が何処から見ても安全と確認する事は不可能な代物だから、
「危険だから止めてくれ」と、国民が必死で訴えているのに、
野田政権の面々は、
「安全性を確認して、丁寧にご説明申し上げます」の一点張りで、
「そんなに言われるのなら、止められるかどうか模索してみます。」という返事さえ皆無であった。

どんなに国民の生命財産が危険にさらされようと、
「止める訳にはいかないから、止める訳にはいかない。」と、
選択肢は政府方針のみ、国民の意思は無視するで統一されていた。
国民の意見絶対無視を「丁寧にご説明して・・・・・」と、妙な言い回しで、
国民の気持ちを考えている振りをしているだけである。
相手の意見を聞いて考えを変える気は全然ない。
自分の意見を容認するよう説得すると言うだけなのである。
(説得出来なかったら強行するしかないというのが、野田政権の面々の考えのようである。)

こうやって国民の意見を踏みにじる野田政権が、
近日中に行われる代表選挙で、再び民主党の代表に選ばれ総理大臣を続けようとしていると言う。
再び野田を総理に選ぶとしたら、民主党議員も野田総理と同じ、国民無視の政治家であると言う事になる。

あれだけ国民の為に働くと嬉しいことを言ってくれていたのに、
その約束を総て反故にして国民を奈落に落とそうとしている野田総理を見続けてきても、
平気で野田総理を支え続ける民主党議員達を見せ続けられていると、
政治家不信というだけでなく、人間不信に陥ってしまいそうになる。

「次の選挙で今の野田総理とは違う立派な政治をします。」と約束して(選挙に)出ていても、
その政治家が約束を守るとは限らないと思うと、誰を選ぶ事も出来はしない。

民主党の国会議員達は、少なくとも自分は「野田総理の約束違反に平気でいられないで居る」と言う表明だけでも、党首選の投票行動で示してほしいものである。
野田総理を再選し党内に残った時点で、その代議士の価値は嘘吐き(又は嘘吐きの仲間)と決まってしまうだろう。

野田総理のやった事、やろうとしている事、
*原発再稼動
*消費税増税
*ACTA批准
*TPP参加
*オスプレイ日本国内での訓練飛行容認

どれも此れも、国民生活を脅かすものばかりである。
こんなものを国民の意思を無視したり、こっそりと隠れてしたりで、強行し続けている野田政権を、
民主党員が再び党首に選んだ時点で、民主党は反国民売国政党2号と名づけられるだろう。
(反国民売国政党1号は自民党、3号は維新の会?)

民主党議員諸氏の覚醒を期待する。
議員諸氏には、国会議員である前に日本国民であるということを、思い出してほしいものである。
日本国民の不幸を容認していたら、やがて不幸はあなた方やその子孫にも、同様に及ぶのだという事を!


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/1390-5d13e6ff

平和ボケは素晴らしい?   (再掲)

平和ボケって、よくないのでしょうか? 少なくとも絶えず隣国やその他の国々に対して 恐怖して緊張しているよりはましだと思うのです。 警戒心をいつも強めている国って、どうして...